時代を駆け抜けたパックロックバンドThe STRUMMERS 至高のライヴ盤『SHOUT&SHOUT!』
2017年10月21日 更新

時代を駆け抜けたパックロックバンドThe STRUMMERS 至高のライヴ盤『SHOUT&SHOUT!』

1985年にボーカルの岩田美生を中心に結成、Clashをこよなく愛したパンクロックバンドThe STRUMMERS(ザ・ストラマーズ)。 2017年5月9日に他界した岩田美生を悼み、デジタルリマスターで復刻発売された1992年4月17日川崎クラブチッタでのライブ盤『SHOUT&SHOUT!』を紹介。

677 view

パンクロック・バンド、The STRUMMERS(ザ・ストラマーズ)

The STRUMMERS(ザ・ストラマーズ)は、1985年にボーカルの岩田美生を中心に結成。
都内ライヴ・ハウスを中心に精力的なライブ活動を続け、1988年に1stアルバム『HERE' THE STRUMMERS』を発表。
シングルがインディーズ・チャートを席巻するなど、全国区の人気を掴んだ。
そして、1990年にシングル「STAND AGAIN」で徳間ジャパンコミュニケーションズよりメジャーデビュー。
当時ロンドンレコーディングを行い話題となった。
その後の2年間に「STAND AGAIN」「MAXIMUM ROCK 1991」「理由なき世代」「SHOUT&SHOUT!(Live)」と4枚のアルバムをリリースした。
The STRUMMERS(ザ・ストラマーズ)

The STRUMMERS(ザ・ストラマーズ)

スタイリッシュなルックス
アグレッシブなステージ
真っ直ぐなメッセージ

多くの若者を励まし、日本パンクロックの歴史に影響を与えた。

2017年5月9日にボーカル岩田美生が他界

岩田美生は、The STRUMMERSが30周年を迎えた2015年に初期の腎臓がんを罹患、早期発見により手術が成功したことを公表した。
しかし2017年3月、埼玉・HEAVEN'S ROCK Kumagaya VJ-1で開催されたライブイベント「PUNXX MANIA vol,4」を体調不良を理由に欠席。
多くのファンが復帰を待ち望む中、SNSの公式アカウントで腎臓がんの転移のため逝去したことが報告された。享年51歳
東京・長青山 梅窓院で行われた告別式には「喪服に限らずロックな正装でお越し下さい」と説明され、生涯ロックを愛し続けた岩田氏らしい式になった。

追悼企画としてライヴ盤『SHOUT&SHOUT!』を再リリース

The STRUMMERS「SHOUT&SHOUT!」DVDダイジェスト

パンクロックへのほとばしる情熱!
会場の熱気が画面越しにも伝わる至高のライブ。
岩田美生を悼み、名盤と言われながらも廃盤となっていた1992年4月17日川崎クラブチッタでのライブ盤をデジタルリマスターにて復刻発売。

未公開ライブ映像のDVDを特典とした2枚組とし、単なる復刻ではなくプラスアルファの魅力を盛り込んだ、プレミアム感の高いファン垂涎の内容となった。

SHOUT&SHOUT! | THE STRUMMERS(CD+DVD)

2,276
特典DVDには1992年4月17日に行われた『ROCK ROBBER TOUR』のファイナル“クラブチッタ川崎"のライブ映像11トラック(うち10トラック未公開)に加え、CDには収録されていない3曲をボーナス収録!
The STRUMMERS不変のパンクスピリッツを堪能できる貴重なライブ盤。
【CD収録曲(LIVE)】
1.THE YOUNG PUNKS
2.路地裏の不良少年-GO BOYS GO-
3.ROCK ROBBER
4.HOT ROAD
5.理由なき世代
6.I FOUGHT THE LAW
7.C'MON EVERYBODY
8.BREAK OUT
9.THE BASEMENT ROCKERS
10.PUNK BOY
11.20世紀の終わり
12.EVERYBDAY EVERYBODY
13.心のS.O.S.
14.探し続けよう
15.DREAMIN' BOY(Sha-la-la)
16.HARD RAIN BOMB
17.POLICE ON MY BACK
18.BASEMENT GANGSTER
19.CRAZY RAT RACE
20.BACK TO THE STREET
21.ANGRY YOUNG KIDS
22.MACHINE GUN R&R
23.SOUL SHAKEDOWN R&R
24.SHOUT&SHOUT!
25.STAND AGAIN
26.SO YOUNG
27.白い暴動
28.ハートせつなく(スタジオ新録音(当時))

【特典DVD内容】
01.THE YOUNG PUNKS ※
02.ROCK ROBBER
03.理由なき世代
04.THE BASEMENT ROCKERS
05.EVERYDAY EVERYBODY
06.心のS.O.S.
07.探し続けよう
08.HARD RAIN BOMB
09.ANGRY YOUNG KIDS
10.SOUL SHAKE DOWN R&R
11.[ending theme] THE WILD FOUR
〈BONUS映像〉(CD未収録曲)
12.ONE WAY STREET
13.明日なき街角
14.3-6-5 (in the cancer city)
(未公開=※以外)

THE STRUMMERS 結成30周年記念ライブのDVDも発売

30年目の衝突的精神 -GIG at SHIBUYA TSUTAYA O-WEST- The STRUMMERS

2,740
2015年結成30周年という節目に、突然襲った大病を克服した岩田の完全復活劇となったO-WESTでの記念アニバーサリーLIVEを完全ノーカット収録。
そして、結成メンバーのベースNAKAZ、26年ぶりにステージに登場したオリジナルギターのKIN、80年代末から90年代初期のビートを支えたTAKATO(Dr.)をゲス トに一夜限りのステージを行った80's THE STRUMMERSのLIVEはオールドファンのみならずの歓喜と奇跡の夜となった。
The STRUMMERSのファンはもちろん、今までパンクロックに興味が無かった人にも是非聴いて欲しい。

2018年1月25日(木)、新宿LOFTで追悼ライブ開催

The STRUMMERS PRESENTS “衝突的...

The STRUMMERS PRESENTS “衝突的精神”-IWATA FOREVER-

出演:The STRUMMERS / THE STAR CLUB / THE RYDERS / 早朝ピストンズ
guest:NAKAZ"DUB"ORIGINAL / TAKATO / KOZZY IWAKAWA (THE COLTS / THE MACKSHOW)

※入場者にストラマーズバンダナプレゼント!
前売り¥3,500 / 当日¥4,000(各Drink代別途)
チケット:10/22発売
ローソンチケット(L:71533) / チケットぴあ(P:348-230) / e+ / LOFT店頭
open 18:00 / start 18:45
contact:LOFT 03-5272-0382

The STRUMMERSを語る上で欠かせない存在、『ザ・クラッシュ』

The STRUMMERS(ザ・ストラマーズ)というバンド名は、イギリスのパンク・ロックバンド『ザ・クラッシュ』のボーカリスト、ジョー・ストラマー(Joe Strummer)に由来している。

ザ・クラッシュは「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第28位に選ばれ、2002年11月にはロックの殿堂入りが発表されている。
21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

The STRUMMERS、未公開映像を多数収録した作品を発表!

The STRUMMERS、未公開映像を多数収録した作品を発表!

2017年5月9日永眠されたヴォーカルIWATA氏の追悼企画として、1992年4月17日に行われた『ROCK ROBBER TOUR』のファイナルを再発することが決定しました!!1992年川崎クラブチッタでの伝説のライブが甦る!
90年代の【The Offspring】を名曲と共に振り返る

90年代の【The Offspring】を名曲と共に振り返る

この記事では、現在も活動を続けている【The Offspring】を、90年代の名曲と共に振り返りたいと思います。
つきねこ | 2,949 view
もんげー!Hi-STANDARD(ハイスタ)が16年ぶりの新曲を突如発売!事前告知なしネット配信なし!店頭へ急げ!

もんげー!Hi-STANDARD(ハイスタ)が16年ぶりの新曲を突如発売!事前告知なしネット配信なし!店頭へ急げ!

90年代を代表するパンク・ロックバンドのHi-STANDARD(ハイスタンダード)が新曲を発表した。一切の告知を行わず発売され、現在は店頭のみでの販売となっている。Hi-STANDARD(ハイスタンダード)の完全復活にTwitterなどは大いに盛り上がっている。
ノットサティスファイド!日本初、欲求不満の不良パンク『アナーキー』に迫る

ノットサティスファイド!日本初、欲求不満の不良パンク『アナーキー』に迫る

国鉄服に身を包み欲求不満をマイクにぶつける・・・ 80年代、一世を風靡した不良パンクバンド「アナーキー」の軌跡を振り返ってみましょう。
UT | 31,546 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト