昭和を彩った2大俳優、渥美清、三船敏郎が共演した超貴重作『男はつらいよ 知床慕情』。マドンナ、竹下景子のショートカットも抜群!
2017年5月26日 更新

昭和を彩った2大俳優、渥美清、三船敏郎が共演した超貴重作『男はつらいよ 知床慕情』。マドンナ、竹下景子のショートカットも抜群!

あの「世界のミフネ」が寅さん渥美清と共演して話題になった『男はつらいよ 知床慕情』。マドンナ、竹下景子や劇中で三船のラブロマンスの相手となる淡路恵子といった豪華共演者とともに、北海道知床の雄大な景色を舞台に送るシリーズ第38作目だ。日本の誇る大ロードムービー「男はつらいよ」シリーズの中でも人気の本作を紹介する。

1,963 view

「世界のミフネ」と寅さんの豪華共演作!

 国民的映画ともいわれた「男はつらいよ」シリーズにあの「世界のミフネ」が登場! 日本を代表する昭和の2大スターの共演は、話題になった。
 また、「子連れ狼」萬屋錦之介との約20年もの結婚生活に終止符を打ち、女優復帰した淡路恵子の出演も話題に。劇中の三船と淡路のラブロマンスはある意味、見ものでもある。
第38作 男はつらいよ 知床慕情

第38作 男はつらいよ 知床慕情

ドーンと両雄並び立つの図。「世界のミフネ」ともなると、主役の渥美清と同等の扱いとなる。さすがだ。

「寅さんの夢」から始まらない新鮮なオープニング!

「さまざまな こと思い出す 桜かな」
琴の音と寅さんのそんな一句から始まる本作。シリーズ恒例の「寅さんの夢」からの始まりではない。それがある意味、新鮮だ。全48作のうち、「寅さんの夢」が冒頭にないのは15作品。そのうちの一つである。
 花見客で賑わう川沿いの満開の桜。そんな風景の中、寅さんが思い出を語る。
「満開の桜を眺めておりますと、わたくしのような愚か者でも、さまざまなことを思い出します。思い起こせば、親父と大喧嘩をした16の春。これが見納めかと、涙をこぼしながら歩いた江戸川の土手は一面の桜吹雪でございました。今では一本も残っておりませんが、わたくしがガキの時分、江戸川堤は桜の名所だったのでございます。毎年春になると、両親に連れられ、妹さくらの手を引いて、花見見物に出かける時のあのワクワクする楽しい気持ちを今でもまざまざと思い出します。あっ、申し遅れました。わたくしの故郷と申しますのは東京は葛飾柴又、江戸川のほとりにございます」
 ここで、あの主題歌だ! 「寅さんの夢」から始まらないこんなオープニングもじつに味がある。
ちなみに、現在の江戸川堤は河津桜が植えられているようで、寅さんの子供のころのような桜が見られるらしいが……。
 (1870075)

ということで、歌詞付きの主題歌を。
なかなかに深い歌詞だ。

日本最高のロードムービー「男はつらいよ」シリーズ

 間違いなく、日本最高のロードムービーといっていい。各地の郷愁を誘う風景を観ながら、僕らは寅さんと一緒に旅をする。そして、一緒に柴又に帰ってくるのだ。
 ちなみに、ロードームービーといえば、主人公の成長や再生の物語というのが一般的だ。しかし、寅さんはたぶん成長はしていない。自分を顧みることはほとんどないし、ずっとあのままだ。それこそが僕らの寅さんなのだが・・・。
 再生という意味では失恋から立ち直るという部分が少しあてはまるかもしれないが、それだけだ。なんとも異色のロードームービーと言えるかもしれない。
 寅さんは、1969年の第1作目で京都、奈良を訪れてから、1995年の第48作目の鹿児島、岡山、兵庫まで、それこそ、北は北海道から南は沖縄まで44都道府県を旅してきた。ほぼ全国で行われたロケだが、埼玉、富山、高知では行っていない。
 ただし、寅さんが実際に訪れた場所とロケ地が異なっている作品もある。第24作目『男はつらいよ 寅次郎春の夢』ではアメリカのアリゾナ・ロケを敢行。渥美清も参加したものの本編では使われていない(特報のみで使用)。
 なお、ロケ地詳細については、以下のサイトで確認できる。
ちなみに、ロケ地の県別ベスト3は以下の通り! 
やはり、北海道、長崎という北と南の観光地が強かった。
▶1位 北海道
 (1870919)

初の北海道ロケは、シリーズ5作目の『男はつらいよ 望郷編』。渥美さんもさすがに若い。テレビドラマでさくら役を演じた長山藍子がマドンナだった。
▶2位 長崎
 (1870923)

長崎ロケの最初は、シリーズ6作目の『男はつらいよ 純情編』。マドンナは若尾文子だった。3位の静岡の初ロケもこの作品。
▶3位 静岡/長野

 

静岡は、10作目の『男はつらいよ 寅次郎夢枕』。マドンナは八千草薫。八千草さん、可愛いっす。寅さんのプロポーズ(?)が見られる!

寅さん第38作目『男はつらいよ 知床慕情』・・・

 本作の舞台は、北海道知床。
 寅さんは、その地で、まさに武骨という言葉そのままの老獣医、上野と出会う。ヒッチハイクで上野の車に乗り込み、意気投合した寅さんは、上野の家にしばらく居候となる。妻を亡くした上野は近所のスナックのママ、悦子になにやら面倒を見てもらっていた。
 そんな折、上野の一人娘、りん子が東京から帰ってくる。結婚に失敗したりん子に例によって一目ぼれの寅さん。しばらくの間、楽しく過ごすが、頑固で不器用な上野とりん子は、寅さんなしでは、つい喧嘩してしまい、なかなか普通にコミュニケーションがとれないのだった……。
 (1870950)

いつもの柴又シーン。みなさん、お若い。
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「男はつらいよ」のマドンナと言えば誰?寅さんに関する全国の男女約23,000人へのアンケートを実施!

「男はつらいよ」のマドンナと言えば誰?寅さんに関する全国の男女約23,000人へのアンケートを実施!

国民的娯楽映画シリーズ「男はつらいよ」。同シリーズの主人公・寅さんやマドンナに関連したアンケートを、「勝手にランキング(株式会社ディーアンドエム)」が行った。マドンナなどのアンケート結果をお伝えする。
葛飾柴又寅さん記念館が開館20周年!山田洋次と倍賞千恵子が26日の式典に登場!

葛飾柴又寅さん記念館が開館20周年!山田洋次と倍賞千恵子が26日の式典に登場!

「葛飾柴又寅さん記念館」の開館20周年を記念した企画が、26日(土)から開催される。同日には山田洋次さんと、寅次郎の妹であるさくら役の倍賞千恵子さんが来館する。
竿の先に黄色いハンカチ、それは夫婦の愛の約束!映画「幸福の黄色いハンカチ」

竿の先に黄色いハンカチ、それは夫婦の愛の約束!映画「幸福の黄色いハンカチ」

山田洋次監督。高倉健、倍賞千恵子、武田鉄矢に桃井かおり。錚々たるメンバーで描かれた人情映画「幸福の黄色いハンカチ」。ナンパな男を演じる欽也(武田鉄矢)と欽也に声をかけられた朱美(桃井かおり)。若い二人と道中を共にする勇作(高倉健)。不器用な勇作の妻・光枝(倍賞千恵子)が示した一途な純愛、それはそう「幸福の黄色いハンカチ」。
チロルチョコ | 1,933 view
名言の宝庫!映画「男はつらいよ」!23日に『寅さん語録』が発売!フーテンの寅の一言は心に刺さる!

名言の宝庫!映画「男はつらいよ」!23日に『寅さん語録』が発売!フーテンの寅の一言は心に刺さる!

23日にぴあより映画「男はつらいよ」の主人公、寅さんこと車寅次郎の名言を集めた一冊、「寅さん語録 −寅さんが教えてくれる 今を生きるための50のメッセージ−」が発売される。寅さんがふいに故郷の葛飾柴又に戻ってきて大騒動を起こす同作では、数々の名言が生まれている。
【男はつらいよ!】寅さんの名物口上に舌を巻く。人生の達人名言集。

【男はつらいよ!】寅さんの名物口上に舌を巻く。人生の達人名言集。

【男はつらいよ】寅さんの名物口上集。渥美清さん演じる「フーテンの寅」こと車寅次郎が、故郷の葛飾柴又に戻ってきては何かと大騒動を起こす人情喜劇シリーズでした。毎回旅先で出会った「マドンナ」に惚れつつも、失恋するか身を引くかして成就しない寅次郎の不器用な生き様、そんな寅さんだからこその名言があります。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト