【鈴木尚典】美しいスイングと秀逸したミート技術で2年連続首位打者を獲得した横浜マシンガン打線の中心打者
2021年3月11日 更新

【鈴木尚典】美しいスイングと秀逸したミート技術で2年連続首位打者を獲得した横浜マシンガン打線の中心打者

鈴木尚典(すずきたかのり)は1990~2000年代に横浜ベイスターズで活躍した外野手です。1997年、1998年と2年連続で首位打者を取り、強打の3番打者として横浜マシンガン打線を牽引しました。今回は鈴木尚典について詳しく見ていきます。

251 view

横浜高校からドラフト4位で入団

鈴木尚典は横浜高校の出身です。1990年度ドラフト会議で横浜大洋ホエールズ(当時の横浜ベイスターズ)から4位指名されて入団しました。横浜で育ち、横浜ベイスターズ一筋で2008年までプレーを続けました。

卓越した打撃技術で首位打者を2度獲得

鈴木尚典はしなやかなスイングと卓越したミート技術で、ボールとバットがぶつかるインパクトの瞬間が他の選手よりも長く見えるようなバッティングをする典型的な巧打者でした。
鈴木は入団4年目の1994年に頭角を現すと、レギュラー外野手として3割に近い打率を残すようになります。
そして1997年、.335で首位打者のタイトルを獲得。さらには1998年も.337で2年連続して首位打者を獲得するという快挙を成し遂げました。また打率だけでなく、本塁打も20本程度量産し、この時期、日本球界において長打力のある最高峰のバッターとして注目されました。
札幌レトロコレクション Calbee Baseball Card 99’レギュラーカード 鈴木尚典(横浜) (2261463)

●強打の3番打者として横浜マシンガン打線を牽引

横浜マシンガン打線は1997~1999年にかけて横浜ベイスターズを構成した打線の異名です。その中で鈴木は3番打者として活躍し、ローズ、石井琢朗と並ぶ横浜マシンガン打線の立役者となりました。
当時の横浜打線はミート技術の巧みな打者が多く、ファウルで粘り、投手を消耗させながら崩していくといった、しぶとくつながりのある打線で相手チームを圧倒。1998年には38年ぶりのリーグ優勝を果たし、その勢いで日本シリーズも制しました。また、1999年にはチーム打率.294という驚異的な数字を残しました。
なお、1998年の日本シリーズにおいて鈴木は25打数12安打で打率.480という絶好調さで優勝に貢献しシリーズMVPを獲得しています。
スポ-ツ系テレホンカード 権藤博/他「1998 NIPPON CHAMPIONS」 横浜ベイスターズ日本一優勝記念 (2261466)

4番打者としての役目までは果たしきれなかった

横浜マシンガン打線で4番を務めたローズが退団したことで、鈴木はローズに代わる4番打者としての役割を期待されるようになります。フロントや指導現場からはより強打の4番者たれという教育をされ、本来のシュアな打撃とは違う打者像が求められるようになりました。横浜マシンガン打線時代はローズと並ぶ勝負強さや長打力を発揮できた鈴木ですが、2000年にローズが抜けてからは、マークが集中したこともあってか、思うような成績を残せませんでした。2001年以降、長打力や勝負強さは影をひそめ、打率は3割前後を推移したものの、本塁打は1桁台、打点は50点台で終わるなど、4番打者としての期待には応えることができませんでした。

2000本安打は叶わなかったが生涯打率は3割を超える

2004年以降、鈴木はレギュラーから外れるようになり、再起を図るべく、背番号を変えたり、改名をしたりしますが、思うような成績を残せず、2008年に現役を引退します。
プロ野球人生18年間において、鈴木は通算安打数1456本、通算打率.302という成績で幕を閉じることになりました。

引退後は現場での後進指導に従事

2009年、鈴木は横浜ベイスターズのファームチーム湘南シーレックス(現在は横浜DeNAベイスターズと改称される)のコーチに就任し、以後、球団職員、ベイスターズジュニアの監督などを務めました。
2020年からはBCリーグの神奈川フューチャードリームスの監督を務め、現在に至っています。
 (2261473)

横浜高校から、横浜大洋、横浜ベイスターズで選手生活を全うし、湘南シーレックスでの指導者生活、そして今は神奈川フューチャードリーム監督となり野球を伝え続ける。まさに鈴木は「横浜の星」といってよいでしょう。
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

詩的な歌詞とUKロック的なサウンドが織りなす世界観が魅力的なPlastic Treeの現在の活動や名曲を紹介!

詩的な歌詞とUKロック的なサウンドが織りなす世界観が魅力的なPlastic Treeの現在の活動や名曲を紹介!

1993年にボーカルの有村竜太朗とベースの長谷川正を中心に結成され、1997年にメジャーデビュー。 数回のメンバーチェンジをしながら、現在も精力的に活動を続けるPlastic Tree。 そんな彼らの魅力は私的な歌詞とUKロックに影響を受けたサウンドが織りなす世界観です。 そこで今回は、Plastic Treeの現在の活動や名曲を紹介していきます。
蛍火 | 114 view
世界をも熱狂させるDir en grayの魅力とは?おすすめ曲や現在の活動もご紹介!

世界をも熱狂させるDir en grayの魅力とは?おすすめ曲や現在の活動もご紹介!

1997年に大阪府で結成され、結成後急速に人気を獲得しインディーズでありながらオリコンのシングル・チャート上位に連続で作品を送り込み、インディーズ・バンドとして初の日本武道館公演もしているDir en gray。 現在も日本を始め世界各国で活動をしており、アルバム『UROBOROS』は世界17ヵ国で同時期発売され、米ビルボード誌の「Top Heatseekers」チャートでは1位を獲得するほどの人気ぶりです。 そこで今回は、Dir en grayの魅力は何なのか、おすすめ曲や現在の活動についてもご紹介していきます!
蛍火 | 282 view
OVA版【企業戦士YAMAZAKI】戦闘型サイボーグ・山崎の活躍!その魅力や関連商品も!

OVA版【企業戦士YAMAZAKI】戦闘型サイボーグ・山崎の活躍!その魅力や関連商品も!

『企業戦士(ビジネスコマンドー)』として、数々な企業に派遣されて問題解決していく戦闘型サイボーグ・山崎。原作マンガの好評を受け、実写版ビデオ・OVA化も実現しました。今回の記事では、OVA版『企業戦士YAMAZAKI』の内容を振り返り、その関連商品なども紹介していきたいと思います。
tsukumo2403 | 476 view
中学生男女のドキドキ同居生活「グッドモーニング・コール」

中学生男女のドキドキ同居生活「グッドモーニング・コール」

少女漫画雑誌「りぼん」で連載されていた高須賀由枝さんの「グッドモーニング・コール」。中学生男女の同居という設定がありえないと思いつつもドキドキしてしまう漫画でした。続編やドラマについても見ていきましょう。
saiko | 119 view
子役としてデビューした『成海璃子』!結婚・引退?なんて囁かれています!!

子役としてデビューした『成海璃子』!結婚・引退?なんて囁かれています!!

子役から実力派女優へと進化した成海璃子さん。最近ネットでは、「消えた?」「干された?」「引退?」なんて話題に上がっています。気になり追ってみました。
ギャング | 2,210 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト