チューリップからオールウェイズへ・・・そして活動休止中の現在「再び」は来るのか!?THE  ALWAYS
2017年2月2日 更新

チューリップからオールウェイズへ・・・そして活動休止中の現在「再び」は来るのか!?THE ALWAYS

1985年にチューリップを脱退したメンバーで結成されたバンド「オールウェイズ」についてのページです。メンバーの姫野達也、伊藤薫、風祭東、上田雅利そして故・安部利幸らのヒストリーをここでひっそりと辿ってみようと思います。

17,953 view

「チューリップ」

先ず、「オールウェイズ」を語る前に「チューリップ」について軽く説明しましょう!

昭和世代の人たちは知らない者はいないだろう、ニューミュージック界の旗手として先導した福岡出身の「チューリップ」。
福岡県の博多といえば海援隊、かぐや姫、甲斐バンドなどのビッグなアーティストたちが数多く誕生した地でもあることから、海外紙では『日本のリバプール』などと評価されています。チューリップはそんな彼らと肩を並べて後々まで数多くの名曲を残し、貢献してきたビッグなアーティストといえます。
チューリップ

チューリップ

チューリップ メンバー編成

当時ビートルズに影響を受けた財津和夫氏がアマチュア時代にビートルズと同じスタイルでバンドを形成。
ほとんどの楽曲を財津が担当していますが、基本メンバー全員が作詞、作曲、ボーカルを手がけている実力派の集まりでもあります!
メンバーチェンジも今日に至るまで何度かされていますが、ウィキペディアによると、メンバーの編成が次のようになっています。
アマチュア期 (1970-1971)
財津和夫、吉田彰、宗田慎二、末広信幸
第一期 (1972-1979)
財津和夫、吉田彰、安部俊幸、上田雅利、姫野達也
第二期 (1980-1985)
財津和夫、安部俊幸、姫野達也、宮城伸一郎、伊藤薫
第三期 (1986-1989)
財津和夫、宮城伸一郎、丹野義昭、松本淳(1987年7月脱退)、高橋裕幸(1987年4月加入)、鈴川真樹(サポートメンバー)、松本光雄(サポートメンバー)、菊地圭介(サポートメンバー)、北原拓(サポートメンバー)、小林涼(サポートメンバー)、上野義雄(サポートメンバー)
1989年解散ツアー時メンバー
財津和夫、宮城伸一郎、丹野義昭、高橋裕幸、安部俊幸(ゲスト)、姫野達也(ゲスト)、大久保敦夫(サポートメンバー)
再結成(1997-2008,2012-2013)メンバー
財津和夫、安部俊幸、上田雅利、姫野達也、宮城伸一郎
その第二期~第三期に脱退した安部さんや、姫野さんたちが「オールウェイズ」を結成していたんですね。
MC ソッチーのブログ (1619938)

チューリップが分裂して結成された「オールウェイズ」

1986年10月21日、キングレコードよりシングル「好きさ」、アルバム「ALWAYS BE TRUE」でデビュー。
THE  ALWAYS

THE ALWAYS

1980年、上田、吉田が相次いで脱退。新たに宮城伸一郎 (b)、伊藤薫 (ds) を迎え、チューリップ第2期に入るが、さらに1985年、姫野、安部、伊藤が「涙のパーティ」のリリースを最後に脱退しオールウェイズを結成、オリジナルメンバーは財津を残すだけとなった。
ニューミュージックの旗手として、時代の先駆けとなったチューリップですが、長きに渡る音楽活動を支えてきたのが財津和夫でした。しかし、バンドリーダーとしての自負と強烈な個性ゆえ、他メンバーとの軋轢が生じ、メンバーの脱退が繰り返されました。チューリップを脱退したメンバーたちは、それぞれソロ活動やバンド活動を開始しますが、決してチューリップを忘れていたわけではありませんでした。
ウィキペディアには、財津さんのアマチュア時代のエピソードのひとつに、「うまいプレイヤーを自分のバンドへ引き入れるバンドつぶしの財津」と記載されています。いわゆるヘッドハンティングを衝動的にされていたようで、つまりはこと音楽に対する情熱とプロ意識の強さゆえに暴走してしまうところからメンバーとの温度差が生じていたことがうかがえます。

1985年に安部さん、姫野さん、伊藤さんの脱退によりチューリップのオリジナルメンバーが分裂し、財津さんのみとなってしまったのに、さらにその脱退メンバーでの「オールウェイズ結成に及んだ決定的な理由は!?
これがなかなかハッキリとした裏付けになるようなネタが見つからなかったというのが正直なところです。

でも・・・ね、ほら、アレですよ。分裂というくらいだから、あれだけメンバー脱退チェンジを繰り返してきてるのだからメンバーの間で何かがあったくらいは大体察しがつきますよね。
ファンの皆さんもなんとなく暗黙の了解のようです。

追求してみてもそれはやはり当人たちの問題でありまして、それこそ彼らはアマチュアの時から互いの家に寝泊まりしていた仲良しなのだから、長年音楽を一緒にやって行くうちに音楽性のズレなど生じてもそれはやはりお互いにミュージシャンとして認めざるを得ない・・・オールウェイズのメンバー編成はちょうどその時の音楽の方向性がシンクロした者同士の仲間だと筆者は解釈します。

財津和夫

財津 和夫(ざいつ かずお、1948年2月19日 ~ ...

財津 和夫(ざいつ かずお、1948年2月19日 ~ ) ボーカル・ギター・キーボード

福岡県福岡市出身。
5人兄弟の末っ子として生まれる。
高校時代にビートルズに憧れ、ギターを独学で学び、大学時代に同級生の吉田彰とともに1969年、「フォーシンガーズ」を結成。
1971年バンド名を「チューリップ」と改名。
名だたるミュージシャンを世に出したあの伝説の音楽喫茶「照和」を拠点に活動、徐々にその才能を展開していった。
メジャーデビューを目指す彼は、当時ビートルズのレコードを手がけた東芝音楽工業(現EMIミュージック・ジャパン)ディレクターの新田和長を頼ってに自らデモテープを持ち込んで売り込み、1972年、東芝音工よりシングル『魔法の黄色い靴』でレコードデビューを果たす。
チューリップの活動と並行し、1978年にソロデビューを果たしている。
ソロ音楽活動と同時に、作曲家として木之内みどり、同郷である松田聖子と藤井フミヤ、沢田知可子など多くのアーティストに楽曲を提供し、多技にわたって活躍している。

「オールウェイズ」 メンバー紹介

彼らのプロフィールと現在を略歴でご紹介します。
1989年、伊藤薫氏の脱退後、チューリップ初代ドラマーである上田雅利氏の加入を機に、バンド名を「THE ALWAYS」に変更しています。
54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

チューリップ(バンド)1970年代~現在のタイムトンネル

チューリップ(バンド)1970年代~現在のタイムトンネル

1970年代に活躍したフォークグループ・チューリップのメンバーや曲の動画。歌詞を見ながら青春の日々を思い出したい。また、チューリップ が45周年を記念してライブツアーを開催している。
ニューミュージックの先駆者『財津和夫』。多才なアーティストはチューリップで開花した。

ニューミュージックの先駆者『財津和夫』。多才なアーティストはチューリップで開花した。

財津和夫の音楽の原点は、九州でのバンド活動。そして、ニューミュージシャンとして、アーティストとしてのメジャーの原点は「チューリップ」。多数の歌手に楽曲を提供しつつ、自身もソロとして活躍してきました。
ナベゲン | 3,444 view
数々の名曲を残したバンド『チューリップ』

数々の名曲を残したバンド『チューリップ』

1度聴いたらまた聴きたくなるバンドです。日本のビートルズ的なバンドです。
星ゾラ | 6,568 view
お騒がせ『演歌の女王』の桂銀淑(ケイ ウンスク)今度は懲役4カ月・執行猶予1年!!

お騒がせ『演歌の女王』の桂銀淑(ケイ ウンスク)今度は懲役4カ月・執行猶予1年!!

80年代半ば日本でもヒット曲を連発し、数々の音楽賞を受賞した『演歌の女王』の桂銀淑さん借金トラブルによる裁判や覚せい剤所持で逮捕・国外退去処分などお騒がせがありました。最近また懲役刑となったとか・・・
ギャング | 7,329 view
1985年に解散した!!日本のバンド・グループ・ユニットまとめ!!

1985年に解散した!!日本のバンド・グループ・ユニットまとめ!!

1985年に解散した日本の芸能グループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは最終的に解散した年を記しています。
ギャング | 4,073 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト