最強だと思っていたのに、まさか負けるとは思わなかったアニメ・漫画のキャラクター
2016年9月22日 更新

最強だと思っていたのに、まさか負けるとは思わなかったアニメ・漫画のキャラクター

実力的に強いヒーローキャラや思い入れが強いキャラが想定外にも負けてしまうとガッカリしますね。かなり最強で負けることがないと思っていたのに負けてしまう衝撃的な展開のストーリーをいくつかピックアップしておさらいしてみましょう。

142,874 view
幕之内一歩は完全に失神してしまっている状況で意識はない。

幕之内一歩は完全に失神してしまっている状況で意識はない。

気絶から意識を取り戻した幕之内一歩、自力で起き上がり帰...

気絶から意識を取り戻した幕之内一歩、自力で起き上がり帰っていくが、パンチドランカー的な後遺症が出ている模様だ。今後が心配な展開になっている。

幕之内一歩の現時点の戦績は25戦23勝(23KO)2敗、WBC世界ランキングは7位。

メキシコのWBC世界第2位のランカー、アルフレド・ゴンザレスに7回失神KOで重篤なダメージを負って敗戦し、後日友人の梅沢邸でパンチドランカー特有の症状(フリーハンドで直線が書けない)を発症してしまい、今後の動向が注目されるところである。

ミンキーモモ(『魔法のプリンセス ミンキーモモ』) ヒロインのまさかの交通事故死・・・

魔法少女ヒロインのミンキーモモがまさかの交通事故?

魔法少女ヒロインのミンキーモモがまさかの交通事故?

ミンキーモモがまさかの交通事故死・・・

ミンキーモモがまさかの交通事故死・・・

モモは、魔法で他人の夢をかなえることはできないことを知...

モモは、魔法で他人の夢をかなえることはできないことを知り、魔法の力を失い、ついには命を落としてしまう。

「ミンキーモモ」は魔法少女としては一度力を失い、人間に...

「ミンキーモモ」は魔法少女としては一度力を失い、人間に転生することで、今度は「人間として自分自身の夢」を追いかける。

そういう意味でバッドエンドとも言えないでしょう。

作り手のメッセージや意図は分かりますが、ここまでの衝撃的な表現を使う必要があったのかとは思います。子供番組としては現代では使えない手でしょう。
モモは人間に生まれ変わり、地球でのパパとママの本当の子...

モモは人間に生まれ変わり、地球でのパパとママの本当の子供となる。

ちなみにこの製作サイドの人々は以前「宇宙戦士バルディオス」というロボットアニメを作っていましたが、その作品も主人公達の活躍もむなしく地球全土が水没するというバッドエンドで終わらせています。

『マジンガーZ』(1972年) 突如姿を現した戦闘獣たちの前にマジンガーZは太刀打ちできず敗北を喫する。

マジンガーZがボコボコにやられる衝撃的な展開

マジンガーZがボコボコにやられる衝撃的な展開

地球制圧を目論むミケーネ帝国が一行の隙を突き、本格的に地上侵攻を開始。その先兵として突如姿を現した戦闘獣たちの前に、ヘルとの激闘で深い傷を負っていたマジンガーZは太刀打ちできず敗北を喫する。
ボロボロのマジンガーZ

ボロボロのマジンガーZ

地底に潜んでいたミケーネ帝国が地上侵略へと乗り出す。彼らの兵器「戦闘獣」の前にマジンガーZはたちまち追いつめられてしまう。
剣鉄也のグレートマジンガーは初出撃で戦闘獣を一蹴してそ...

剣鉄也のグレートマジンガーは初出撃で戦闘獣を一蹴してその力を示した。以後、マジンガーZに代わってグレートマジンガーが地上を防衛する任に就き、ミケーネとの新たな戦いが始まったのである。

いくらなんでも、マジンガーZとグレートマジンガーの格差を出しすぎではないか。仮にもマジンガーZはスーパーロボットとして大人気で超合金などロボットおもちゃ市場を開拓した元祖なので。もうちょっとマジンガーZに対するリスペクトがほしかったかな・・・

月野うさぎ(セーラームーン) 最強と言われたキャラクターが死んでしまったら、その後はどうなるのか?不安な気持ちに・・・

愛すべきドジっ子、月野うさぎ

愛すべきドジっ子、月野うさぎ

セーラー戦士の仲間が次々と死んでいくのは、かなり衝撃的。

セーラー戦士の仲間が次々と死んでいくのは、かなり衝撃的。

現代では、ここまでは無理ですね。当時もかなりテレビ朝日に苦情があったようです。

プリュキュアでここまでやったら、苦情の電話が鳴り止まないです。
ダーク・キングダムを統べる闇の女王「クイン・ベリル」

ダーク・キングダムを統べる闇の女王「クイン・ベリル」

スーパーベリルとなってプリンセスに覚醒したうさぎとの決戦に臨む。絶大な暗黒のエナジーでうさぎを圧倒するも、斃れて行った4人のセーラー戦士の魂に支えられ極大化したムーン・ヒーリング・エスカレーションの光に呑み込まれ、消滅した。
遂にプリンセス・セレニティへ覚醒し、ムーンスティックに...

遂にプリンセス・セレニティへ覚醒し、ムーンスティックに銀水晶が装着される。

94 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が現在大ヒット公開中!青山ひかるの胸元丸出しのニットに注目!!

「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が現在大ヒット公開中!青山ひかるの胸元丸出しのニットに注目!!

ミドル世代であれば誰もが一度は読んだことがあるであろう「ふたりエッチ」の実写映画「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が、東京・シネマート新宿ほかで現在大ヒット公開中です。
隣人速報 | 1,220 view
ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ランキングサイト「ランキングー!」にて、40~60代の男女3,222名に「かつては美少女だったと思う美熟女は?」というアンケート調査が実施されました。注目の第1位は誰なんでしょうか?10位から順にご紹介したいと思います!
隣人速報 | 56,709 view
「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 1,795 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト