2016年5月25日 更新

甘くて苦いマーマレード…朝からハラハラドキドキしたアニメ♡ママレードボーイ

ママレードみたいに、甘くてちょっぴり苦い気になるアイツ!光希と遊の甘くてせつない恋愛模様を描いた物語です。視聴者の方も、ママレードのように甘くて苦い想いをしながら観ていたのではないでしょうか?今回は、原作にはないアニメ独自のあらすじや登場人物も盛り込みながらママレードボーイを振り返ります!

4,438 view

ママレードボーイとは

『ママレード・ボーイ』(Marmalade Boy)は、吉住渉による漫画作品。集英社の少女漫画誌「りぼん」に連載され、テレビアニメ化、劇場アニメ化されたほか、台湾で実写のテレビドラマ化もされている。単行本全8巻、完全版全6巻。全編に渡ってトレンディドラマが繰り広げられる。
 (1656169)

出典 p.twpl.jp

ママレードボーイ 主人公と恋人

小石川光希

 (1656173)

物語の主人公。私立桐稜大学附属高等に通っている。身長152cm。3月28日生まれのおひつじ座、A型。
元気で明るく少し子供っぽい性格。
両親のダブル離婚・ダブル再婚によって、同居生活することになった遊に惹かれていき、ほどなくして両親達には内緒で付き合い始めた。
中学時代は銀太のことが好きだったが、行き違いから結果的に銀太にこっぴどく振られ、仲直りしてからは良き友人として付き合っている。

松浦遊

 (1656185)

松浦夫妻の息子。6月3日生まれの双子座、B型。美少年で、成績優秀、スポーツ万能、更に料理上手。そのため多くの女性に好意を持たれた経緯をもつ。
両親のダブル離婚・ダブル再婚によって同居生活を送ることになった光希に惹かれ、次第に恋人同士になる。
一見気障に見えるが、自分の本心をさらけ出せない一面があり、光希と出会う前は親友や彼女といった特別な存在を持たなかった。しかし中学時代に亜梨実に好意を寄せられ、推しの強さに負け3カ月の期間限定で亜梨実と付き合うことになったが、亜梨実には特別な恋愛感情を持つことができなく、別れた。

両親s(りょうしんず)

入れ替わり婚という非常識な両親たち4人に向けてに光希が付けたあだ名である。
最初は光希たちは、小石川夫婦と松浦夫婦がハワイ旅行で出会って気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたため、お互いパートナーを交換して再婚するのだと聞かされていたが、本当は再婚後のパートナーが本来学生時代にパートナーとして付き合っていた相手だったことは物語の最後に知ることとなる。

小石川仁

 (1656220)

光希の父親で、銀行で働いている。

松浦(小石川)留美

 (1656224)

光希の産みの母親。遊の父親であった要士と再婚し、遊の義母となった。料理はかなり下手である。化粧品会社勤務(アニメでは、洋酒メーカー勤務)。

松浦要士

 (1656231)

遊の父親で商社マンである。

小石川(松浦)千弥子

 (1656247)

遊の産みの母親。仁と再婚し、光希の義母となった。洋酒メーカー勤務(アニメでは、化粧品会社勤務)。

私立桐稜大学附属高等学校

須王銀太

 (1656259)

光希の友人で、クラスメイト。一本気で直情的な性格。4月10日生まれのおひつじ座、O型。
中学時代、光希のことが好きだったにも関わらず、ふとした行き違いから光希を振ったような形になってしまい、その後仲直りしてからはよい友人関係を続けているものの、遊の登場により長年の光希への想いを伝えた。
後にひょんなことから亜梨実と付き合うことになった。

秋月茗子

 (1656340)

光希のクラスメイトで、自慢の親友である。文芸部所属。10月28日生まれのさそり座、A型。ミステリアスな性格、口調も丁寧で大人っぽく人当たりもよいが、気が強い面もある。家庭環境が複雑なことから、結婚はしたくないと言っていた。
担任の名村と恋仲にあることを親友の光希にも隠していたが、学校に発覚し自宅謹慎となる。そのあと名村と別れ名村は広島へ行くが、茗子忘れることができず、高校卒業後に両親から勘当される形で名村のいる広島へ行きヨリを戻した。

三輪悟史

 (1656351)

桐稜学園高校の生徒会長で、後に桐稜大学の学生になる。父親は建築家。すずの従兄弟である。長身・長髪の美形で、女好き。茗子に好意を持ち、強引にアタックするがフラれる。
遊と一緒にいることが多かったので一時期は「遊とは同性愛関係ではないか」という噂が立っていた。
いて座のAB型である。

名村慎一

 (1656362)

光希達のクラス担任で、茗子と付き合っている。担当教科は英語で男子テニス部顧問。うお座のA型。自称ロリコン。
生徒からの信望は厚く、なっちゃんと慕われている。アニメでは、桃井亮子とは元同級生の設定である。大学卒業後に母校の教師となった。
茗子と密かに付き合い、二人の関係が学校に発覚して教師を辞めた後、故郷の広島へ帰り実家の不動産屋へ継いでいるが、高校卒業後に彼を追いかけてきた茗子と結婚する。

私立榊学園高等学校

鈴木亜梨実

 (1656377)

91 件

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

少女漫画『ときめきトゥナイト』が女性誌BAILAとコラボ!婚姻届が付録!初キスシーン等が描かれる!

少女漫画『ときめきトゥナイト』が女性誌BAILAとコラボ!婚姻届が付録!初キスシーン等が描かれる!

池野恋による少女漫画『ときめきトゥナイト』。同作と女性ファッション雑誌BAILA(バイラ)7月号の別冊付録「婚BAILA」と連動した企画で、スペシャルな婚姻届が登場する。
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
23年ぶりの新刊「姫ちゃんのリボン短編集」!90年代当時のファンから感嘆のコメントが相次ぐ!

23年ぶりの新刊「姫ちゃんのリボン短編集」!90年代当時のファンから感嘆のコメントが相次ぐ!

90年代少女漫画の金字塔『姫ちゃんのリボン』の番外編を収録した『姫ちゃんのリボン 短編集』が発売。当時を知るファンから感嘆のコメントが相次いでいる。また、同作の新刊が刊行されるのは23年ぶりとなる。
『ちびまる子ちゃん』が連載30周年!TVアニメでさくらももこ脚本まつり開催!

『ちびまる子ちゃん』が連載30周年!TVアニメでさくらももこ脚本まつり開催!

原作者のさくらももこが漫画誌『りぼん』(集英社)で連載を始めてから2016年で30周年を迎えたことを記念して、来年1月8日から3月12日の約3ヶ月間、「連載30周年記念! さくらももこ脚本まつり」と題し、さくらが手がけた脚本の中から選りすぐりのエピソードを放送することになった。
創刊【1955年】歴史ある『りぼんマスコットコミックス』からアニメ化された作品をご紹介!

創刊【1955年】歴史ある『りぼんマスコットコミックス』からアニメ化された作品をご紹介!

歴史あるりぼんコミックから1990年代にアニメ化された作品をご紹介! 懐かしのオープニング曲や気になるあらすじの第一話まで!!
ローズリー | 2,335 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト