永山則夫連続射殺事件がきっかけの「永山基準」と「少年犯罪」に与えた影響の大きさとは?
2021年11月20日 更新

永山則夫連続射殺事件がきっかけの「永山基準」と「少年犯罪」に与えた影響の大きさとは?

1968年に起こった永山則夫連続射殺事件がきっかけでできた「永山基準」があります。刑事裁判で”死刑”を選択する時の判断基準と言われています。その後の未成年の犯罪に対してもこの基準が大きく影響することになりました。そしてここでは永山則夫が死刑執行された際の真相にも触れていきます。

399 view

永山則夫連続射殺事件とは

1968年(昭和43年)10月 -~11月に当時19歳の永山則夫により事件は起こりました。

1968年10月8日、永山則夫が在日アメリカの横須賀基地に盗みに入り、基地から拳銃と実弾を盗み出したことから始まります。

拳銃を盗み出した目的があったわけではなかった様ですが、その後、東京プリンスホテルの庭園にいたところ、警備員に声をかけられ警察官と勘違いし射殺。
その後、後悔の念を持ち自殺を思うも死ぬ前に行きたかった京都に行った先の八坂神社境内で声をかけてきた警備員をまた射殺してしまいます。

その後、逃亡し国内を転々とし、函館・名古屋で殺人を繰り返していったという事件です。
コミュニケーション能力がまったく無く常識もモラルも感じられませんでした。
親子3代にわたり「刑務所の刑務官」を務めた坂本敏夫氏が収監されていた永山則夫と接触した時の最初の印象をこう話しています。
そんな19歳の永山則夫が起こした連続射殺事件の陰には、幼少期に遭った親の育児放棄により想像を絶する育った環境の劣悪さや差別やイジメがあったことなども大きく注目されました。

のちに獄中で猛勉強した永山則夫自身は自分がいかに無知で浅はかだったか悟るも死刑囚として執行までの間、獄中で過ごしていく事になります。

永山基準とは

『死刑を選択する判断の基準』となっているのがこの「永山基準」と呼ばれているものです。


「永山基準」の9つの項目。

1.罪質
2.動機
3.殺害方法(執拗性、残虐性)
4.被害者の数
5.遺族の感情
6.社会に与えた影響
7.犯人の年齢
8.前科
9.犯行後の情状


特に被害者の数に関しては、被害者2人というのが無期懲役か死刑のボーダーラインとなっています。言い方を変えれば、分かれ目です。
被害者1人なら無期懲役以下の刑、3人以上なら死刑という一般的な基準が出てきます。

永山基準が出来た経緯と死刑制度の関係

永山裁判の流れはこちら

・1979年一審で死刑判決
・1981年の控訴審(二審)で減刑され無期懲役判決
・1983年三審で最高裁は二審判決を破棄し、東京高裁への差し戻しを命じます。
  そして再び死刑判決が出されます。

永山裁判ではその後のすべての裁判において死刑制度の存続か、廃止に向けての弾みになるのかという観点でも注目されました。

永山基準とは(1審の死刑判決が破棄され、2審に減刑して無期懲役判決が出ている)控訴審がそのまま活かされて、標準になっていけば、死刑が無くなってしまうというところから出された基準ですよ。最初に死刑ありきと言ってもいい
結果的に死刑→無期懲役→死刑の判決になったことで「永山裁判」で「永山基準」が出来、それが「死刑制度」の存続=死刑判決の目安が出来たということです。

「死刑確定でも永山は殺されない」はずだった!?

永山則夫に接見したことのある刑務所の刑務官を務めた坂本敏夫氏曰く『刑務官たちも「死刑確定はしても永山は殺されない」と考えていたと言っています。

死刑執行の命令は法務省から出されますが、死刑囚の中にはその命令が出されずにある者の中には長きにわたって刑務所の中で獄死を待っている様な状態の死刑囚も何人か確かにいるとのことです。
それは世間に大きな影響を与えた事件を起こした死刑囚ほどその傾向にあるとも言われている様で永山則夫もその中の一人と考えられていたようです。

特に永山則夫は獄中では懸命に勉強し、執筆活動に精を出し本も出しています。その印税を被害者遺族に送ったり、自分の生まれた環境が超貧乏だったということから貧困のために教育を受けられずに働かされているペルーの子供のための基金に使うなどしていました。

こうした永山則夫だったので海外でも永山則夫の存在は知られるところになるなど、死刑囚としては変な言い方ですが超有名人で超大物と言う印象です。

ただ検察側ではその逆でその様な有名な死刑囚に対して死刑執行することはこのようなこともあるようです。
有名な死刑囚ほど、死刑の執行は難しいのです。特に永山はその筆頭でした。しかし、検察にとってはその困難な死刑を執行することこそが、大きな存在アピールに繋がる。
その”大きなアピール”に繋がる日本を震撼させる事件がその後、起こることになります。

1997年 神戸連続児童殺傷事件と永山死刑執行の関係

1997年2月、日本中を震撼させた殺人事件が起こりました。

「神戸連続児童殺傷事件」通称「酒鬼薔薇事件」と呼ばれている14歳の中学生による残忍な事件です。

殺害した遺体の首を切断し、犯人の少年が通う中学校の正門に置くという異常さでニュースが報じられると震えあがるほどの衝撃を受けました。
この14歳の少年が起こした「酒鬼薔薇事件」が永山則夫死刑囚の運命が大きく変わることになります。
酒鬼薔薇事件は世論も含めて『少年も極刑にするぞ』という千載一遇のチャンスだったわけです。
元刑務官の坂本敏夫氏は法務省から神戸事件に対する『少年でも凶悪な殺人事件を起こしたらこうなるぞ!』というメッセージだ。と語っています。

未成年の少年が起こした事件をきっかけに永山則夫も事件を起こした当時未成年者だったことから、検察側にとって執行のいいタイミングになってしまったのではないでしょうか。

いつか死刑執行されるとしても順番的には永山則夫よりも前に死刑が確定していた受刑者が10人以上いたと言われています。

その死刑囚たちよりも先に永山則夫の刑が執行されたという意味は大きかったのだと思います。当時の法務大臣は記者会見で永山の死刑執行の時期と神戸事件は関係がないと発言しています。

まとめ

23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1968年10歳のサイコパス殺人鬼・ メアリー・ベルの壮絶な生い立ちとおぞましい真実

1968年10歳のサイコパス殺人鬼・ メアリー・ベルの壮絶な生い立ちとおぞましい真実

メアリー・ベル事件とは1968年イギリスで起こった10歳の少女・メアリー・ベルによる連続殺人事件です。史上最年少サイコパスと言われたメアリー・ベルはなぜ連続殺人鬼になったのかその生い立ちは?イギリス中を震撼させた事件の真実をまとめます。
あおい@ | 956 view
少年誘拐殺人ホルマリン漬け事件の日記がヤバイ!両親が有名人の真相と犯人の現在は?

少年誘拐殺人ホルマリン漬け事件の日記がヤバイ!両親が有名人の真相と犯人の現在は?

少年誘拐殺人ホルマリン漬け事件と聞いて言葉の通りを想像するとどんなに惨い事件かと思う方も多いでしょう。猟奇的なこの事件で注目点は身の毛もよだつ日記の存在と犯人家族と被害者家族の両方が有名人だったということです。少年誘拐殺人ホルマリン漬け事件の犯人の異常性と双方の家族について、そして犯人の現在をまとめていきます。
あおい@ | 1,964 view
30年ぶりの新作!松本伊代がアルバム発売へ!アイドル時代の「まだ読んでないんですけど」事件とは?

30年ぶりの新作!松本伊代がアルバム発売へ!アイドル時代の「まだ読んでないんですけど」事件とは?

タレントの松本伊代(56)が1981年の歌手デビューから今年で40周年を迎えたのを記念し、新作アルバム『トレジャー・ヴォイス[40th Anniversary Song Book]Dedicated to Kyohei Tsutsumi』を発売することが明らかとなりました。
隣人速報 | 148 view
震撼!人食い殺人鬼・アルバート・フィッシュの生い立ちと被害者家族に送った手紙がヤバイ!

震撼!人食い殺人鬼・アルバート・フィッシュの生い立ちと被害者家族に送った手紙がヤバイ!

アルバート・フィッシュの言葉“I like children, they are tasty.”(子供が好きなのさ、彼らはうまかったよ)。人食い連続殺人鬼アルバート・フィッシュのヤバイ事実をまとめます。生い立ち・性癖、そして被害者家族に送った手紙の内容に驚愕します!
あおい@ | 567 view
シリアルキラー!ヘンリー・リー・ルーカスを虐待し続けた母親との関係が驚愕で最悪の真相

シリアルキラー!ヘンリー・リー・ルーカスを虐待し続けた母親との関係が驚愕で最悪の真相

アメリカを震撼させたシリアルキラーの一人のヘンリー・リー・ルーカスが犯行に及んだとされる期間は1960年~1983年。長きにわたり繰り返された殺人。この殺人鬼が生まれた背景に毒親の存在がありました。ここではシリアルキラー、ヘンリー・リー・ルーカスと母親・ヴィオラとの関係に注目しまとめていきます。
あおい@ | 483 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト