映画「プリティ・イン・ピンク」はザ・サイケデリック・ファーズの楽曲からタイトルがとられてるんですよ
2017年3月28日 更新

映画「プリティ・イン・ピンク」はザ・サイケデリック・ファーズの楽曲からタイトルがとられてるんですよ

ザ・サイケデリック・ファーズの楽曲からタイトルがとられた80年代を代表する青春映画のひとつ「プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角」。今でも人気の高いこの映画とタイトル曲でアメリカでブレイクした純英国のカリスマ・バンドであるザ・サイケデリック・ファーズを1人でも多くの人に知ってもらいたいです。

2,498 view

The Psychedelic Furs

ザ・サイケデリック・ファーズ

ザ・サイケデリック・ファーズ

出身地:イングランド、ロンドン
ジャンル:ポストパンク、アート・パンク、ニュー・ウェーヴ、オルタナティヴ・ロック
活動期間:1977年~1991年、2000年~現在
1980年にデビューしたイギリスのバンド「ザ・サイケデリック・ファーズ」のことを今でも憶えているヒトは少ないように思います。いえ、当時でさえ知っていたのはごく一部のロック・ファンだけでした。しかし、ザ・サイケデリック・ファーズの楽曲をタイトルにした映画「プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角」は当時青春を謳歌していたヒトであればご記憶があるかもしれませんね。

映画と合わせてそんなザ・サイケデリック・ファーズをご紹介したいと思います。

ザ・サイケデリック・ファーズは、ポストパンクとしてデビューした当時は6人組のバンドです。多いですね。今も昔も6人組のバンドというのはあまりいませんが、メンバーが多い理由としては、サックス奏者がいるためです。
サックス奏者がいる6人組といえば思いつくのが、同じくイギリスのバンドのロキシー・ミュージックですね。その後、メンバーが抜けていき3人なってしまうところも同じです。
甘美的な曲やボーカルスタイルにボーカリストがカリスマ性を持っているということなどロキシー・ミュージックとの類似性が見受けられます。更に、名前が示すように1960年代のサイケデリック、中でもヴェルヴェットアンダーグラウンドに影響を受けているようです。
リチャード・バトラー

リチャード・バトラー

1956年6月5日生
ザ・サイケデリック・ファーズは、ボーカルのリチャード・バトラーとベースのティム・バトラーの兄弟を中心に構成されています。特にリチャード・バトラーの存在が大きく音楽的にもビジュアル的にもカリスマ性を発揮しています。当時はワイズ(Y's・ヨウジヤマモト)の服を着ていると話題になりました。

さて、そんなオシャレな一面のあるザ・サイケデリック・ファーズですが、アルバム・ジャケットを見ると分かるようにやはりサイケデリックのムードが濃厚に漂っています。
サイケデリック・ファーズ

サイケデリック・ファーズ

収録曲

1. インディア
2. シスター・ヨーロッパ
3. イミテイション・オブ・クライスト
4. フォール
5. パルス
6. ウィ・ラヴ・ユー
7. ウェディング・ソング
8. ブラックス / レイディオ
9. フラワーズ
少ないコードの繰り返しの上に、インプロビゼーションの演奏が載せられていくスタイルを身上とした。他グループにはあまり見られないサックスが印象的。
1980年にリリースされたファースト・アルバムです。ジャケットの雰囲気が最高ですね。色違いのジャケットもありマニア心をくすぐります。

Talk Talk Talk

Talk Talk Talk

Talk Talk Talk

収録曲

  1. Dumb Waiters
  2. Pretty In Pink
  3. I Wanna Sleep With You
  4. No Tears
  5. Mr. Jones
  6. Into You Like A Train
  7. It Goes Down
  8. So Run Down
  9. All Of This And Nothing
  10. She Is Mine
1981年にリリースされたセカンド・アルバム「Talk Talk Talk」は、前作に引き続きスティーブ・リリーホワイトがプロデュースしています。アルバム・ジャケットはヴェルヴェットアンダーグラウンドというよりも、ヴェルヴェットアンダーグラウンドをプロデュースしたことでも知られるアンディ・ウォーホルの作品を思わせるデザインです。

それはともかく、このアルバムには「プリティ・イン・ピンク」が収録されています。ファンの間では評判の良いアルバムですが、一般的には映画「プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角」は1986年の公開ですから、この時点ではまだ知る人ぞ知る曲といったところです。

この後、1982年に「Forever Now」、1984年に「Mirror Moves」と順調にアルバムをリリースしていきます。特に「Mirror Moves」に収録されている「Heaven」はシングルとしてもヒットしサイケデリック・ファーズの人気は一般にも浸透していきます。

PSYCHEDELIC FURS-HEAVEN

そして、1986年に映画「プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角」は公開されます。

Pretty in Pink

「プリティ・イン・ピンク~恋人たちの街角」オリジナル・...

「プリティ・イン・ピンク~恋人たちの街角」オリジナル・サウンドトラック

収録曲

  1. イフ・ユー・リーヴ(O.M.D.)
  2. レフト・オブ・センター(スザンヌ・ヴェガ・フィーチャリング・ジョー・ジャクソン)
  3. ゲット・トゥ・ノウ・ヤ(ジェシー・ジョンソン)
  4. ドゥ・ウォット・ユー・ドゥ(イン・エクセス)
  5. プリティ・イン・ピンク(サイケデリック・ファーズ)
  6. シェル・ショック(ニュー・オーダー)
  7. ラウンド・ラウンド(ベルイー・サム)
  8. 恋はせつなく(ダニー・ハットン)
  9. ダンシング・ホーシズ(エコー&ザ・バニーメン)
  10. プリーズ・プリーズ・プリーズ(ザ・スミス)
エコー&ザバニーメンにスミス、ニューオーダーにサイケデリックファーズとあの時代のかっこいいバンドが勢ぞろい。映画もあの時代の人には最高の映画。なんかとってもいい時代だったなあ。
監督はハワード・ドゥイッチ、製作・脚本、ジョン・ヒューズ、主演モリー・リングウォルドで贈る1986年公開のアメリカ映画「プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角」です。
内容は、ラブストーリーというか、学園を舞台にした青春映画で、分かりやすく、スカっとする後味の良い映画です。この映画は評論家からの受けもよく、商業面でも成功しました。

サウンドトラック・アルバムの評判もよく、2012年にアメリカの音楽サイトが発表した「映画サウンドトラックベスト15」に選ばれるほど今でも高い人気を誇っています。

アメリカの高校を舞台にしたアメリカ映画であるにも関わらず、熱狂的なファンはいたとはいえ、少なくとも日本では一般的な人気はそれほどでもなかったイギリスのミュージシャンの楽曲を多数使ったところがミソで、当時はビックリしました。
サイケデリック・ファーズをザ・スミスやエコー&ザ・バニーメン、ニュー・オーダーなんかと一緒に映画の中で聴くことが出来ること自体スゴイことだと思います。ましてや映画のタイトルをサイケデリック・ファーズの曲からとるなんて!
ハワード・ドゥイッチ監督の大英断ですね。

それではこのアルバムから少し聴いてみましょう。
どういった基準で選曲されたのか分かりませんが、ザ・スミスは「プリーズ・プリーズ・プリーズ」が使われています。ザ・スミスであれば、他にヒット曲がありますが、あえてこの曲を選んだのは映画の内容に則してということでしょう。短い曲ですが心に沁みます。

The Smiths - Please please please let me get what I want 日本語訳&歌詞

ニュー・オーダーは、「シェル・ショック」ですね。これも良い曲ではありますが、必ずしも彼らの代表曲というわけでもありません。サウンドトラックですからベストアルバムとはちょっと違う曲が収録されているんですね。通常のベストアルバムとして聴いていると、ちょっとひねってあるので、ファンにとってはそこがまたグッとくるんです。

New Order - Shellshock [OFFICIAL MUSIC VIDEO]

25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ポストパンクを代表する伝説のバンドにして、孤独と絶望のかたまりのようなジョイ・ディヴィジョンの魅力

ポストパンクを代表する伝説のバンドにして、孤独と絶望のかたまりのようなジョイ・ディヴィジョンの魅力

パンク以降のUKロックシーンの方向性を決定し、今なおリスペクトされ続ける伝説のバンド、ジョイ・ディヴィジョン。ボーカリストの首つり自殺という突然の悲劇により活動停止を余儀なきされますが、彼等の作り上げた音楽の影響は絶大です。僅か2枚のオリジナル・アルバムに込められた孤独と絶望で出来た音楽をご紹介します。
obladioblada | 17,011 view
炎のランナー、グリース、フラッシュダンス…名曲満載のサントラ全71タイトルがお買い得価格で登場!!

炎のランナー、グリース、フラッシュダンス…名曲満載のサントラ全71タイトルがお買い得価格で登場!!

ユニバーサルミュージックより「サントラ・キャンペーン2024」と題し、2024年12月25日までの期間限定で往年の洋画の名作全71タイトルのサウンドトラックがお買い得価格で発売されます。
隣人速報 | 308 view
ちあきなおみが歌う主題歌を収録!映画『象物語』のサントラCDが待望の復刻!!

ちあきなおみが歌う主題歌を収録!映画『象物語』のサントラCDが待望の復刻!!

『キタキツネ物語』(1978年)を手がけた蔵原惟繕が総監修し、蔵原惟二と日野成道が共同監督、アフリカの大自然に暮らす象の家族を描いた1980年公開のドキュメンタリー映画『象物語』のオリジナル・サウンドトラックが13年ぶりに復刻、ソニーミュージックショップ販売限定商品として現在好評発売中となっています。
隣人速報 | 204 view
【ホイットニー・ヒューストン】30年経った今、映画『ボディーガード』サウンドラックを振り返る

【ホイットニー・ヒューストン】30年経った今、映画『ボディーガード』サウンドラックを振り返る

『ボディーガード』は、当時人気絶頂期だったケヴィン・コスナーとホイットニー・ヒューストンの共演で話題になった映画です。1992年12月公開で、2022年でちょうど30年。映画だけでなく音楽も大ヒットしました。今回はそのサウンドトラックの中から、ホイットニー・ヒューストンの歌った全曲を振り返ります。
izaiza347 | 179 view
『仮面ライダーBLACK SUN』のサントラCDが発売決定!『シン・仮面ライダー』関連のフィギュアも要チェック!!

『仮面ライダーBLACK SUN』のサントラCDが発売決定!『シン・仮面ライダー』関連のフィギュアも要チェック!!

コロムビア・マーケティングより、10月28日にPrime Video独占配信が始まる『仮面ライダーBLACK SUN』のサントラCD「『仮面ライダーBLACK SUN』オリジナル・サウンドトラック」の発売が決定しました。
隣人速報 | 544 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト