【元祖のだめ?】赤い激流【右京さんの若気の至り?】
2020年2月28日 更新

【元祖のだめ?】赤い激流【右京さんの若気の至り?】

右京さんこと、水谷豊が若き日に出演したドラマ。右京さんとは真逆の「教養のないチンピラ」といった役を演じている。だが、このチンピラはピアノの天才なのであった。

20 view

赤いシリーズ最高視聴率37.2%、金9枠としても史上最高

大映テレビ制作のサスペンスドラマ“赤いシリーズ”第5弾。「赤い激流」は“父と息子の愛”、“師弟愛”を軸に、これまでのシリーズにはない展開を見せる。今作は、平均視聴率25.5%という高視聴率を記録した人気作品で、物語は音楽大学のピアノ科助教授の宇津井健と、街のスナックでピアノを弾く貧しい青年の水谷豊が、親子としてまた師弟として激しく争いながらもやがて和解し、音楽の本質を追求していく。

ストーリィーをざっと説明しよう

百恵ちゃんもちょっとだけ

百恵ちゃんもちょっとだけ

実の父

実の父

理解しがたい

理解しがたい

「Rの女」を探せ!!

事件の鍵を握る「Rの女」の似顔絵

事件の鍵を握る「Rの女」の似顔絵

操作によって日本味輸入のブランドの服を着ていたことが判明。
フランスのニットブランド、ソリア・リキエルですね。
日本で流行ったのはドラマよりかなり後のことでしょうか?
答えはこの人

答えはこの人

似顔絵ひどすぎ!!

水谷豊、今昔

「英雄ポロネーズ」再び

「英雄ポロネーズ」再び

『赤い激流』でピアニスト役を演じるためにピアノを購入し、全くの素人から4日目にはエリーゼのためにを全曲弾けるようになってピアノの先生を驚かした事を自慢としている水谷豊だが『赤い激流』で弾いた「英雄ポロネーズ」を『相棒』シーズン3第15話の「殺しのピアノ」で再び弾く事となった。
出典 エルペディア
昔はこんな感じ

昔はこんな感じ

パンチパーマがいかにもチンピラっぽかった。

作中で弾いた曲は下記の通り
・英雄ポロネーズ
・ラ・カンパネラ
・ピアノソナタ第17番(テンペスト)
12 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

国際結婚した日本人俳優・女優をまとめてみた

国際結婚した日本人俳優・女優をまとめてみた

愛さえあれば、国籍なんて関係ない…。そう言わんばかりに、外国人との結婚を果たしてきた日本人のスターたちは数多く存在します。今も仲睦まじい人もいれば、既に離婚してしまった人もいますが、ここでは、そんな国際結婚をした日本人の俳優・女優たちを紹介していきます。
こじへい | 8,016 view
【怪作?】赤い激突【踊って踊って踊りまくる!】

【怪作?】赤い激突【踊って踊って踊りまくる!】

宇津井健主演のドラマのなかでも特に話題の異色作。 正義と熱血が似合う男、宇津井健が病院の廊下で13時間踊まくり!
shizuku | 7,387 view
『緒形直人』が病気?干された?「山崎邦正」化して来た?真相を追ってみた!!

『緒形直人』が病気?干された?「山崎邦正」化して来た?真相を追ってみた!!

1990年代はテレビにもよく出演されていたのですが、ここ最近テレビで見かけることが少なくなりました。ネットでは認知症や干された?山崎邦正化して来たなど情報があります。その辺の真相を追ってみました。
ギャング | 6,231 view
【訃報】女優の原知佐子さん死去。ウルトラマンや赤いシリーズなどに出演

【訃報】女優の原知佐子さん死去。ウルトラマンや赤いシリーズなどに出演

女優の原知佐子(本名は実相寺知佐子)さんが19日、上顎肉腫のため亡くなりました。84歳。
昭和の歌姫「山口百恵」の影武者が存在していた!その女性達とは?!

昭和の歌姫「山口百恵」の影武者が存在していた!その女性達とは?!

1970年代後半、映画やドラマ・CM・メディア・雑誌の撮影など超多忙だった山口百恵さんには何人かの影武者が存在していました。そんな影武者を演じた方々を追ってみました。
ギャング | 6,408 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト