ジャイアント馬場ともバスで乾杯!!大巨人アンドレ・ザ・ジャイアントの酒豪伝説!
2018年8月19日 更新

ジャイアント馬場ともバスで乾杯!!大巨人アンドレ・ザ・ジャイアントの酒豪伝説!

身長は約223cmの大巨人!アンドレ・ザ・ジャイアントは見た目のインパクトだけでなく、飲酒量もずば抜けていました!“飲み友達“ジャイアント馬場とのエピソードもまとめてみました!並木モッズのイラストでお楽しみ下さい。

4,550 view

大きな大きな男!それがアンドレ・ザ・ジャイアント!

大巨人や映画「キング・コング」をモチーフにした「世界八番目の不思議」と呼ばれたアンドレ・ザ・ジャイアント。そのあまりの巨躯は見る者だけでなく、対戦相手をも恐怖させました。

同時代に活躍したハルク・ホーガンは「彼は私たちの誰よりも強く、巨大でした。誰もが彼を恐れました」と語っています。
 (2041006)

ジャイアント馬場と比べても大きい!!

誕生日は1946年5月19日。1993年1月27日に亡くなっています。
身長は約223cm、体重が約236kg(全盛時)と驚くべきものでした。日本の大巨人、ジャイアント馬場が身長209cm、体重 135kg(全盛時)である事からもその巨大さが伺えます。
 (2041009)

実際のアンドレはこちら!

 (2041011)

アンドレは元々はきこりだった!?

「元々はきこりとして働き、山中にいるところを「マットの魔術師」の異名で知られたエドワード・カーペンティアに発見され、プロレス界入りしたという逸話が流布されていましたが、これは事実ではなく、デビュー前はパリの家具運送会社に勤務していたそうです。
 (2041015)

意外に器用なレスラーだったアンドレ!元々格闘技経験があった!

フランスのグルノーブル出身だったアンドレ。ブルガリア=ポーランド系の家庭に生まれ、少年時代からサッカー、ボクシング、レスリングなどに打ち込んでいました。
超巨体に似合わない、確実なレスリングテクニックには下地があったんですね。

冗談にしか聞こえないアンドレ・ザ・ジャイアント酒豪伝説

酒豪とされる有名人は数多くいますが、アンドレほどの飲酒量は聞いた事がありません!

どれほど飲むのかというと、巡業先でビールの大ジョッキ90杯近く飲み干したといった話や自身の誕生日に、ワイン1ダースがプレゼントされるも、バスの移動中にわずか2時間半で全部空けてしまったなど仰天エピソードがたんまりとあります。
 (2041014)

聞いてるだけ酔っちゃう!アンドレ・ザ・飲酒もジャイアント!

当初はビールが多かったそうですが、周りから尿酸値が上がってしまうからと言われ、途中からはワインに変えています。ワインと言えば、仲の良かったジャイアント馬場と選手バスでワインを飲むために、アンドレ用のワイン冷蔵庫が用意されていました。
また、白ワイン好きでしたが、飲めれば何でもよく、赤白、銘柄に関係なくがぶ飲みしていたとか。

ただ、アメリカのホテルバーで、300数十本ものビールを飲んだ際には、さすがのアンドレも気絶したという話もあります。気絶するまで飲むというのも凄い話です。
 (2041022)

晩年にますます増えた飲酒量

29 件

関連する記事こんな記事も人気です♪

テレビ朝日『プロレス総選挙』アントニオ猪木が「史上最高のプロレスラー」に決定!

テレビ朝日『プロレス総選挙』アントニオ猪木が「史上最高のプロレスラー」に決定!

テレビ朝日で、現役・OBレスラー200人と、ファン1万人がガチで投票した『プロレス総選挙』が放送され、「史上最高のプロレスラー」がランキングが明らかになった。
red | 1,721 view
【訃報】6団体を渡り歩いたプロレスラー・永源遙さんが死去。悪役商会やツバ攻撃が人気だった

【訃報】6団体を渡り歩いたプロレスラー・永源遙さんが死去。悪役商会やツバ攻撃が人気だった

28日、元プロレスラーの永源遙さん(本名同じ)が死去したことが分かった。70歳だった。永源さんは木村政雄に誘われ、66年に大相撲立浪部屋から東京プロレスに入門。その後、東京-日本-新日本-ジャパン-全日本-ノアと主要6団体を渡り歩いた。
“ミスタープロレス”天龍の引退までを描いたドキュメンタリー映画が完成!本人も絶賛!

“ミスタープロレス”天龍の引退までを描いたドキュメンタリー映画が完成!本人も絶賛!

昨年引退した元プロレスラーの天龍源一郎(66)の引退までを描いたドキュメンタリー映画「LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-」の完成披露試写会が開催され、天龍が舞台挨拶を行った。映画は天龍本人も絶賛する仕上がりとなっている。
【プロレスラー入場テーマ曲・80~90年代】まさに花道、プロレスラー達の入場テーマ曲を主なヘビー級レスラーの歴史とともに振り返る。

【プロレスラー入場テーマ曲・80~90年代】まさに花道、プロレスラー達の入場テーマ曲を主なヘビー級レスラーの歴史とともに振り返る。

プロレスを愛する人々にとって贔屓のプロレスラーの入場ほど気持ちが高揚する瞬間はありません。アントニオ猪木、ジャイアント馬場から始まる数々の名レスラー達、その入場時には自らとファンのボルテージが一気に高まる入場テーマ曲を用意して試合に臨んでいました。そんな興奮を味わいたくて会場に足を運んだ人も多いのではないでしょうか。80~90年代の名レスラー達とともに振り返ってみましょう。
青春の握り拳 | 462,314 view
【ジャンボ鶴田】強すぎた怪物レスラーの足跡を辿る!数々の激闘を繰り広げた完全無欠のエース!!

【ジャンボ鶴田】強すぎた怪物レスラーの足跡を辿る!数々の激闘を繰り広げた完全無欠のエース!!

1980~1990年代の日本プロレスマットで、最強の日本人レスラーと言われたジャンボ鶴田。スタン・ハンセンや天龍源一郎、三沢光晴、そして長州力らとの激闘の記憶はいまだ色褪せることはありません。全日本プロレスの完全無欠のエースと呼ばれたジャンボ鶴田、そのナチュラルな強さを足跡とともに振り返りましょう。
青春の握り拳 | 154,614 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト