幻の任天堂プレイステーションの存在をご存知ですか?
2019年8月16日 更新

幻の任天堂プレイステーションの存在をご存知ですか?

任天堂といえばファミコン、プレイステーションといえばソニーですが、幻に終わった任天堂プレイステーションの存在をご存知ですか?

35,200 view

幻に終わった任天堂プレイステーション

16bitゲーム機全盛の1990年代前半に、その計画は立ち上がり、そして幻に終わりました。
噂だけは知られていましたが、2015年になって実物の所有者がネット上に写真と動画を公開したことから世界中で認知されることとなったんです。

8bitから16bit時代の「絶対王者」任天堂と、32bit時代を制圧したソニー。
ゲーム機戦国時代の栄枯盛衰を思わせる両者が、交わる可能性がたしかにあったのです。

幻の任天堂プレイステーション動画がコチラ

The Nintendo Playstation - Nintendo History

こちらの動画がまさにそのモノ、スーパーファミコンのコントローラーに「プレイステーション」と記されていますよね。
そして見慣れないCD-ROM、スーパーファミコンにCD-ROMがなかったことは誰もが知っています。

任天堂一強が揺らぎ始めた?スーパーファミコン時代

ファミコンで圧倒的な成功を収めた任天堂に挑み続けたセガ。ゲームメーカーとして成功を収めたハドソンと組んだNEC。

「ファミコンの次」を狙った戦いはこの3社が中心でした。

なかでもNECは当時8bitパソコン市場をリードしていましたが、1985年にはCD-ROMを記録媒体としたゲーム機の構想を持ち、同時期に高性能のチップ開発に成功したハドソンと組んでPCエンジンの開発に動くのです。

PCエンジンとメガドライブ

ファミコン一強を崩しにかかったのはPCエンジンとメガドライブ。結局は後発ながらスーパーファミコンに市場を制圧されるのですが、ファミコン一強時代に終止符を打ったマシンたちでした。

ゲームの記録媒体としては後にCD-ROMやDVDが主戦場となるのですが、80年代中盤からその構想を抱いていたのはNEC。任天堂については2001年のニンテンドーゲームキューブまで、CDやDVDを記録媒体とする選択をすることがありませんでした。
PCエンジン

PCエンジン

1987年10月発売、累計販売台数は1000万台。
メガドライブ

メガドライブ

1988年10月発売、国内の販売台数は350万台。世界での販売台数は3000万台。
スーパーファミコン

スーパーファミコン

1990年11月発売、国内の販売台数は1700万台。世界での販売台数は4900万台。

大容量を扱えるCD-ROM機が立ち上がる

PCエンジンについては当初の計画通り、セガは遅れること3年でCD-ROMドライブユニットを投入。
国内ではPCエンジン、北米ではメガドライブがCD-ROMの市場を牽引しました。
CD-ROM2

CD-ROM2

1988年12月発売。
メガCD

メガCD

1991年12月発売。
CD-ROM機構想について、いち早く着目していたのはNEC。
しかしながら80年代中盤、同じくCD-ROM機構想を抱いて任天堂に話を持ち掛けたのが実はソニーでした。

1990年1月には任天堂とソニーで次世代ファミコン共同開発に調印し、CD-ROM機の開発を表明しています。スーパーファミコン発売の11か月前のことです。

これこそ、任天堂プレイステーションとなるマシンでした。
ソニーは当然、試作機の開発を着々と進めていきました。

喰うか喰われるか、任天堂とソニーの協業は空中分解

1992年1月、任天堂はスーパーファミコン用大容量化の周辺機器「スーパーファミコンCD-ROMアダプタ」をフィリップス社と共同開発を記者会見で発表。これはプレイステーション計画を白紙に戻した末の選択でした。

「主戦場をCD-ROMに移した場合、組み先であるソニーに覇権を握られてしまうのでは?」任天堂にそんな思惑が働いたことが、当時の経緯からみてとれます。

しかしながら、結果として任天堂とフィリップス社との共同開発も日の目を見ることはありませんでした。当時のソニー久夛良木健さん(プレステ生みの親)のコメントです。
ソニーの久夛良木健によると、フィリップス社との共同開発機には、CD-iが採用される事になっており、CD-iをフィリップスと共同開発したソニーとしてCD-iにできる事、できない事を理解しており、「任天堂さんとは道が離れた。進化の先に見ていたものが違った。」と判断し、だったら我々は我々の方法で、進化を加速させよう!とソニーの独立したゲーム機、プレイステーションを開発する事になった。
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 幻のセガ・プレイステーション 2019/8/19 00:06

    ブレイク J ハリス著の「セガ vs. 任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争 上/下」(早川書房 )には、
    当初ソニーのプレイステーションをセガが発売する話があって、セガオブアメリカは乗り気だったが
    セガの本社側(日本側)がハードウェアの内製に拘って、セガサターンを発売した話が書かれていた。
    また、Nintendo64で採用されたSGI社製のRCPチップは、最初にSGI社からセガオブアメリカへ売り込みが
    あったが、セガの本社側(日本側)がRCPのチップ面積が大きすぎるという理由から採用を断り、
    セガオブアメリカが米国の任天堂に紹介したという話も書かれていた。
    話の真偽は定かでないため、裏取りしてくれるとありがたい。

    あかさ 2019/8/17 17:49

    ちんちん

    あかさ 2019/8/17 17:49

    ちんちん

    すべてのコメントを見る (3)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【話題】任天堂とソニーが共同開発した幻の「任天堂プレイステーション」がとんでもない価格で落札される!!

【話題】任天堂とソニーが共同開発した幻の「任天堂プレイステーション」がとんでもない価格で落札される!!

かつて任天堂とソニーが共同開発したものの、発売されることなく幻に終わった「任天堂版プレイステーション」が、このたびアメリカのオークションサイトに出品されました。果たしてどれくらいの金額で落札されたのでしょうか?
隣人速報 | 1,754 view
クレイジーな価格は確実!?幻の「任天堂プレイステーション」がオークションにかけられるかもと話題に!!

クレイジーな価格は確実!?幻の「任天堂プレイステーション」がオークションにかけられるかもと話題に!!

16bitゲーム機全盛の90年代前半、ソニーが開発していた幻のハード「任天堂プレイステーション」のプロトタイプがオークションにかけられる可能性を、所有者であるTerry Diebold氏が表明し大きな話題となっています。
隣人速報 | 4,216 view
【クイズ】ファミコン大好きだった80年代、お世話になったあのソフトやゲーム機にまつわるクイズに挑戦!

【クイズ】ファミコン大好きだった80年代、お世話になったあのソフトやゲーム機にまつわるクイズに挑戦!

1980年代のゲームといえばみんな大好き?ファミコン!というわけで「もちろん知ってるよ!」なことから「ちょっと難しいかも!?」なことまで10問、クイズ形式にしてみました。ぜひぜひ、お気軽に遊んでみて下さいね。
プレイステーションがついに25周年!プレゼントキャンペーンに加え「幻の任天堂プレステ」「PS5」にも新たな動きが!!

プレイステーションがついに25周年!プレゼントキャンペーンに加え「幻の任天堂プレステ」「PS5」にも新たな動きが!!

1994年12月3日に日本で発売された初代「プレイステーション」。本日でちょうど25周年を迎えたのを記念し、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの社長兼CEOであるジム・ライアンがコメントを発表しました。
隣人速報 | 2,345 view
高橋名人のサイン入り製品をゲットも!スーファミなどの往年の名機が高画質で蘇る「変換アダプタ」が発売開始!

高橋名人のサイン入り製品をゲットも!スーファミなどの往年の名機が高画質で蘇る「変換アダプタ」が発売開始!

スーファミなど往年の名機を高画質に変換し、現代の液晶テレビで楽しめる『RGB21-HDMI 変換アダプタ』が現在販売中です。かつて遊んだレトロなゲームを高画質で遊びなおすチャンス到来!
隣人速報 | 1,335 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト