秋の夜長にはアコースティックが似合う。だったら、やっぱりMTVアンプラグドですよね。
2020年11月24日 更新

秋の夜長にはアコースティックが似合う。だったら、やっぱりMTVアンプラグドですよね。

MTVアンプラグドのレギュラー放送は、1989年から1999年まで行われました。番組から主だったミュージシャンをピックアップして、今の季節にピッタリの名曲、名演を紹介します。

311 view

アンプラグド~アコースティック・クラプトン

90年代に流行った音楽用語のひとつに「アンプラグド」があります。アコースティックではなくアンプラグドと呼んだところが新鮮でオシャレでしたねぇ。当時、日本人の多くは意味分からんかったと思いますが。。。
この言葉が一般化したのはMTV内の同名のライブ番組からです。この番組「MTVアンプラグド」は1989年から1999年までレギュラー放送されていました。現在でも時折不定期に放送されていますが、やはりインパクトがあったのはレギュラー放送時代ですね。普段あまり見かけることのないレジェンド級の大物アーティストが出ていましたから。
中でもエリック・クラプトン。彼のライブの模様を収録したCD、DVDの成功によって「MTVアンプラグド」の認知度は日本でも一気に高まりました。
アンプラグド~アコースティック・クラプトン

アンプラグド~アコースティック・クラプトン

1:サイン
2:ビフォー・ユー・アキューズ・ミー
3:ヘイ・ヘイ
4:ティアーズ・イン・ヘヴン
5:ロンリー・ストレンジャー
6:ノーバディ・ノウズ・ユー
7:いとしのレイラ
8:ランニング・オン・フェイス
9:ウォーキン・ブルース
10:アルバータ
11:サンフランシスコ・ベイ・ブルース
12:モルテッド・ミルク
13:オールド・ラヴ
14:ローリン&タンブリン
エリック・クラプトンのアルバム「アンプラグド~アコースティック・クラプトン」は、グラミー賞6部門で賞を獲得し、全世界でなんと2,600万セットも売り上げる大ヒットとなりました。これによって若干低迷気味だったエリック・クラプトンのキャリアも活性化しました。

アルバムタイトルに偽りなしで、アンプラグドなだけにアコースティックなわけですが、エレキをギンギンに弾きまくっていた名曲「いとしのレイラ」がグッとシブく大人の曲に様変わりしていて驚かされたものです。

Eric Clapton - Layla (Unplugged 1992) (Promo Only)

ライブの楽しみの一つに、ライブでしか披露されないカバー曲というのがあります。本作でもロバート・ジョンソンの「ウォーキング・ブルース」やマディ・ウォーターズの「ローリン&タンブリン」をはじめ、実に多くのカバー曲を披露しています。全14曲中、9曲がカバー。カバーが聴けるのはライブでの楽しみとはいえ、ちょっと多すぎないかと心配にさえなりますが、どの曲も素晴らしい出来栄えですからねぇ。改めてブルースが好きなんだなぁが分かる大人の1枚です。
通常のライブよりもカバー曲が多めと言うのはエリック・クラプトンに限らず「MTVアンプラグド」の特徴でもありますね。皆さんリラックスしてるということかもしれないです。

本作は「アンプラグド・アルバムを1990年代前半の流行にしたアルバム」と評されただけあって、以降多くのMTVでのライブを収めたアンプラグド・アルバムが世に出ることになります。ということで、代表的なアンプラグド・アルバムを集めてみました。

MTV アンプラグド・イン・ニューヨーク

カバー曲が聴けるのはライブの楽しみということでは「MTV アンプラグド・イン・ニューヨーク」もそうでしょうね。通常とはひと味違うライブを披露したニルバーナの作品です。このアルバム、MTVだとかアンプラグドだとかと関係なく名盤といって良いでしょう。
MTV アンプラグド・イン・ニューヨーク

MTV アンプラグド・イン・ニューヨーク

1. アバウト・ア・ガール
2. カム・アズ・ユー・アー
3. ジーザス・ダズント・ウォント・ミー・フォー・ア・サンビーム(ヴァセリンズのカバー)
4. 世界を売った男(デヴィッド・ボウイのカバー)
5. ペニーロイヤル・ティー
6. ダム
7. ポリー
8. オン・ア・プレイン
9. サムシング・イン・ザ・ウェイ
10. プラトゥー(ミート・パペッツのカバー)
11. オー・ミー(ミート・パペッツのカバー)
12. レイク・オブ・ファイア(ミート・パペッツのカバー)
13. オール・アポロジーズ
14. ホエア・ディド・ユー・スリープ・ラスト・ナイト(レッドベリーのカバー)
全14曲中、カバーは5曲。ミート・パペッツのカバーを3曲も演っているのは、まぁ、演りたかったんでしょうけど流石に3曲は多いようにも思えますね。が、違和感はありません。因みに、クリス・カークウッド、カート・カークウッド (共にミート・パペッツ) の二人がサポートというかゲストで入っています。

ステージは葬儀をイメージしたものになっていますが、翌年皮肉にも、ボーカルのカート・コバーンが猟銃自殺してしまいます。この事は不謹慎だとは思いますが、番組で最高のエピソードと言われています。
只、それだけに留まらず「MTV アンプラグド・イン・ニューヨーク」はローリング・ストーン誌が選んだ「オールタイム・ベスト・ライヴ・アルバム50」に於いて10位に選出されており、ニルヴァーナの最も重要なアルバムに数えられてもいます。

Nirvana - The Man Who Sold The World (MTV Unplugged)

それにしても、デヴィッド・ボウイをカバーするとは思いませんでした。しかも「世界を売った男」という比較的地味な曲を。オリジナルに忠実なアレンジですが、流石に雰囲気ありますねぇ。

ところで、この時にカート・コバーンが着ている毛玉ありのカーディガンは、オークションで約3600万円という高値で落札されたんですよ。

UNPLUGGED...AND SEATED / アンプラグド

インプレッションズ(ピープル・ゲット・レディ)、サム・クック(パーティを開こう)、ヴァン・モリソン(ハヴ・アイ・トールド・ユー・レイトリー)、トム・ウェイツ(トム・トラバーツ・ブルース)、キャット・スティーヴンス(さびしき丘)などなど、これまた多くのカバーを披露してくれたロッド・スチュワート。もともと歌の上手いヒトですが、アンプラグドとなると尚更歌の上手さが際立ちます。
UNPLUGGED...AND SEATED / アン...

UNPLUGGED...AND SEATED / アンプラグド

1:ホット・レッグス
2:今夜きめよう
3:ハンドバッグと外出着
4:カット・アクロス・ショーティー
5:エヴリィ・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー
6:マギー・メイ
7:リーズン・トゥ・ビリーヴ
8:ピープル・ゲット・レディ
9:ハヴ・アイ・トールド・ユー・レイトリー
10:トム・トラバーツ・ブルース
11:さびしき丘
12マンドリン・ウインド
13:ハイゲート・シャッフル
14:ステイ・ウィズ・ミー
誰の曲であろうとロッド・スチュワートが歌えば、もうそれはロッドの曲になる。あの声ですよ。魅力的ですよねぇ。
しかし、ここで嬉しいのは何と言ってもゲストです。そう、現在ローリング・ストーンズのギタリストとして活躍している盟友ロン・ウッドの参加です。2人が在籍していたフェイセズの楽曲「ステイ・ウィズ・ミー」が聴ける喜びはデカイです。
更には、ロン・ウッドも参加していたアルバムで、イギリスとアメリカの両国で、ロッド初のチャート1位を獲得した「エヴリ・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー」。そこからシングルカットされ、これも大ヒットとなった「マギー・メイ」をロン・ウッドのギターで聴ける。これは嬉しい!アレンジも良いですし、盛り上がります。

Rod Stewart - Maggie May (Live Unplugged)

昔の仲間と久々の競演。これは観てる方も、演ってる方も楽しいに違いありません。MTVアンプラグドでは、こうした旧友との再会がバンドの再結成につながったという例もあるんですよ。次にご紹介するキッスがそうです。

MTV アンプラグド : キッス ― 地獄の再会

アコースティックだというのに何と毒々しい邦題なんだ!と、思われた方もいらっしゃることでしょう。その気持ち、確かに分からなくは在りません。が、これで良いんです!
なぜ良いのかと言うと、70年代にリリースされたアルバムタイトルには全て「地獄」という言葉が使われていたんです。70年代が彼らの絶頂期だったというだけではありませんよ。70年代はオリジナル・メンバーだったんです。そして、MTV アンプラグドで、脱退していた2人のオリジナルメンバーがゲストで登場するんです。なので、アルバムの邦題に「地獄」がつくのは当然というか、付けてくれないとピンとこないわけです。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

90年代に一世を風靡したMTVアンプラグドを憶えていますか?

90年代に一世を風靡したMTVアンプラグドを憶えていますか?

MTVの番組「アンプラグド」に出演したエリック・クラプトンが、その模様をライブ・アルバムとして発表したところ空前の大ヒットとなり、90年代にアンプラグド・ブームが巻き起こりました。覚えていますか?人気アーティストがアコースティックで奏でる名曲の数々を聴くのは至福のひと時です。
obladioblada | 2,028 view
名曲がいっぱい!80年代に流行った洋楽デュエット・ソング!

名曲がいっぱい!80年代に流行った洋楽デュエット・ソング!

80年代の洋楽ヒット・チャートを振り返ってみますと、デュエット・ソングが多くランクインしていることに気づきます。特に大物アーティスト同士だと話題性もバツグンで、皆さんも思わず口ずさんでしまうメロディーが多々あるのではないでしょうか?今回は、そんな思い出に残るデュエット・ナンバーをまとめてみました!
Gaffa | 51,500 view
全部覚えてたらスゴイ?何年経っても歌えちゃう懐かしのCMソングまとめ

全部覚えてたらスゴイ?何年経っても歌えちゃう懐かしのCMソングまとめ

記憶力が衰えてきてもなぜか歌えてしまう昔のCMソング。20年以上も昔のCMでもハッキリ覚えている曲、意外とありますよね!あの頃は覚えやすいキャッチーなCMがたくさんありました。全部歌えちゃうほど懐かしいCMソングをまとめてみました。
snomama | 739 view
今こそ振り返ろう、嵐主演ドラマ『Vの嵐』を!

今こそ振り返ろう、嵐主演ドラマ『Vの嵐』を!

2020年いっぱいで活動を休止した嵐。そんな今だからこそ彼らの原点であるデビュー当時を振り返ってみたくなりました。5人が出演した多くの作品の中から今回は嵐がグループとして初めて主演を務めた『Vの嵐』というドラマに注目します。
mimi | 70 view
あなたはいくつ覚えている?90年代に活躍したヴィジュアル系バンド特集

あなたはいくつ覚えている?90年代に活躍したヴィジュアル系バンド特集

90年代。男性が化粧をするいわゆる「ヴィジュアル系バンド」がブームになりましたよね。強烈なインパクトを与えてくれたバンドたち、覚えていますか?
saiko | 4,376 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト