子連れルーキーと呼ばれた阪神・湯舟敏郎!木戸克彦とのバッテリーは相性良し!!
2017年1月18日 更新

子連れルーキーと呼ばれた阪神・湯舟敏郎!木戸克彦とのバッテリーは相性良し!!

阪神タイガース、大阪近鉄バファローズで活躍した左腕・湯舟敏郎。1992~93年は連続二桁勝利を挙げるなど、エースとして阪神タイガースの暗黒時代を支えた。引退後は阪神タイガースの投手コーチや解説者も務めている。

3,910 view

阪神タイガースにドラフト1位で入団した左腕・湯舟敏郎

1966年10月8日生まれ。大阪府貝塚市出身。
投手。持ち球はストレート・スライダー・カーブ・フォークと多彩だった。
現役時代の登録名は「ゆふね」だったが、本名は「ゆぶね」と濁る。
湯舟敏郎(ゆふね としろう)

湯舟敏郎(ゆふね としろう)

【個人データ】
・身長 : 176 cm
・体重 : 82 kg
・投球・打席 : 左投左打

【経歴】
・興國高等学校
・奈良産業大学
・本田技研鈴鹿
・阪神タイガース (1991 - 2000)
・大阪近鉄バファローズ (2001)

【プロ生活】
・プロ入り : 1990年ドラフト1位
・初出場 : 1991年4月10日
・最終出場 : 2001年9月8日
阪神タイガース時代の背番号は「15」

阪神タイガース時代の背番号は「15」

湯舟敏郎 ≪プロ入り前≫

大阪・天王寺にあり、プロ野球選手を多数輩出している私立興國高等学校に進学。当時は左翼手であり、クリーンナップを打っていた。
その後、奈良産業大学に進学。野球部の第1期生として入学。
ここで「投手・湯舟敏郎」として活躍、エースに成長していく。2年春に1部リーグに昇格し、同年秋には優勝している。また、そのシーズンから近畿学生リーグ5連覇を果たした。

大学通算26勝2敗の非常に安定感のある成績を残している。4年時には第17回日米大学野球選手権の日本代表に、後に阪神タイガースでチームメイトとなる葛西稔らと共に選出された。
阪神タイガースで活躍した投手・葛西稔(かさい みのる)

阪神タイガースで活躍した投手・葛西稔(かさい みのる)

【プロフィール】
史上空前の大豊作ドラフトと言われた1989年のドラフト会議では野茂英雄の外れ1位で阪神タイガースに入団。
対ヤクルト戦では無類の強さを発揮し、5連勝を飾るなど「ツバメキラー」と呼ばれた。
1989年、藤村富美男の長男・藤村哲也が監督として率いていた本田技研鈴鹿に入社。
1年目からNTT東海の補強選手として都市対抗に出場するが、新日鐵堺の前に初戦敗退。この時、新日鐵堺には後に”トルネード旋風”を巻き起こす野茂英雄がいた。

その野茂らとともに全日本代表に選出され、後に「あの年の代表ならプロの力を借りずとも世界で戦えただろう」と言われるチームとなった。翌年はエースとしてチームを都市対抗出場に導き、社会人野球日本選手権にも出場。ベスト8進出を果たし、2年連続で全日本代表に選出されている。
1989年、8球団から1位指名を受けた新日鉄堺の野茂英雄

1989年、8球団から1位指名を受けた新日鉄堺の野茂英雄

湯舟敏郎 ≪プロ入り後≫

[阪神タイガース時代]

1990年ドラフトで小池秀郎の外れ1位として阪神タイガースに指名され入団することになった。この時すでに結婚しており、子供がいたため、「子連れルーキー」として話題になった。

ルーキーイヤーである1991年のオープン戦。湯舟の投球を見た監督の中村勝広から「大大大戦力」と評価された。この年こそ5勝11敗の成績だったが、キレのある速球とスライダーを武器に2年目の1992年に頭角を現し、6月14日の対広島カープ戦でチームとしては1973年の江夏豊以来19年ぶりとなるノーヒットノーランを達成。
その次の6月20日の対巨人戦でも勝ち、当時10連勝をしていた巨人の連勝を止めた。

しかし、シーズン終盤に一時抑えとして起用されるが、首位決戦であった10月7日のヤクルト戦で、優勝が遠のく、押し出し四球を与えての救援失敗があった。この中村監督の采配にファンからは不満が多く出た。
この年、湯舟は11勝を挙げ、6月・9月には月間MVPを獲得する活躍を見せるも、チームはヤクルトと最後まで優勝を争ったが、最終的には2位に終わった。

1991 湯舟敏郎 1

巨人相手に力投する湯舟。この日はバッターにタイミングを合わされ、苦しい投球。
1993年にはエースとなり、オールスターにも出場した。最終的に自己最多の12勝を挙げた。

1994年には初の開幕投手を務めるも、貧打も影響し、自身は規定投球回をクリアし防御率3.05の好成績を残しながらも5勝7敗に終わった。

1995年、2年連続の開幕投手に抜擢され自身最多の奪三振数を記録したが、前年以上にチームが貧打だった上に自身の被安打・被本塁打も増え、2年連続5勝に終わりリーグ最多敗戦投手となった。

1996年は不調に苦しみ、シーズン途中は先発ローテーションからも外れた。辛うじて規定投球回には達したが3年連続5勝止まりで14敗を記録。
当時右のエースであった藪恵壹と共に2年連続最多敗戦投手の不名誉な記録を残している。

1997年は不調から復活し、4年ぶりの10勝を挙げチーム2年連続の最下位脱出に貢献。

1998年、開幕から先発ローテーションに入っていたものの4月終盤に本塁バックアップ時に軸足を骨折し故障。結局この年の登板は4試合とシーズンの大半を棒に振った。
以降は軸足の故障から満足な成績を残すことができず、2000年オフに山崎一玄・北川博敏と共に酒井弘樹・面出哲志・平下晃司との3対3の交換トレードで大阪近鉄バファローズへ移籍することになった。
阪神タイガース時代

阪神タイガース時代

出典 ameblo.jp
【大阪近鉄バファローズ時代】

前年に3年ぶりの完封勝利、さらに8年ぶりのシーズン複数完封勝利を記録し復活の兆しもあったことや、投手不足だったチーム事情から2001年シーズン前、一時は移籍即開幕投手の声も上がっていた。しかし、開幕後はまたも故障に苦しみ、出遅れてしまう。

先発1試合・中継ぎ36試合の計37試合に登板。4月25日の対西武ライオンズ戦で通算60勝となる勝利を挙げ、チームもリーグ優勝を果たしたが、日本シリーズでの登板はなくシーズン終了後に現役を引退した。
2000年10月30日、湯舟の大阪近鉄バファローズ移籍...

2000年10月30日、湯舟の大阪近鉄バファローズ移籍を伝える新聞

選手としての特徴は「ポーカーフェイス」

現役時代は打たれても抑えていても、感情を表情に出さず、常に穏やかな表情でマウンドに上がっていたことから「球界屈指のポーカーフェイス」と呼ばれた。

また、阪神タイガース時代は木戸克彦と相性がよく、名コンビと知られた。湯舟が1992年6月14日の対広島カープ戦でノーヒットノーランを達成した際は、普段四球を与えると怒る木戸が「四球にしろ。絶対に打たれるな」と言っていたと湯舟本人が振り返っている。

90年代の阪神タイガースは優勝から長らく見放され、暗黒時代ともされる下位の常連であった頃で、打線に恵まれない中でエースとしてチームを支えた。
木戸克彦

木戸克彦

【プロフィール】
1982年ドラフト1位で阪神タイガースに入団した。
レギュラーとして活躍するも、視力の低下で眼鏡をかけての出場を余儀なくされたり、慢性的な右肩の故障に苦しんだ。
現役晩年は相性の良さを買われていた湯舟敏郎が登板する試合のみでスタメンマスクという起用が多かった。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

神からお告げを受ける男!阪神の超絶大物助っ人「マイク・グリーンウェル」の魅力!!

神からお告げを受ける男!阪神の超絶大物助っ人「マイク・グリーンウェル」の魅力!!

1997年に超大型助っ人として阪神に入団した「グリーンウェル」って覚えてますか?この記事では彼の成し遂げた数々の伝説について書いてみたいと思います。
あなたも甲子園のマウンドに!?甲子園のリリーフカーを体感できるVRが甲子園歴史館に登場!!

あなたも甲子園のマウンドに!?甲子園のリリーフカーを体感できるVRが甲子園歴史館に登場!!

甲子園歴史館で導入されている「VR映像」に、このたび第3弾として「プロ野球リリーフカー体感VR」が登場!憧れのプロ野球選手になりきりたい親子は必見です!
隣人速報 | 227 view
「しくじり先生」に元阪神・新庄剛志が登場!番組史上最大級のお金に関する失敗談を披露!現在住むバリ島から緊急来日!

「しくじり先生」に元阪神・新庄剛志が登場!番組史上最大級のお金に関する失敗談を披露!現在住むバリ島から緊急来日!

人気バラエティ「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」に、元プロ野球選手で、メジャーリーグでも活躍した新庄剛志と、「進ぬ!電波少年」(日本テレビ)で人気者になったお笑いタレントの坂本ちゃんが登場する。
巨人の三本柱の一角・斎藤雅樹の「野球殿堂入りを祝う会」に王貞治ら球界関係者350人が出席!

巨人の三本柱の一角・斎藤雅樹の「野球殿堂入りを祝う会」に王貞治ら球界関係者350人が出席!

巨人・斎藤雅樹2軍監督の「野球殿堂入りを祝う会」が東京・文京区の東京ドームホテルで開かれた。王貞治ソフトバンク球団会長を始め、金田正一氏、堀内恒夫氏、原辰徳前巨人監督、高橋由伸監督ら球界関係者350人が出席した。
野茂の親友!ハゲ魔神・佐野重樹(慈紀)!中継ぎ初の1億円プレーヤー!

野茂の親友!ハゲ魔神・佐野重樹(慈紀)!中継ぎ初の1億円プレーヤー!

90年代に近鉄バファローズ(大阪近鉄バファローズ)で活躍した投手。ハゲ魔神こと佐野重樹(慈紀)。野茂英雄の親友としても知られ、明石家さんまの番組等でも共演。お茶の間の人気を集めた。近鉄時代は1億円プレーヤーだった佐野重樹(慈紀)を振り返る。
ひで語録 | 6,493 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト