【ガデュリン】サラリーマンが繰り広げる冒険活劇!そのストーリーや魅力・関連商品!
2020年12月10日 更新

【ガデュリン】サラリーマンが繰り広げる冒険活劇!そのストーリーや魅力・関連商品!

1990年代に公開された『ガデュリン』。小説からマルチメディア展開され、OVA・ゲーム化も実現しました。今回の記事では、OVAとして制作された『ガデュリン』にスポットを当て、その本編動画やストーリー・魅力などを振り返っていきます。ゲームなど関連商品も紹介していきますので、ぜひ記事をご覧になってください。

314 view

『ガデュリン』とは?

『ガデュリン』

『ガデュリン』

原作者 :羅門祐人
出版社 :角川書店
レーベル:角川スニーカー文庫
発売時期:1989年~1994年
巻数  :全8巻
『ガデュリン』は、羅門祐人の小説及びメディアミックス作品。
1990年にOVA化。1991年にゲーム化。スーパーファミコンで最初に発売された和製RPG。
https://www.imdb.com/title/tt6356834/?ref_=ttco_co_tt (2243562)

今回の記事は、OVAとして発売された『ガデュリン』を振り返り、ゲームなどの関連商品も紹介させていただきます。

OVA『ガデュリン』の本編動画・ストーリー

地球でサラリーマンとして勤務する主人公・リュウは、コンピュータの上司・MOSと行動を共にし、地球以外の惑星を巡って資源調査を担っていました。ある日、航行中に宇宙船が故障して、惑星ガデュリンに不時着する事態に。
MOSとはぐれてしまい、リュウは単身で惑星ガデュリンを探索していると、可愛い女の子・ファナの水浴びシーンに遭遇します。その姿に見惚れていたリュウは、人間と異なる部族からの襲撃を受け、ファナと一緒に身柄を拘束されてしまうのでした。
捕らわれの身にはなりますが、原住民のファナと同じ時間を過ごすうちに、惑星ガデュリンでは”神さま”として崇められているガヴァナーの存在、種族同士の争いといった事情を知ります。
宇宙船を失ない、複雑な事情が交差する惑星ガデュリンの争いに巻き込まれたリュウたち。果たして、無事に地球に帰ることができるのでしょうか…

OVA『ガデュリン』の魅力とは?

サラリーマンの主人公・リュウ

https://www.irasutoya.com/2016/01/blog-post_45.html (2243574)

宇宙を舞台にしたストーリーながら、主人公は地球で会社勤めをしているサラリーマン。他にも人類が宇宙に進出した設定で描かれるコンテンツはあるものの、ビジネススーツ姿で、現代の一般的な会社員を思わせるリュウの存在はインパクトが強いです。
能力的にも特別に何か秀でているわけでもなく、コンピュータ型の上司・MOSにしつこく「勤務!」と急かされている様子を見ると、落ちこぼれといったイメージを抱いてしまいます。
どこにでもいる男性といった印象から、身近な存在として親近感をもてる主人公といえるでしょう。そんなリュウだからこそ、後半の活躍ぶりや、最後の決断のときに見せる”男”としての表情が堪らないです。

妖精のヒロイン・ファナ

いきなりの水浴びシーンで登場するファナ。少女のようでいて、本編では大人として覚醒するところに魅力のあるキャラクターです。あどけなさゆえの天然ぶりも、ほんわかさせられるものがあります。
リュウが立ち小便をしているとき、あそこを覗き込み、「これなぁに?」「触ってみていい?」と言いだす場面があったり、リュウのことを気に入って積極的にアプローチする姿に胸キュンする男性ファンも多いことでしょう。
ロリコン属性を好む男性は、ファナの放つ魅力にメロメロになってしまうはずです。

宗教・神さまに対してのアンチテーゼ

https://www.irasutoya.com/2014/04/blog-post_6699.html (2243575)

惑星ガデュリンに君臨する神さまを盲目的に信じる先住民たち。その導きによって、不毛な戦いを続けてきました。こういった描写は、宗教的な洗脳や、政治的なプロバガンダに対するアンチテーゼになっていて、その怖さを訴えるもののように思えます。
元々は自航惑星として人類の観光地として機能してたガデュリン。その管理を任されていたプログラムが暴走し、面白半分に、神さまを名乗って先住民たちに争いをさせていたのです。
純粋無垢なファナも神さまのことを妄信しており、部外者の接触がなければ、この体制はずっと続いていたのだろうと推測されます。そういった意味では、ストーリー的にも視聴者に訴えるものがあるような気がします。

『ガデュリン』の関連商品

小説
『自航惑星ガデュリン 神々の巫女たち』

『自航惑星ガデュリン 神々の巫女たち』

発売:1989年
作者:羅門祐人
出版:角川書店
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

90年代伝説の美少女ゲーム「同級生」が『同級生リメイク』として現代に蘇る!!

90年代伝説の美少女ゲーム「同級生」が『同級生リメイク』として現代に蘇る!!

FANZA GAMESより、90年代における美少女恋愛ゲームの金字塔として知られる「同級生」を現代に蘇らせた『同級生リメイク』が発売されます。発売予定日は2021年2月26日。
隣人速報 | 1,709 view
「2.5次元パチンコ/ニコハン」がスマホ対応!懐かしのレトロ実機がオンラインで遊べる!

「2.5次元パチンコ/ニコハン」がスマホ対応!懐かしのレトロ実機がオンラインで遊べる!

株式会社KOMは、実機のパチンコ機をオンラインで遊べるWebサイト「2.5次元パチンコ/ニコハン」のスマートフォン対応を、11月14日より開始しました。かつて人気だったレトロ機のラインナップにも注目です!
ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
OVA【ウィザードリィ】を振り返る!面白いポイントや豪華声優陣など

OVA【ウィザードリィ】を振り返る!面白いポイントや豪華声優陣など

1990年代に発売されたアニメ作品で、名作ゲームの世界観をアニメに反映したコンテンツ。 声優陣が豪華なことでも知られ、短編ながらも、ストーリーとしても面白い作品に仕上げられています。その魅力をしっかりお伝えしていきたいと思いますので、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 1,310 view
90年代のセガと任天堂の「ゲーム機戦争」がまさかのドラマ化!当時アメリカで任天堂に挑戦したセガの栄枯盛衰とは?

90年代のセガと任天堂の「ゲーム機戦争」がまさかのドラマ化!当時アメリカで任天堂に挑戦したセガの栄枯盛衰とは?

90年代にセガと任天堂の間で繰り広げられた、いわゆる「ゲーム機戦争」を題材としたノンフィクション小説「セガ vs. 任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争」が、アメリカでテレビドラマ化されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,433 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト