声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part13(ジバクくん)
2017年11月8日 更新

声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part13(ジバクくん)

アニキ、男八段とすさまじいあだ名をつけられラジオトークにも定評のある声優、緒方恵美。人柄と逸話もすごいが、ボーイッシュからお姫様までこなす実力派の演技も魅力。声優デビュー25周年を迎える彼女の活躍を作品とともに振り返るpart13

91 view
 友情の〝アツ〟い戦いを〝ミ〟せるぜ……

緒方恵美さんとは

 以下、名無しにかわりまして緒方恵美関連作品をお送りします

ジバクくん

「ジバクくん」は1998年から連載されていた漫画作品。
 連載元は『ファミ通ブロス』。


 そう。ファミ通ブロス。
『ファミ通ブロス』(ファミつうブロス)は、日本の出版社・エンターブレインが発行していた月刊漫画雑誌。
《ファミ通》がファミコン専門誌からゲーム情報誌になったことをきっかけに〝攻略情報専門誌をつくったと思ったらいつの間にか漫画雑誌になっていたファミ通ブロス先輩〟

 ブロスと言ったら「アーケードゲーマーふぶき」の印象が強すぎたのですが、言われてみればジバクくんもいました。
 「時空探偵ゲンシクン」なんかもありましたね。当時のヒロインはなんでかわいいのだろう。
ジバクくん

ジバクくん

 作者は「南国少年パプワくん」などでおなじみの柴田亜美先生。
 主人公には癖があり、青年はかっこよく癖があり、少女はかわいく癖がありますが、なんと言っても


 〝癖のある生き物を描かせたら天下一品〟


 これです。



 癖のある生き物の魅力とか逸話とか色々あるわけですが、まあ〝ジバクくんを見ていただくのが一番早い〟


 そんな絵とテンションに反して、設定やストーリーは真面目に展開されているというのが「ジバクくん」の特徴のひとつ。
 wikiには《あらすじ》の項目があるのですが、
物語の舞台は、時計回りに12の世界に分かれた「ツェルブワールド」。それぞれの世界には、人々を襲う「トラブルモンスター」に対処するため、聖霊を操って戦う選ばれた子供、通称・グレートチャイルド (GC) が各世界に1人ずつ存在する。
1の世界「ファスタ」に住む主人公・爆は、トラブルモンスターに襲われたところを当時のGC・炎に助けてもらったのを機に、GCの称号とそれに伴う聖霊や道具を譲渡されることになる。そして「世界制覇」という壮大な夢を掲げる爆に、炎は「全世界イチのGCになれ」と言って去って行った。
その後、炎の後継者たる爆に挑戦に来た2の世界のGC・ピンクや3の世界のGC・カイと会ううち、爆は正式なGCの資格と、常人を超える力の証「ライセンス」を12の世界の中心「針の塔」で手に入れられることを知る。2人を仲間としながら、爆は12の世界を回り針の塔へと向かうことを決意する。
 〝長い〟んですよね。


 めちゃくちゃ雑に言うと《相棒と一緒に世界を旅して本物の男を目指す》的な話なので〝ポケモンだと思っていればなんとかなる〟と思っています。

 で、相棒というのがあの丸いピンクの生物たちなわけですね。
 聖霊と呼ばれています。数秒ほど手をひらいていると名前の通り〝自爆します〟
 これにはマルマイン先生も苦笑い。
 劇画調のわりに動きが軽快(アニメのEDで踊ったりする)で〝キィキィと高い声で鳴く〟

 誰が呼んでいたか覚えていませんが〝カービィのなれの果て〟というのは言いえて妙だと思います。

キャスト デッド

 オス、オラ緒方さんの話の時間! いっちょやってみっか!


 作中の世界は12個に分かれているので、カービィのなれの果ても12体いて、彼らのパートナーも最低12人はいることになります。

 そのうち緒方さんは第9世界、ナイナイの人物である《デッド》氏を担当。
デッド
9の世界ナイナイのGC。ライセンスは呪縛。
ライブのもう一つの姿であり、ポジティブなライブとは逆にネガティブな性格。爆一行を見逃したことからハヤテに制裁され、そのリベンジのためにも爆一行と同行しテンパで戦った。最終決戦で呪いが解けた後は、ライブの意思で変身できるようになった。
 このへんのこと調べていると流石にはっかくしてくるのですが、どうも〝ジバクくんの細かい話をまったくと言っていいほど覚えていない〟ようです。
「超魔神英雄伝ワタル」とかでさえ花のなかで炎が燃えているくだりとか覚えているのに、こんなにも覚えていないっていうのはやっぱりカービィのなれの果てのせいだと思うんですよ。インパクトが強すぎるので〝ほかのすべてを忘れさせられたのではないか〟


 さてデッド氏、どんな見た目だったかというのも怪しいのですが、たぶん
デッド氏がいるであろう画像

デッド氏がいるであろう画像

 の右側に映ってる神父っぽい人だと思います。
 性格も台詞もなにひとつとして覚えていません。ここまでくると平謝りするしかない。



 ちなみに「ジバクくん」ですが掲載誌が関係しているのかどうか単行本やDVDが品切れ状態になっていることが多く、実はプレミアがついているのではないかという気もするので各位ぜひご確認ください。

To be continued...

20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part19最終回(ロックマンX、学校の怪談、ツヨシしっかりしなさい)

声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part19最終回(ロックマンX、学校の怪談、ツヨシしっかりしなさい)

アニキ、男八段とすさまじいあだ名をつけられラジオトークにも定評のある声優、緒方恵美。人柄と逸話もすごいが、ボーイッシュからお姫様までこなす実力派の演技も魅力。声優デビュー25周年を迎える彼女の活躍を作品とともに振り返るpart19最終回!
Fレン | 285 view
声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part18(覚悟のススメ)

声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part18(覚悟のススメ)

アニキ、男八段とすさまじいあだ名をつけられラジオトークにも定評のある声優、緒方恵美。人柄と逸話もすごいが、ボーイッシュからお姫様までこなす実力派の演技も魅力。声優デビュー25周年を迎える彼女の活躍を作品とともに振り返るpart18
Fレン | 302 view
声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part17(こどものおもちゃ)

声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part17(こどものおもちゃ)

アニキ、男八段とすさまじいあだ名をつけられラジオトークにも定評のある声優、緒方恵美。人柄と逸話もすごいが、ボーイッシュからお姫様までこなす実力派の演技も魅力。声優デビュー25周年を迎える彼女の活躍を作品とともに振り返るpart17
Fレン | 228 view
声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part16(パワーストーン)

声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part16(パワーストーン)

アニキ、男八段とすさまじいあだ名をつけられラジオトークにも定評のある声優、緒方恵美。人柄と逸話もすごいが、ボーイッシュからお姫様までこなす実力派の演技も魅力。声優デビュー25周年を迎える彼女の活躍を作品とともに振り返るpart16
Fレン | 135 view
声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part15(南海奇皇〈ネオランガ〉)

声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part15(南海奇皇〈ネオランガ〉)

アニキ、男八段とすさまじいあだ名をつけられラジオトークにも定評のある声優、緒方恵美。人柄と逸話もすごいが、ボーイッシュからお姫様までこなす実力派の演技も魅力。声優デビュー25周年を迎える彼女の活躍を作品とともに振り返るpart15
Fレン | 160 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト