ポストパンクを代表する伝説のバンドにして、孤独と絶望のかたまりのようなジョイ・ディヴィジョンの魅力
2018年4月20日 更新

ポストパンクを代表する伝説のバンドにして、孤独と絶望のかたまりのようなジョイ・ディヴィジョンの魅力

パンク以降のUKロックシーンの方向性を決定し、今なおリスペクトされ続ける伝説のバンド、ジョイ・ディヴィジョン。ボーカリストの首つり自殺という突然の悲劇により活動停止を余儀なきされますが、彼等の作り上げた音楽の影響は絶大です。僅か2枚のオリジナル・アルバムに込められた孤独と絶望で出来た音楽をご紹介します。

6,587 view

Joy Division

ジョイ・ディヴィジョン

ジョイ・ディヴィジョン

出身地:イングランド マンチェスター
ジャンル:ポストパンク
活動期間:1976年~1980年

写真右から:バーナード・アルブレヒト、イアン・カーティス、ピーター・フック、スティーヴン・モリス
ジョイ・ディヴィジョンの活動期間は短い。僅か4年。デビュー・アルバムをリリースしてからは2年程しか活動していません。ボーカリストの首つり自殺という悲劇が起こり解散を余儀なくされたのです。
それでもイギリスにおいてはその影響力は強く、今でも多くのフォロワーを生み出し続けており忘れられることはありません。

メンバーはボーカルのイアン・カーティス (Ian Curtis)、ギターのバーナード・アルブレヒト (Bernard Albrecht)、ベースがピーター・フック (Peter Hook) 、そしてドラムスのスティーヴン・モリス (Stephen Morris) の4人です。ギターのバーナード・アルブレヒトは、後にバーナード・サムナーと名前を変えます。

ジョイ・ディヴィジョンは1976年、マンチェスターで活動を開始しますが、70年代後半にマンチェスターで音楽活動を開始したミュージシャンには、1976年6月4日にマンチェスターのフリー・トレード・ホールで行われたセックス・ピストルズのライブに影響を受けた人たちが多くいます。

会場には観客がわずかに42人しかいなかったそうですが、その中にザ・スミスを結成するモリッシー、当時はまだ学生だったシンプリー・レッドのミック・ハックネル、バズコックスのピート・シェリーやホワード・デヴォート、ファクトリー・レーベル社長となるトニー・ウィルソン、そしてイアン・カーティス、バーナード・サムナー、ピーター・フックの3人がいました。
イアン・カーティス

イアン・カーティス

出生名
Ian Kevin Curtis
イアン・ケヴィン・カーティス

生誕
1956年7月15日

出身地:イングランド チェシャー州(現グレーター・マンチェスター)マクルズフィールド
死没:1980年5月18日(満23歳没)
担当楽器:ボーカル、ギター、鍵盤ハーモニカ、シンセサイザー
活動期間:1976年~1980年
ジョイ・ディヴィジョンを語るうえで欠かせないのが、ボーカルを担当したイアン・カーティスの存在です。重く沈み込む歌声と特徴的なライブパフォーマンスに加え、絶望や孤独と言った内省的な歌詞が多くの人々の心を捉えました。

イアン・カーティスの半生を描いた映画「コントロール」が2007年に公開されています。監督はジョイ・ディヴィジョンとのかかわりも深いカメラマンのアントン・コービンで、本作は氏の監督デビュー作です。
この作品は、英国インディペンデント映画賞で最優秀作品、最優秀監督賞、監督デビュー賞、最優秀新人賞、助演男優賞を受賞しています。
コントロール

コントロール

CONTROL
Anton Corbijn
白黒119min

Warsaw

バンドは当初、バーナード・サムナー、ピーター・フックがやっていたスティフ・キトゥンズ(Stiff Kittens)からはじまります。ボーカリストとしてイアン・カーティスが加わったのを機に、デヴィッド・ボウイのアルバム「ロウ」の中に収録されている同名の曲からとって「ワルシャワ (Warsaw)」と変更します。
但し、当時のドラムスはスティーヴン・モリスではなく、スティーブ・ブラザーデール(Steve Brotherdale)です。
Warsaw

Warsaw

収録曲

  1. The Drawback
  2. Leaders Of Men
  3. They Walked In Line
  4. Failures
  5. Novelty
  6. No Love Lost
  7. Transmission
  8. Living In The Ice Age
  9. Interzone
  10. Warsaw
  11. Shadowplay
  12. As You Said
  13. Inside The Line
  14. Gutz
  15. At A Later Date
  16. The Kill
  17. You're No Good For Me
Warsawとして最初のデモテープの録音が1977年7月18日に行われました。後にジョイ・ディヴィジョンとして発表される曲もあり興味深いのですが、ジョイ・ディヴィジョンらしさはまだあまり感じられません。むしろパンク・バンドとしての魅力がありますが、それとて個性には欠けるといったところです。

Warsawの音源は当時は正式にリリースされていませんでしたので、ブートレッグでしか聴くことの出来なかったのですが、現在では1枚のアルバムにまとめられています。

収録されている後半の5曲が当時の録音で、残りはジョイ・ディヴィジョンとバンド名を変更後の78年5月にデビュー・アルバム用のデモ・トラックとして録音されたものです。

Unknown Pleasures

アンノウン・プレジャーズ

アンノウン・プレジャーズ

収録曲

  1. ディスオーダー
  2. デイ・オブ・ザ・ローズ
  3. キャンディデイト
  4. インサイト
  5. ニュー・ドーン・フェイズ
  6. シーズ・ロスト・コントロール
  7. シャドウプレイ
  8. ウィルダネス
  9. インターゾーン
10. アイ・リメンバー・ナッシング
Warsawは当時同名のバンドが他にも存在したため、1978年1月からジョイ・ディヴィジョンと名乗るようになり、1979年6月15日にファースト・アルバムが「アンノウン・プレジャーズ」をリリースします。

ポストパンクの代表的作品である「アンノウン・プレジャーズ」は、プロデュースをマーティン・ハネットが担当。有名なアルバムジャケットには、初めて発見されたパルサーであるPSR B1919+21(旧名:CP 1919)の波形が使われており、デザイナーのまたピーター・サヴィルも一躍有名になりました。
パンクバンドながら、冷却装置のような彼らの音楽は、ひたすら熱かったパンクムーブメントのなかでもひときわ異色で、内側に熱を秘めた強烈な印象をもつ。
   本作でも凍てついた雰囲気のなかで、ザクザクと壮絶な音を出している。パンクスなのにクラフトワークが好きだったイアンの趣味もあって、ジャーマンテクノ的な要素も入っている。

Joy Division - Transmission

シングル曲はアルバムには収録しないというポリシーのため、残念ながらファースト・シングル「トランスミッション」は収録されていませんが、この曲はジョイ・ディヴィジョンにしてはかなりポップであり、パンク・バンドの持つ疾走感が感じられます。
「アンノウン・プレジャーズ」はポストパンクのサウンドが構築され、しかも既に完成されていますので、「トランスミッション」を収録してしまうとアルバムとしてのバランスが崩れてしまうということもあるのでしょうね。

それにしてもこのアルバムに漂う張りつめた緊張感は尋常ではありません。先のデモテープと比較すると劇的に変化していますから、プロデューサーのマーティン・ハネットの功績が大きかったと言えそうです。

「アンノウン・プレジャーズ」が音楽雑誌等で絶賛されたことからライヴは増え、レコーディングが急増します。しかし、このハードワークの日々にイアン・カーティスの体と精神は悲鳴をあげてしまいます。持病のてんかんは悪化し、鬱病にも悩まされるようになりました。
そして、イベントで知り合った女性と恋に落ちたことで、既に妻子があったイアン・カーティスは精神的にも肉体的にも更に追い詰められていくことになります。

Closer

クローサー

クローサー

収録曲

  1. アトロシティ・エクシビジョン
  2. アイソレイション
  3. パスオーヴァー
  4. コロニー
  5. エイ・ミーンズ・トゥ・アン・エンド
  6. ハート・アンド・ソウル
  7. 24 アワーズ
  8. ジ・エターナル
  9. デケイズ
1980年はジョイ・ディヴィジョンにとって輝かしい年と成るはずでした。1月にヨーロッパ・ツアー、2月にイギリス・ツアーを成功させ、3月にはセカンド・アルバム「クローサー」のレコーディングを終え、4月には、シングル「ラブ・ウィル・テア・アス・アパート」をリリースしています。この曲はジョイ・ディヴィジョンにとって最大のヒット曲となり、5月から初のアメリカ・ツアーも決定し、何もかもが上手くいきかけた5月18日にイアン・カーティスは首つり自殺をしてしまいます。
僅か23歳、アメリカ・ツアー出発の前日のことでした。

ファースト・アルバム以上の完成度を持って既に録音を終えていたセカンド・アルバム「クローサー」は、イアン・カーティスの死後1980年7月にリリースされました。
関係者の悲しみを表したようなピーター・サヴィルの秀逸なアートワークも印象的です。

Joy Division - Love Will Tear Us Apart

23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

英国高級紙ガーディアンが選ぶニュー・オーダーのベスト・トラックがこれだ!

英国高級紙ガーディアンが選ぶニュー・オーダーのベスト・トラックがこれだ!

イギリスの地方都市で一介のパンクバンドとしてキャリアをスタートさせたニュー・オーダー。前身のバンドであるジョイ・ディヴィジョンを経て今や国民的なバンドとなっています。そのニュー・オーダーのベスト・トラックをイギリス有数の高級紙であるガーディアンが選出しました。日本では考えられないような興味深いベスト・テンとなっていますよ。
obladioblada | 4,265 view
映画「プリティ・イン・ピンク」はザ・サイケデリック・ファーズの楽曲からタイトルがとられてるんですよ

映画「プリティ・イン・ピンク」はザ・サイケデリック・ファーズの楽曲からタイトルがとられてるんですよ

ザ・サイケデリック・ファーズの楽曲からタイトルがとられた80年代を代表する青春映画のひとつ「プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角」。今でも人気の高いこの映画とタイトル曲でアメリカでブレイクした純英国のカリスマ・バンドであるザ・サイケデリック・ファーズを1人でも多くの人に知ってもらいたいです。
obladioblada | 1,125 view
70年代のブリティッシュ・ハードの精神を現代に伝承できる数少ないバンド、ザ・カルト

70年代のブリティッシュ・ハードの精神を現代に伝承できる数少ないバンド、ザ・カルト

デビュー当時はポジティブ・パンクと呼ばれていたザ・カルトですが、徐々にその音楽性を変化させハードロック・バンドへ。更に進化し洗練された音作りをするようになりますが、時代やスタイルが変わってもザ・カルトが持っている70年代のブリティッシュ・ハードの精神は変わることはありません。そのカッコよさは不変です!
obladioblada | 1,748 view
【坂本龍一】&「あるイギリスのアーティスト」の豪華コラボレーションの楽曲をまとめた

【坂本龍一】&「あるイギリスのアーティスト」の豪華コラボレーションの楽曲をまとめた

教授はイギリスのある有名アーティストと定期的にコラボレーションしております。今回はそれをまとめました。
たまさん | 779 view
祝デビュー40周年!新作『A KIND REVOLUTION』をリリースしたポール・ウェラーの名曲をまとめてみました!

祝デビュー40周年!新作『A KIND REVOLUTION』をリリースしたポール・ウェラーの名曲をまとめてみました!

40年前にパンク・ムーヴメントを背景にデビューしたポール・ウェラーも、今年で59歳。ザ・ジャム、ザ・スタイル・カウンシルを経て、ソロになって以降も素晴らしい作品を作り続けている、我らがモッド・ファーザー!最新作『A KIND REVOLUTION』を発表したこのタイミングで、これまでリリースされたシングルの中から、名曲の数々を振り返ってみましょう!
Gaffa | 1,055 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト