輝かしい成功ばかりではない。暗黒時代のボブ・ディラン!
2018年8月3日 更新

輝かしい成功ばかりではない。暗黒時代のボブ・ディラン!

天才の名をほしいままに栄光の道を爆進していたボブ・ディランに突然やってきた暗黒時代。それまでの成功が嘘のように、評価・セールス共に地に落ちた80年代。この天才の何がいけなかったんでしょうか?

1,003 view

80年代のボブ・ディラン

天才の名をほしいままに、音楽界のみならず2016年にはノーベル文学賞まで受賞したボブ・ディラン。 しかし、そんな彼も常に順風満帆というわけではありません。何と言ってもキャリアが長いですから、当然様々なことが起こっているわけです。
ボブ・ディラン

ボブ・ディラン

活動期間1959年 - 現在
60年代初頭、デビュー早々フォーク界のプリンスとして成功を収めたボブ・ディラン。ロックへと転身してからも勢いは留まることをしらず(まぁ、若干の停滞期があったとはいえ)、60年代、70年代を駆け抜けます。ファンからも評論家からも賞賛され続け、既にカリスマと呼ばれるようになって迎えた80年代、いきなり暗黒時代へと突入してしまします。

栄光に満ちたボブ・ディランの黒歴史、ファンからも評論家からも目を背けられ、おそらく本人も思い出したくないと思われる80年代を振ります。

Slow Train Coming

ケチの付きはじめは、1978年末にボーン・アゲイン・クリスチャンとなったことから始まります。宗教色というかゴスペル色を前面に押し出したアルバムを立て続けに3枚リリースするのですが、ここからボブ・ディラン人気は急降下することに。
俗にいう「キリスト教三部作」ですが、その1作目が1979年にリリースされた「スロー・トレイン・カミング」です。
スロー・トレイン・カミング

スロー・トレイン・カミング

1. ガッタ・サーヴ・サムバディ
2. プレシャス・エンジェル
3. アイ・ビリーヴ・イン・ユー
4. スロー・トレイン
5. ゴナ・チェンジ・マイ・ウェイ・オブ・シンキング
6. ドゥ・ライト・トゥ・ミー・ベイビー
7. ホェン・ユー・ゴナ・ウェイク・アップ
8. マン・ゲイヴ・ネームズ・トゥ・オール・ジ・アニマルズ
9. ホェン・ヒー・リターンズ
このアルバム、次のSaved(1980)、そしてShot of Love(1981)までをディランの「ゴスペル・ロック」時代と呼ぶことがある。新曲以外は基本的に演奏しないツアーの連続、あまりにあからさまな宗教色がマイナスになって、80年代の低迷が始まることになる。
1974年「プラネット・ウェイヴズ」、1975年「血の轍」、1976年「欲望」と立て続けに全米1位となるアルバムをリリースしていたボブ・ディラン。「スロー・トレイン・カミング 」だって全米3位ですから勢いはあったんですね。
音の方はダイア・ストレイツのギタリスト、マーク・ノップラーが貢献していて、シングルとなった「ガッタ・サーヴ・サムバディ」でグラミー賞の最優秀男性ロック歌手を獲得しています。

ガッタ・サーヴ・サムバディ 1980 Live

「スロー・トレイン・カミング 」は決して悪いアルバムじゃありません。評価が低いのは音楽性というよりもボブ・ディランが改宗したということが影響したようです。そう、これは実は良いアルバムなんです。
しかし、まぁ、ジャケットがいかんですね。「キリスト教三部作」はどれもこれもジャケットが最悪。耳を覆う前に目を覆ってしまいます。

Saved

「キリスト教3部作」の第2弾。1980年リリースの「セイブド」です。「スロー・トレイン・カミング 」もそうですが、この「セイブド」最近は再評価の声が高まってきてはいるんです。「ソリッド・ロック」などがベスト・アルバムにも収録され、ライブでも取り上げられているからでしょう。
セイヴド

セイヴド

1. ア・サティスファイド・マインド
2. セイヴド
3. コヴィナント・ウーマン
4. ホワット・キャン・アイ・ドゥ・フォー・ユー
5. ソリッド・ロック
6. プレッシング・オン
7. イン・ザ・ガーデン
8. セイヴィング・グレイス
9. アー・ユー・レディ
腐ってもボブ・ディラン!全てのアルバムは、どのような状況であっても最低限のクオリティは担保されてはいます。しかし、ジャケットとなると話は別です。俄かに信じがたいデザイン。これがあの天下のボブ・ディランのアルバム・ジャケットなのか?!そりゃ売れんだろ。全米24位。

Shot of Love

目を覆いたくなるジャケット・シリーズ、もとい「キリスト教3部作」の第3弾。1981年「ショット・オブ・ラブ」。これまた凄いジャケットですよねぇ。破れかぶれ。そんな言葉が浮かびます。
ショット・オブ・ラブ

ショット・オブ・ラブ

1. ショット・オブ・ラブ
2. ハート・オブ・マイン
3. プロパティ・オブ・ジーザス
4. レニー・ブルース
5. ウォータード・ダウン・ラヴ
6. ザ・グルームズ・スティル・ウエイティング・アット・ジ・オルター
7. デッドマン・デッドマン
8. イン・ザ・サマータイム
9. トラブル
10. エヴリィ・グレイン・オブ・サンド
ところが本作も内容は悪くないです。エミルー・ハリス他いろいろなアーティストにカバーされている「エヴリィ・グレイン・オブ・サンド」をはじめ、心に響くメロディを持った曲が多数収められています。
因みにこのアルバムは、U2のボノのフェイヴァリット・アルバムだそうですよ。ホントか?!

エヴリィ・グレイン・オブ・サンド

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代に大ヒットした!!SANYO「おしゃれなテレコU4」って覚えてる?

80年代に大ヒットした!!SANYO「おしゃれなテレコU4」って覚えてる?

1979年に三洋製ラジカセ初代U4が発売され小型で横長フォルムがオシャレに見えたのかキャッチコピーも「おしゃれなテレコU4」として売り出されました。カラーもポップな色だったのが印象的でした。
ギャング | 4,563 view
EPIC・ソニー黄金時代を築き上げた【小坂洋二】がプロデュースしたアーティスト達

EPIC・ソニー黄金時代を築き上げた【小坂洋二】がプロデュースしたアーティスト達

80年代にEPIC・ソニーの黄金時代を築き上げた名プロデューサー小坂洋二さんが手がけたアーティスト達。その数々の有名なアーティスト達を代表曲と共に振り返りたいと思います。
つきねこ | 743 view
ドゥーワップを日本中に広めたことで知られるシャネルズ。彼らのシングルでドゥーワップを満喫しましょう!

ドゥーワップを日本中に広めたことで知られるシャネルズ。彼らのシングルでドゥーワップを満喫しましょう!

後にラッツ&スターと名前を変えるシャネルズは、80年に颯爽と登場しドゥーワップブームを日本中に巻き起こしました。シャネルズ名義で発売された9枚のシングルをとおしてドゥーワップの楽しさを満喫しましょう。
obladioblada | 3,052 view
岡田有希子といえば、ポスト松田聖子として80年代最高のアイドルのひとりでしたよね!彼女のシングルは意外な人が楽曲提供しているんです。

岡田有希子といえば、ポスト松田聖子として80年代最高のアイドルのひとりでしたよね!彼女のシングルは意外な人が楽曲提供しているんです。

2年にも満たない活動期間ながら岡田有希子は多くの人々の心に残っています。発売されたシングルは全部で8枚。意外とも思えるミュージシャンが楽曲を提供しています。例えばポスト松田聖子としてデビューした岡田有希子の最大のヒット曲はラストシングルで、作詞を松田聖子が担当していたんですよ。運命のようなものを感じますね。
obladioblada | 2,410 view
類い稀な才能を持ちオシャレ音楽の塊である加藤和彦の通称「ヨーロッパ三部作」。バックを務めたのはYMOだ!

類い稀な才能を持ちオシャレ音楽の塊である加藤和彦の通称「ヨーロッパ三部作」。バックを務めたのはYMOだ!

ザ・フォーク・クルセダーズやサディスティック・ミカ・バンドでの活動が有名な加藤和彦。ソロとしては「あの素晴しい愛をもう一度」のヒットで知られていますね。時代毎にオシャレな音楽を作らせたら右に出るものはいないとも言われている彼が当時大人気だったYMOを従えて作り上げた3枚のコンセプト・アルバム。それが日本ロックの宝「ヨーロッパ三部作」です。
obladioblada | 433 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト