【松田聖子】B面なのにA面より名曲!? 独断と偏見のカップリング名曲7選
2023年9月25日 更新

【松田聖子】B面なのにA面より名曲!? 独断と偏見のカップリング名曲7選

シングルのB面というと、A面のおまけのような扱いをされがちですが、彼女のB面曲は違います。その人気ぶりは、B面だけのベストアルバムができるほどで、中には、ファンならずとも知る超有名曲まであります。今回は、筆者の独断と偏見で、松田聖子のB面曲7選をご紹介します。

935 view

制服

リリース:1982年1月21日
作詞:松本隆
作曲:呉田軽穂
編曲:松任谷正隆
(A面:『赤いスイートピー』)


『制服』は、松田聖子の8枚目のシングル『赤いスイートピー』のB面曲です。本シングルは、松任谷由実が初めて松田聖子に提供した作品で、呉田軽穂のペンネームを使うことを条件に、楽曲提供を引き受けたといいます。A・B面ともに、作詞・作曲・編曲は、松本隆&呉田軽穂&松任谷正隆のトリオが手がけました。

両曲とも人気の高い曲で、特に『制服』卒業ソングとして親しまれました。余談ですが、女優の芦田愛菜ちゃんのお母さんが『制服』が好きということで、テレビ朝日『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』の中で、愛菜ちゃんが曲の一部を口ずさんだことがあります。

制服

制服 ‐ Seiko Matsuda

レモネードの夏

リリース:1982年4月21日
作詞:松本隆
作曲:呉田軽穂
編曲:新川博
(A面:『渚のバルコニー』)


『レモネードの夏』は、松田聖子の9枚目のシングル『渚のバルコニー』のB面曲で、前作に続いて、作詞・作曲は松本隆&呉田軽穂が手がけました。以後は、このコンビが多くのシングルを手がけるようになります。A面の『渚のバルコニー』同様、これから初夏を迎える季節にぴったりの曲です。

2006年夏のライブ『SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2006 bless you』では、久しぶりに『レモネードの夏』が歌われました。

レモネードの夏

松田聖子 /  レモネードの夏

マドラス・チェックの恋人

リリース:1982年7月21日
作詞:松本隆
作曲:呉田軽穂
編曲:松任谷正隆
(A面:『小麦色のマーメイド』)


『マドラス・チェックの恋人』は、松田聖子の10枚目のシングル『小麦色のマーメイド』のB面曲で、松本隆&呉田軽穂のコンビ3作目のシングルです。マリーナに赴き、別れたばかりの恋人のことを思い出す、夏の終わりにぴったりの曲です。

2007年のカウントダウンライブ『SEIKO MATSUDA COUNT DOWN LIVE PARTY 2007-2008』では、『小麦色のマーメイド』ではなく、『マドラス・チェックの恋人』の方が歌われました。

マドラス・チェックの恋人

松田聖子 - マドラス・チェックの恋人 (歌詞つき)

SWEET MEMORIES

リリース:1983年8月1日
作詞:松本隆
作曲:大村雅朗
編曲:大村雅朗
(A面:『ガラスの林檎』)


『SWEET MEMORIES』は、松田聖子の14枚目のシングル『ガラスの林檎』のB面曲で、のちに両A面曲となった楽曲です。元々はB面曲でしたが、サントリー「CANビール」のCMソングとして人気になり、急遽、両A面として再発売されました。

CMはペンギンが主人公のアニメで、ジャズバーで女性歌手が本曲を歌い、客が感激して涙を浮かべるという内容です。CM放映当初は、歌手のクレジットがなく、松田聖子が歌っていると気づかなかった人が多くいました。『ガラスの林檎』、『SWEET MEMORIES』は同じシングルですが、「ザ・ベストテン」、「ザ・トップテン」では、別の曲としてチャートインを記録しています。

SWEET MEMORIES

松田聖子 / SWEET MEMORIES

SWEET MEMORIES

SWEET MEMORIES〜甘い記憶~ Music Video(YouTube Edit)

サントリー「CANビール」CM

サントリー ビール CM 松田聖子 - Sweet Memories カサブランカ&ボクシング編

蒼いフォトグラフ

リリース:1983年10月28日
作詞:松本隆
作曲:呉田軽穂
編曲:松任谷正隆
(A面:『瞳はダイアモンド』)


『蒼いフォトグラフ』は、松田聖子の15枚目のシングル『瞳はダイアモンド』のB面曲で、再プレス盤より両A面曲となった楽曲です。ファンの間で非常に人気の高い曲で、著名人で「この曲が一番好き!」と公言している人もいます。筆者にとっても、松田聖子の楽曲で最も好きな曲です。

TBS系ドラマ『青が散る』の主題歌としてもおなじみの曲で、ドラマには、石黒賢、二谷友里恵、佐藤浩市、遠藤憲一、川上麻衣子らが出演していました。石黒賢、二谷友里恵にとってはデビュー作です。当時視聴率は不調だったものの、今も再放送を熱望し、主題歌を愛するファンが多くいます。

蒼いフォトグラフ

蒼いフォトグラフ ‐ Seiko Matsuda

ボン・ボヤージュ

リリース:1984年2月1日
作詞:松本隆
作曲:呉田軽穂
編曲:松任谷正隆
(A面:『Rock'n Rouge』)


『ボン・ボヤージュ』は、松田聖子の16枚目のシングル『Rock'n Rouge』のB面曲です。『Rock'n Rouge』は化粧品のCMソングで、スポンサーの関係から『夜のヒットスタジオ』ではしばらく歌えず、代わりに『ボン・ボヤージュ』が歌われました。"ボン・ボヤージュ" とは、"良い旅を" という意味で、歌詞では汽車で旅する様子が描かれています。

ボン・ボヤージュ

松田聖子 ボン・ボヤージュ
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【ユーミン】ジュリーも!?トシちゃんも!?ユーミンが楽曲提供してヒットした歌手7選

【ユーミン】ジュリーも!?トシちゃんも!?ユーミンが楽曲提供してヒットした歌手7選

ユーミンは、20歳過ぎの頃から楽曲提供を行っており、結婚前の荒井由実、結婚後の松任谷由実、ペンネームの呉田軽穂と、クレジット名も多岐に渡ります。役割も様々で、作詞のみ、作曲のみ、作詞作曲両方、日本語詞など。歌い手も男性、女性、アイドル、フォークシンガーと守備範囲の広さが窺えます。今回はその中から、昭和にヒットした歌手7選をご紹介します。
izaiza347 | 1,288 view
【細野晴臣】松田聖子だけじゃない!スターボーも!?楽曲提供で話題になった歌謡曲7選

【細野晴臣】松田聖子だけじゃない!スターボーも!?楽曲提供で話題になった歌謡曲7選

細野晴臣は、YMOとしての活動はもちろんのこと、他のアーティストやアイドルへの楽曲提供でも有名です。特に、はっぴいえんど時代の盟友・松本隆とのコンビは、数々の人気曲を生み出しました。今回は、ヒット曲に限らず、これまで細野の楽曲提供で話題になった7曲をご紹介します。
izaiza347 | 838 view
【歌謡曲】春の訪れとともに聴きたい!題名に "春" のつく歌謡曲7選

【歌謡曲】春の訪れとともに聴きたい!題名に "春" のつく歌謡曲7選

冬が明けると、毎年のように別れと出会いの季節がやってきます。そんな心が揺れ動く季節に恋しくなるのが「春」を歌った曲。今回は、1970〜1990年代のヒット曲にフォーカスし、春の季節や風物詩を歌った楽曲の中から、題名に "春" のつく人気歌謡曲を7曲ご紹介します。
izaiza347 | 479 view
【80年代アイドル】大ヒットじゃないけど名曲!女性アイドルのデビュー曲7選

【80年代アイドル】大ヒットじゃないけど名曲!女性アイドルのデビュー曲7選

「トップアイドル」と呼ばれた女性歌手でも、意外にデビュー曲はあまりヒットしなかった、というケースがよくあります。しかし、今聴けば名曲揃いで、当時の映像を見ると、きっと初々しさの中にもトップアイドルの片鱗を覗かせていることでしょう。今回は、誰もが知る女性アイドルの "大ヒットじゃない" デビュー曲7選をご紹介します。
izaiza347 | 1,110 view
『タレントパワーランキング』が昭和に活躍した歌手のランキングを発表!1位は桑田佳祐!2位は松任谷由実!!

『タレントパワーランキング』が昭和に活躍した歌手のランキングを発表!1位は桑田佳祐!2位は松任谷由実!!

タレントパワーランキングが発表されました。同調査は株式会社アーキテクトが実施する、業界最大規模のタレント(芸能人等有名人)調査結果。それをもとに、各タレントの有するパワーをお届けします!!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト