奇才、少年誌への帰還〜 漫画「てりぶる少年団」
2016年4月11日 更新

奇才、少年誌への帰還〜 漫画「てりぶる少年団」

しばし少年誌を離れて活躍していた漫画家とり・みきの、久々の少年誌連載にして、少年サンデーデビューとなった「てりぶる少年団」。とり信仰の筆者がご紹介しますf^^;

6,538 view
とか、
wada y (1600958)

同じく先ほどの天野博士の登場場面。












「というのは世を忍ぶ仮の姿。」
出典 wada y
wada y (1600962)

 

「なにをかくそう。/私は…」







「こういうものだ。」
「今度はちょっとびっくりしたでしょう?」
出典 wada y
え?なにがおもしろいのか分からない?、、そんな方こそ一度とり作品、できればこの「てりぶる少年団」を実際に読んでみて下さいませf^^;

とり作品のスター・システム

とり氏の漫画の登場人物は、ときに他の作品で別の役で出てきたキャラクター、またときにエッセイ漫画などで出てきたとり氏の友人知人だったり(またその逆も)します^^
いわゆるスター・システムの類いです。
スター・システム(star system)とは、多くは演劇・映画・プロスポーツなどの興行分野において、高い人気を持つ人物を起用し、その花形的人物がいることを大前提として作品制作やチーム編成、宣伝計画、さらには集客プランの立案などを総合的に行っていく方式の呼称。また、資本力やニュースマスコミを利用した大々的な宣伝の反復などによって、そのような花形的人物を企画的に作り出すシステムもこの一環として指す。

転じて、漫画などで、同一の作家が同じ絵柄のキャラクターをあたかも俳優のように扱い、異なる作品中に様々な役柄で登場させるような表現スタイルも、スター・システムと呼ぶようになった。日本の漫画分野で初めてこの手法を用いたのは手塚治虫であり、彼が複数の作品のなかで、自らの友人や友人の祖父、さらには実の妹が描いたキャラクターを登場させたことに始まるとされている。
とり作品内で、「漫画俳優」などと呼ばれ、とり氏の友人の(漫画のなかでないご本人は)書店店員「たきたかんせい」氏などは初期作品から、そして頻繁に登場しますね。
wada y (1600976)

、、こんな正体不明のキャラクターも、とり漫画俳優の一人(?)。いろいろな作品にいろいろな役(?)で登場します。
出典 wada y
今作でも、天本博士の“漫画役者”は、金田一耕助のパロディ主人公「猫田一金五郎」としてなど活躍しますし、
テッキーはとり氏の友人で編集などを手がける関智氏、ミッキーはとり氏が自分を描くときに一貫して使用しているキャラクターです。

てりぶる少年団の危機(!>_<)

テッキーとミッキーは聖一角獣学院幼稚舎の生徒、リスキーはそのインターナショナルスクールの生徒。
天本博士は、最後まで立ち退きに反対して団地の真ん中にある「天本研究所」に住み、その周辺で怪しげなことばかり起こるので普通の人々はあまり近づかないなか、テッキーミッキーリスキーの三人組はいつもここに入り浸っているのでした。

そんなわけで、毎度々々の面々が毎度なにかしら騒動を起こしてというスジも物語もないハナシが(ギャグ漫画ですから)進んでいいますが、、
wada y (1600990)

「とりの章」扉絵

ね、うし、とら、、第10話ですね。連載がはじまって2ヶ月足らず、、
出典 wada y
wada y (1600995)

がーんっ(((( ;゚Д゚)))
出典 wada y
連載打ち切りの報に呆然とする天本博士とてりぶる少年団の3人^^;
理由は単純明快、「読者アンケートの結果がよくないからだ!!」>_<

「アンケート結果は悪くてもけっこう面白いといってくれる人も多かったのに…」
「ふふふ、人気のないやつはみんなそういうんだ」
と自らへの厳しいツッコミ、、

「あれもこれも…まだまだやりたいことはいっぱいあったのに…」
「あんまり変なことばかりやるから読者がついてこなかったんじゃないんですか?」
「そんなことはない、むしろ最初は控え目に…」
「かえってそれがよくなかったのかも。」
「いやしかし。」
とか反省会をやっていたり、身売りを考えたり、、

などとやってきると、編集部からまた電話がかかってきます。
「え?なに?打ち切りをネタにするな?/ちゃんとおハナシを進めろって?」
再び電話を受けた天本博士は電話の向こうへ断言します。
「冗談じゃない!!いいかこの世の中にはなあ…
wada y (1601007)

 









その意気やよし!
、、という訳で、「とりの章」は打ち切りをネタに終始します。
出典 wada y

てりぶる少年団の最後(!?)

翌章「いぬ」はまったく関係ないネタで、打ち切りには触れませんが、最終章「いのしし」は、、
wada y (1601013)

なんと三段漫画!当連載でいちばん実験的な試みです^^;
上段中段下段でそれぞれ違うハナシが流れます、、
で、最後はあまりのショックで(実際作品をご覧下さい^^;)どの段も崩壊!
出典 wada y
wada y (1601015)

天本博士の「よーし、解散!!/みんな出来るだけ生きのびろ!!そして…/いつの日か必ず/必ずどこかで復活するんだ!!」との叫びで、
「未完」となりますT^T
出典 wada y
47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ルナ先生、やるっきゃ騎士、みんなあげちゃうなども網羅!『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が好評発売中!

ルナ先生、やるっきゃ騎士、みんなあげちゃうなども網羅!『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が好評発売中!

三栄書房より、80年代に登場したラブコメ漫画のヒロインを特集したムック『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 706 view
【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

漫画「きまぐれオレンジ☆ロード」の作者として知られる漫画家・まつもと泉さんが、脳脊髄液減少症のため10月6日に亡くなっていたことが明らかとなりました。61歳でした。
隣人速報 | 2,942 view
きまぐれオレンジ☆ロード、クリィミーマミ、うる星やつら…高田明美の画集「Angel Touch」が発売決定!!

きまぐれオレンジ☆ロード、クリィミーマミ、うる星やつら…高田明美の画集「Angel Touch」が発売決定!!

復刊ドットコムより、イラストレーター、宝飾デザイナーとして活躍する高田明美が世に送り出したイラストを振り返る画集『Angel Touch ~エンジェルタッチ~ 高田明美画集』の発売が決定しました。
隣人速報 | 1,309 view
80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 12,667 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト