「守ってあげたい」(松任谷由実)ユーミンの名曲は30年以上経っても色褪せない初恋の想い出
2017年2月1日 更新

「守ってあげたい」(松任谷由実)ユーミンの名曲は30年以上経っても色褪せない初恋の想い出

松任谷由実(ユーミン)の名曲「守ってあげたい」が発表されたのは1981年。様々なアーティストにカバーされ、それでも色褪せない名曲をもう一度聴いてみませんか?

2,436 view

「守ってあげたい」は松任谷由実(ユーミン)の17枚目のシングル。

守ってあげたい(松任谷由実)

守ってあげたい(松任谷由実)

作詞・作曲:松任谷由実
編曲:松任谷正隆
『守ってあげたい』(まもってあげたい)は、松任谷由実(ユーミン) の17枚目のシングル。1981年6月21日に東芝EMIからリリースされた。1989年6月28日にCDシングルとして再リリース。12枚目のオリジナルアルバム『昨晩お会いしましょう』に収録されている。

1981年に公開された映画『ねらわれた学園』(主演:薬師丸ひろ子)の主題歌として書き下ろされた曲で、キャッチコピーは「才能のきらめきは不思議世代を惑わすか」となっていた。

TBS系「第1回日本作曲大賞」で大賞を受賞している。TBS系『ザ・ベストテン』にも「水の中のASIAへ」ツアーの衣装で1度だけ出演したことがある。

「守ってあげたい」は映画『ねらわれた学園』の主題歌

『ねらわれた学園』(ねらわれたがくえん)は、1981年7月11日に公開された薬師丸ひろ子主演・大林宣彦監督による日本映画。

本作及び、角川映画は「ユーミンの時代」の本格的なスタートにも貢献していることなった。またこの作品中には荒井由実時代のアルバム「MISSLIM」収録曲の「生まれた街で」がBGM曲として効果的に使われているシーンがある。
ねらわれた学園(主演:薬師丸ひろ子)

ねらわれた学園(主演:薬師丸ひろ子)

松任谷由実作詞・作曲・歌唱による「守ってあげたい」は69万枚のセールスを記録し、オリコンシングル週間チャートで最高位2位となり、ユーミンのシングルセールスではそれまで最大のヒットとなった。この時期のユーミンは低迷期で、シングルのセールスは数万枚程度が続いていた。

「守ってあげたい」はCMタイアップ曲やテーマ曲としても有名

1998年、ミノルタ「α-sweet」CMソング」
このCM用にアコースティックバージョンもレコーディングされたが未発売である。

1998年、三菱自動車「新型ミニカ&トッポBJ」CMソング

2001年、MoMAニューヨーク近代美術展イメージソング

2008年、テレビ朝日系スペシャルドラマ『めぞん一刻』エンディングテーマ

2009年、宮藤官九郎が監督・脚本を務めた映画『少年メリケンサック』エンディングテーマ。

松任谷由実CM集 with makotosuzuki

ミノルタ α sweetのCM動画です。

「守ってあげたい」をカバーしたアーティスト

1983年、原田知世がカバー

1990年、A.S.A.P.(アメリカの女性ボーカルグループ)がカバー

2002年、鬼束ちひろがカバー

2009年、茉奈 佳奈(三倉 茉奈と三倉 佳奈)がカバー
A.S.A.P.(エーエスエーピー)とは、1990年代に活躍したアメリカ合衆国出身の女性コーラス・グループ。グループ名は「As Soon As Possible」の略。日本コロムビアより松任谷由実のカバー曲ばかりを集めた3枚のアルバムとベスト1枚を発売し人気を不動のものとした後、他の邦楽のカバーやオリジナル曲を中心にアルバムを発表し、1996年までに9枚のアルバムを発表している。

鬼束ちひろ 守ってあげたい

代表して鬼束ちひろのカバー動画をご紹介。
色々と騒がれた鬼束ちひろだが、歌はとても上手。ユーミンとも違う味わいで惹きこまれてしまう。

「守ってあげたい」を「SMAP×SMAP」でコラボ

10月31日に放送されたフジテレビ系『SMAP×SMAP』でユーミンとSMAPが一夜限りのコラボレーションを披露した。
そのライブでは『宇宙図書館』から、フジテレビで放送中の天海祐希主演ドラマ『Chef~三ツ星の給食』(毎週木曜 後10:00)のために書き下ろした新曲「Smile for me」を披露。さらに、1980年代を代表する名曲「守ってあげたい」を松任谷とSMAPならではのセッションが実現。

やはり「守ってあげたい」は、今でも歌い続けられる名曲なのである。

松任谷由実 守ってあげたい

19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

天才過ぎる!20代前半の荒井由実が他人に提供した名曲たち

天才過ぎる!20代前半の荒井由実が他人に提供した名曲たち

今なお、音楽業界の第一線で活躍を続けるユーミンこと松任谷由実。もともと作曲家としてデビューした彼女は、「荒井由実」と名乗っていた70年代から、その才能を遺憾なく発揮し、数多くのアーティストへ楽曲提供を行ってきました、今回はその中でも特に有名な数曲を紹介していきます。
こじへい | 3,796 view
ドラマ主題歌が多かった!ユーミンが90年代に発売した8センチシングルを紹介

ドラマ主題歌が多かった!ユーミンが90年代に発売した8センチシングルを紹介

2018年4月11日、デビューから45周年記念のベストアルバム『ユーミンからの、恋のうた。』を発売した、ユーミンこと松任谷由実が発売した8センチシングルをドラマタイアップや、エピソードとともに紹介
70年代にディスコで踊った! 『悲しき願い』サンタ・エスメラルダ

70年代にディスコで踊った! 『悲しき願い』サンタ・エスメラルダ

70年代のディスコミュージックの名曲『悲しき願い』は、ディスコグループ「サンタ・エスメラルダ」によるバージョンが1978年にヒットしました。原曲『Don't Let Me Be Misunderstood』やカバー曲、ボーカルのリロイ・ゴメスの活動。
日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

2月4日に閉館するTOHOシネマズ日劇で「青春グラフィティ スニーカーぶる~す」(1981年)が上映され、たのきんトリオの一人として出演していた近藤真彦が舞台挨拶に登壇。1981年の公開当時の想い出を語った。
バンバン「いちご白書をもう一度」鳴かず飛ばずだったばんばひろふみが”最後の曲”として荒井由実へ作詞作曲を懇願した名曲

バンバン「いちご白書をもう一度」鳴かず飛ばずだったばんばひろふみが”最後の曲”として荒井由実へ作詞作曲を懇願した名曲

この記事では、1975年に発売された『バンバン』の「いちご白書をもう一度」について振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 1,924 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト