70~80年代に流行った「アンノン族」とは?
2017年11月4日 更新

70~80年代に流行った「アンノン族」とは?

山ガールやリケジョなど、いつの時代も何かに夢中になる女子を、世間はカテゴライズしたがります。1970年代から80年代にかけて流行した「アンノン族」もその一つ。創刊したばかりの『an・an(アンアン)』『non-no(ノンノ)』片手に、オシャレな国内旅行をする女子たちを指したこの社会現象について今回振り返ってみました。

5,756 view

○○女子、○○ガール…時代を問わず存在する女たちの群れ

いつの時代も存在する、何かに夢中になる女子。彼女たちは、世間から一括りにカテゴライズされ、その特性・嗜好を鑑みたうえで、言い得て妙な名前を一つ授けられます。1990年に流行語となった「オヤジギャル」然り、2014年に小保方さんの登場で人口に膾炙するようになった「リケジョ」、他にも、森ガール、山ガール、歴ジョ、鉄子など、枚挙に暇がありません。
萌ゆるッ 山ガール!! 篠崎愛

萌ゆるッ 山ガール!! 篠崎愛

山ガールをフィチャーしたイメージビデオも・・・
「アンノン族」も、そんな一世を風靡した女たちの一分類。簡単に説明すると、雑誌『an・an(アンアン)』『non-no(ノンノ)』片手に、日本各地を旅する女子のことを指します。

女子たちのファッション・ライフスタイルに大きな影響を与えた、『an・an(アンアン)』と『non-no(ノンノ)』

雑誌『an・an(アンアン)』が、マガジンハウス(旧・平凡出版)から創刊されたのは1970年のこと。対して『non-no(ノンノ)』は、集英社から1年遅れの1971年に創刊されました。どちらも女性向けファッション雑誌の草分け的存在であり、一説によるとクリスマスをカップルで過ごすという今では当たり前となった文化も、80年代の『an・an』の特集記事から生まれたということで、その影響力の大きさたるや計り知れません。

この『an・an(アンアン)』と『non-no(ノンノ)』は、創刊期である1970年代、20代女子へ新しいライフスタイルを提唱すべく、さまざまな特集記事を組んでいました。ファッションはもちろん、グルメ、カルチャー、そして旅…。大きなカラー写真を用いてビジュアルにも凝った構成にしていたため、瞬く間に女性たちのハートをキャッチしていったのです。
an・an

an・an

かつて女の一人旅は、変に思われることも多かった

中でも注目を集めたのは「旅」について。今となっては考えられませんが、70年代以前まで女性の一人旅というのは、ひじょうに珍しいものでした。仮に女一人で宿に泊まろうものなら「何かのっぴきならないワケがあるのでは?」と疑われて、宿主から入室拒否されることもあったのだとか。ホテルはおろか、漫画喫茶でさえ、女性専用の施設が当たり前のように存在する現代からしたら考えられないというものです。
今や漫画喫茶も「女性専用」があって当たり前の時代に。

今や漫画喫茶も「女性専用」があって当たり前の時代に。

1960年代後半に現れた「カニ族」が「アンノン族」の原型に?

この古き因習に変化の兆しが見られたのは、1960年代後半。横長の大型リュックサックを背負った姿で低予算の旅行に出かける若者たち通称「カニ族」が登場し始めたことにより、若い世代の貧乏旅行が一つのカルチャーとして定着し始めたのです。

大学生を中心として巻き起こったこのムーブメントは、当然ながら、若い女性にも波及。この流れを受けて、女子の一人旅、あるいは、少人数の旅行をよりカジュアルに、より洗練されたものにすべく、特集を組んでいたのが『an・an』であり、『non-no』だったというわけです。

京都、軽井沢、清里高原などが人気だった

「アンノン族」の中心とされた世代は、18・19歳頃の大学生から20代中頃社会人まで。彼女たちが旅の主目的にしたのは、おいしい料理と美しい景観、歴史的建造物などです。
具体的な場所でいうと、京都の大原や嵯峨野、軽井沢、飛騨高山、輪島、清里高原が人気に。特に清里は、アンノン族が大挙して押し寄せて1970年代~1980年代に一大ブームとなり、ペンションやタレントショップ、ファンシー調のカフェなどが乱立。明らかに、若い女性層向けの街へとつくりかえられたのでした。

こうした清里などの成功を受けて各地方自治体は、アンノン族の獲得こそ、地域活性化につながるとして、次々と若い女性観光客を呼び込むための取り組みを実践。大分県の温泉地・由布院などは、成人男性向けの歓楽街を排除し、若い女性が安心して訪れられるクリーンな街づくりに着手したりもしました。
清里高原

清里高原

さだまさしの歌の歌詞にも出てきた「アンノン族」

こうしたアンノン族の流行を、歌手のさだまさしは1977年にリリースした自作曲『絵はがき坂』で次のように歌っています。
同じ様にジーンズ着て アンアン・ノンノ抱えた
若いお嬢さん達が今 シャッターを切った
この歌詞、「同じ様にジーンズ着て」=「量産型女子」、「若いお嬢さん達が今 シャッターを切った」=「SNS映え狙いの写真撮影」と変換することもでき、40年も昔のことなのに、今と寸分変わらぬ若い女子たちの価値観を垣間見ることができます。

そんな今や、50~60代のシニア世代となったかつてのアンノン族が、自分の娘よりも下の世代にあたるイマドキ女子たちの奇抜なファッションや、インスタ映えに躍起になっている姿に白い目を向けていたりするのだから、消費社会とは不思議なものです。
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
「東京ラブストーリー」で関口さとみを演じた!女優・有森也実(53)が19年ぶりに写真集を発売!!

「東京ラブストーリー」で関口さとみを演じた!女優・有森也実(53)が19年ぶりに写真集を発売!!

ワニブックスより、女優・有森也実(ありもり なりみ)の写真集『prayer』が発売されることが明らかとなりました。発売予定日は10月22日、価格は3300円(税込)。
隣人速報 | 15,446 view
【昭和の特撮美女】嗚呼、麗しのウルトラヒロイン

【昭和の特撮美女】嗚呼、麗しのウルトラヒロイン

桜井浩子やひし美ゆり子など、昭和を彩ったウルトラヒロイン達。日本を代表する特撮ウルトラシリーズにおける彼女の美しさを集めた記事となっております。また、YouTube動画も製作しました。ご堪能下さい!!
『アサヒ生ビール(通称:マルエフ)』の缶が28年ぶりに復活!新垣結衣が出演する新CMにも注目!!

『アサヒ生ビール(通称:マルエフ)』の缶が28年ぶりに復活!新垣結衣が出演する新CMにも注目!!

アサヒビールがこのたび、80年代から90年代にかけて“マルエフ”の愛称で親しまれ、現在は飲食店で樽生のみ展開している『アサヒ生ビール』の缶(350ml・500ml)を発売することが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,310 view
ゆうきまさみ「究極超人あ~る」がビッグコミックスピリッツに読み切りで登場!近年のゆうきまさみ関連のニュースも紹介!

ゆうきまさみ「究極超人あ~る」がビッグコミックスピリッツに読み切りで登場!近年のゆうきまさみ関連のニュースも紹介!

SFギャグ漫画「究極超人あ~る」が、現在発売中の小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」の36・37合併号に、読み切りとして掲載されていることが明らかとなりました。
隣人速報 | 5,995 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト