「瀬古利彦VS宗兄弟」発売!!宗兄弟を擁する絶対王者・旭化成に瀬古利彦率いるエスビー食品が挑む!
2021年12月26日 更新

「瀬古利彦VS宗兄弟」発売!!宗兄弟を擁する絶対王者・旭化成に瀬古利彦率いるエスビー食品が挑む!

駅伝日本一を決める全日本実業団対抗駅伝競走は「ニューイヤー駅伝」。「瀬古利彦VS宗兄弟」の名勝負も生まれた昭和を代表する名シーンから平成のレースまでをまとめた一冊が発売されます。

161 view

スポニチアーカイブス1月号「瀬古利彦VS宗兄弟」1月1日発売

駅伝日本一を決める全日本実業団対抗駅伝競走は「ニューイヤー駅伝」の愛称で親しまれ、元日の風物詩として根強い人気を誇っている。1957年(昭32)の第1回大会から66回を数える歴史の中で、最多優勝は名門・旭化成の25回。双子の宗茂、猛兄弟を擁して6連覇中だった絶対王者に、瀬古利彦率いるエスビー食品が初めて挑んだ84年の第29回大会は今でも語り草となっている。昭和を代表する両雄の激突から平成の名勝負まで、チームの名誉と誇りを懸けた男たちの熱い戦いを振り返ります。
スポニチアーカイブス1月号「瀬古利彦VS宗兄弟」

スポニチアーカイブス1月号「瀬古利彦VS宗兄弟」

発売概要

定価210円(税込) タブロイド判24ページ
お買い上げご希望の場合は以下の方法でお願いいたします。
①郵便振替、切手
②お近くの毎日新聞販売店にお問い合わせ

良きライバルだった瀬古利彦と宗兄弟

2021年12月に第75回大会をもって終了した福岡国際マラソン。1979年の第33回大会は翌年のモスクワ五輪の選考会を兼ねたレースとなり、瀬古利彦と宗兄弟による名シーンが生まれました。競技場トラックまで瀬古利彦と宗兄弟によるデッドヒートが続き、残り200mで瀬古がスパートをかけ、優勝しています。日本の長距離走の歴史のなかでも、上記ニューイヤー駅伝同様に深く印象に残る名シーンとなっています。

瀬古利彦 プロフィール

1956年生まれの三重県出身。早稲田大学在学中に出場した箱根駅伝では、4年連続で「花の2区」を激走しスーパーエースとして活躍。トラック競技でも世界記録を樹立するなど、世界的な選手として成長します。また、マラソンでも無類の強さを誇り、国内外の戦績15戦10勝を挙げています。

モスクワ(1980年)、ロサンゼルス(1984年)、ソウル(1988年)と3度、オリンピック日本代表に選出されています。
書籍「永遠のランナー 瀬古利彦」

書籍「永遠のランナー 瀬古利彦」

宗兄弟 プロフィール

1953年生まれの大分県出身。双子(茂が兄、猛が弟)。1971年に旭化成陸上部に入部。初マラソンとなる1973年の延岡西日本マラソンでは茂が優勝、猛が2位となり、一躍注目を浴びます。二人揃って1、2位となるレースは現役時代に4回もあるなど、双子の印象が強く残ります。

モントリオール(1976年)、モスクワ(1980年)、ロサンゼルス(1984年)と3度、オリンピック日本代表に選出されています。
書籍「振り向いたら負けや―茂と猛のマラソントーク」

書籍「振り向いたら負けや―茂と猛のマラソントーク」

「瀬古利彦」「宗兄弟」に関連したオススメ記事

16 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

しくじり先生に出演した瀬古利彦氏「全裸の女性に見とれて」大ケガを初告白!ロス五輪の金メダルが儚く散った!

しくじり先生に出演した瀬古利彦氏「全裸の女性に見とれて」大ケガを初告白!ロス五輪の金メダルが儚く散った!

男子マラソンの元五輪代表で、日本陸連の長距離・マラソン強化戦略プロジェクトのリーダーを務める瀬古利彦氏が、今週放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間SP」に出演し、1984年のロサンゼルス五輪でのしくじりを初告白した。
双子のマラソンランナー宗兄弟

双子のマラソンランナー宗兄弟

昭和の時代のマラソン中継、旭化成の文字を胸に、並んで走る宗兄弟。双子マラソンランナーの見分け方は、首が右に傾いてるのが兄茂で、左に傾いてるのが弟猛です。双子のマラソンランナー宗兄弟のまとめです。
【男子マラソン・瀬古利彦】宗茂・宗猛兄弟、伊藤国光、中山竹通、新宅雅也らとともに日本長距離界をリードした日本のトップランナー。

【男子マラソン・瀬古利彦】宗茂・宗猛兄弟、伊藤国光、中山竹通、新宅雅也らとともに日本長距離界をリードした日本のトップランナー。

1980年代の男子マラソンといえばこの人「瀬古利彦」の名前がもっとも知名度が高かったのではないでしょうか。惜しくも14位に終わったロサンゼルスオリンピックが印象に残りますが、終盤の圧倒的なスパート力が魅力の、男子マラソンで一時代を築いた名選手でした。
青春の握り拳 | 7,326 view
日本マラソン界の伝説、瀬古利彦の爆発的なラストスパートを動画で振り返る

日本マラソン界の伝説、瀬古利彦の爆発的なラストスパートを動画で振り返る

圧倒的なラストスパートで世界の強豪ランナーを抜き去り、日本マラソンを牽引した瀬古利彦の現役時代の映像を動画で確認。
きちんとチキン | 17,319 view
ノーベル賞で脚光を浴びた旭化成、昔から馴染みのある企業です。

ノーベル賞で脚光を浴びた旭化成、昔から馴染みのある企業です。

昨年、吉野彰さんがノーベル化学賞を受賞したことで脚光を浴びた旭化成。何をやっている会社か分からなくても名前を知っている人がほとんどではないでしょうか。そんな旭化成と私たちの生活の接点について。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト