近鉄いてまえ打線の起爆剤として大活躍した【大石大二郎】は・・・。
2016年11月25日 更新

近鉄いてまえ打線の起爆剤として大活躍した【大石大二郎】は・・・。

1981年から近鉄バッファローズ自慢のいてまえ打線を起爆させる役割としてトップバッターで走り続けた大石大二郎は小さな体から、自ら爆発させることもあるほど、走攻守の揃った選手である。そんな関西の人気者がどんな風に活躍してきたかご紹介します。

7,209 view

いてまえ打線のトップバッターとしてダイヤモンドを走り回る男。大石大二郎

大石大二郎(おおいし だいじろう)

大石大二郎(おおいし だいじろう)

1957年3月13日生まれ
身長176cm、体重75kg
右投げ両打ち
ポジション:遊撃手、外野手

近鉄バッファローズ、猛牛いてまえ打線の切り込み隊長として、球界にその名を轟かせたスター選手。
4度の盗塁王を獲得し、走攻守と3拍子揃った選手は珍しい存在でしょう。

通算415盗塁は史上7人目の快挙である。

大石大二郎の獲得タイトルや主な表彰や記録

盗塁王:4回 (1983年、1984年、1987年、1993年)

新人王 (1982年)
ベストナイン:3回 (1983年、1984年、1990年)
ダイヤモンドグラブ賞:3回 (1982年 - 1984年)

オールスターゲーム出場:9回 (1982年 - 1984年、1986年 - 1987年、1989年 - 1990年、1992年 - 1993年)

400盗塁:1995年8月30日、対日本ハムファイターズ22回戦(東京ドーム)、9回表に二盗(投手:西村基史、捕手:山下和彦) ※史上7人目

大石大二郎のプレースタイルは?

1番バッターとして守備・走塁・打撃と期待された選手

1番バッターとして守備・走塁・打撃と期待された選手

身長166センチと小柄な体で、近鉄バッファローズの1番打者として長い間、活躍してきた大石は盗塁王も4度獲るなど福本豊を理想な選手として尊敬してきた選手である。
走攻守の能力でいえば、世界の王貞治や長嶋茂雄をしのぐ能力と言われる身体能力の高い選手である。

大石のプレースタイルとして、打撃に関していえば、1番バッターとして塁にでることはもちろん、本塁打も意識して打席に立っていたとのこと。

実際、1984年には29本塁打を放っている。バッティングは特に指導された記憶はなく、グリップを上げて叩きつける打法をこだわっていた。
走塁に関していえば、積極的な走塁をこだわっていた。足には自信があり、盗塁だけではなく一塁程度しかいけそうにない打球も、果敢に三塁まで走ることもこだわっていました。

三塁にいる場面では、外野にフライが言った瞬間にタッチアップで走るかどうかを判断して、走塁していたそうです。
守備に関しても、二塁を守っていた大石だが、その守備範囲の広さは他の選手に一目おかれた存在であった。打者の特徴と、捕手のサインを見て、投球モーションに入った時には動いていたといいます。

長年の経験が重要でして、やってきた打球を処理するイメージを大事にして試合に臨んでいました。

プロに入るまでの大石の活躍!!

静岡県静岡市で、鮮魚の小売・仕出し業を営む家庭に生まれた[1]。中学校では2学年上の兄が野球部主将を務めており、同じ部となる事を嫌がられたため当初は柔道部に入ったが、1年生の6月に野球部に移り本格的な野球を始めている[1]。

高校も兄と同じ静岡商業高校に進み、部員50人を超す大所帯で1年生の夏からベンチ入り。1974年夏の選手権に出場し、大石本人の出場機会はなかったものの、3年生のエース高橋三千丈の力投もありベスト8進出。翌年は1番打者として春の選抜に出場し、ベスト8進出に貢献している。3年生時には同級生で後にプロとなる久保寺雄二が遊撃手を務め、自身は3番・三塁手となりチームは県予選で本命視されていた。しかし一学年上の先輩が1月末に他校の生徒と喧嘩をしていたことが4月に発覚し、チームは夏の県大会に出場できなかった[1]。
高校卒業後は競輪選手になる事を考えていたが、父親の勧めで亜細亜大学に進学[2]。1979年の3年次の春季リーグ戦では17盗塁をマークし、当時の東都大学リーグ新記録を樹立した[3]。大学4年間では通算91試合出場、344打数99安打、打率.288、4本塁打、25打点、44盗塁を記録している。また、ベストナインには2回選出されている。大学卒業後は今度こそ競輪選手になるつもりだった[4]が、1980年のドラフト会議で近鉄バファローズに2位で指名され、野球部監督の矢野祐弘の勧めもあり近鉄に入団した。

近鉄バッファローズのレギュラーとして大活躍の大石大二郎

1年目の1981年は代走や守備固めの出場が多く、77試合の出場で打数はわずか19だった。同年は西本幸雄の監督最終年で、無我夢中のまま厳しい練習で鍛えられた[2]。翌1982年はオープン戦で負傷した二塁手のビクター・ハリスが外野手にコンバートされると、オープン戦で3割以上の高打率を記録して二塁手のレギュラーとなる[2]。同年はレギュラーシーズンで打率.274、12本塁打、47盗塁の成績を残し、新人王とダイヤモンドグラブ賞を獲得した。
 (1619466)

3年目の1983年は60盗塁で盗塁王のタイトルを獲得し、福本豊の連続盗塁王記録を13年で止めた。同年から1番・二塁手に定着し、2年連続のダイヤモンドグラブ賞に加えてベストナインにも選出された。翌1984年も盗塁王、ダイヤモンドグラブ賞、ベストナインを獲得し、パ・リーグを代表する二塁手となっていった。1984年のオールスターゲーム第3戦ではそれまで8連続奪三振を続けていた江川卓と対戦してセカンドゴロを打ち、江夏豊に並ぶ9連続奪三振の記録を阻止した。

1987年には3回目の盗塁王を獲得したが、この頃から右肩痛が続いた。このため1988年は10.19の後の11月に大阪厚生年金病院で右肩の手術を行い、12月8日には都ホテル大阪で結婚式を挙げている[5]。1989年は年明けから夫人も帯同してハワイやサイパンでリハビリに取り組み、その後もチームのキャンプには参加せず石川県小松市の温泉で単独トレーニングを行った。8月3日の対オリックス戦で右ふくらはぎの肉離れが起きるなど、同年は出場が109試合に減少したものの、打率.277などトップバッターとしてまずまずの働き[6]でチームの優勝に貢献した。現役時代の出来事では、この優勝と前年の10.19が最も思い出に残っているという
 (1619433)

1990年には肩が完全に回復してキャンプから順調な調整を見せ、6月26日の対ロッテ戦では伊良部秀輝からサヨナラ満塁本塁打を放っている[7]。同年はリーグ2位となる打率.314、20本塁打という好成績を収めた。1992年で新井宏昌が引退すると、山本和範が加入する1996年までの間、チームの最年長選手となっている。また、同年の契約更改で年俸が1,300万円増の1億500万円(推定)となり、近鉄史上初の日本人の1億円プレイヤーとなった[8]。35歳となる1993年には6年ぶりとなる盗塁王を獲得し、同タイトルの最年長記録に並んだ[9]。1994年頃からは準レギュラーとなり、「40歳までの現役と2000本安打の達成」を目標として掲げていた[10]。しかし39歳となる1997年夏からは監督の佐々木恭介に起用される機会が急減し、9月には球団からも引退を勧められる雰囲気となった[10]。このような球団の姿勢をあっさり受け入れ、同年限りで現役を引退している。

1995.5.20 近鉄vs西武7回戦 10/11 - YouTube

鹿取義隆 大石大二郎 水口栄二 ブライアント 石井浩郎 中村紀洋
出典 youtu.be

引退後は解説者へ・・・そして、コーチ・監督へと

25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ブライアント 2018/8/19 12:00

    近鉄はバッファローズではありません。バファローズです。
    オリックスも同様です。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ミスターいぶし銀・新井宏昌の野球人生と意外な横顔

ミスターいぶし銀・新井宏昌の野球人生と意外な横顔

パリーグ屈指のヒットメーカーとして首位打者を1度獲得、規定打席到達しての3割以上を5回マークした新井宏昌。並み居る強打者に囲まれながら常に放ち続けた脇役としての存在感は他に類を見ないものだった。一見地味に映る新井の横顔に迫る。
t-matsu | 10,819 view
子連れルーキーと呼ばれた阪神・湯舟敏郎!木戸克彦とのバッテリーは相性良し!!

子連れルーキーと呼ばれた阪神・湯舟敏郎!木戸克彦とのバッテリーは相性良し!!

阪神タイガース、大阪近鉄バファローズで活躍した左腕・湯舟敏郎。1992~93年は連続二桁勝利を挙げるなど、エースとして阪神タイガースの暗黒時代を支えた。引退後は阪神タイガースの投手コーチや解説者も務めている。
ひで語録 | 4,248 view
野茂の親友!ハゲ魔神・佐野重樹(慈紀)!中継ぎ初の1億円プレーヤー!

野茂の親友!ハゲ魔神・佐野重樹(慈紀)!中継ぎ初の1億円プレーヤー!

90年代に近鉄バファローズ(大阪近鉄バファローズ)で活躍した投手。ハゲ魔神こと佐野重樹(慈紀)。野茂英雄の親友としても知られ、明石家さんまの番組等でも共演。お茶の間の人気を集めた。近鉄時代は1億円プレーヤーだった佐野重樹(慈紀)を振り返る。
ひで語録 | 7,056 view
【リーグ優勝の瞬間】近鉄バファローズ編

【リーグ優勝の瞬間】近鉄バファローズ編

まだクライマックスシリーズ制度が導入されていない頃、ペナントレースが今よりもずっと価値があった頃、各球団のリーグ優勝決定の瞬間、その年の戦いぶりをご紹介しています。今回は近鉄バファローズのリーグ優勝決定の瞬間(1979、1980、1989、2001)を集めてみました。
和尚 | 2,148 view
【スター選手の引退試合・阪急ブレーブス編】(山田久志、福本豊)

【スター選手の引退試合・阪急ブレーブス編】(山田久志、福本豊)

スター選手の引退試合、現役最後の試合をまとめています。ここでは同じ年に阪急ブレーブスに入団し、そして奇しくも同じ年に引退した山田久志、福本豊選手の引退試合を紹介します。毎年何百人というプロ野球選手が入団し、そして引退していきます。「私、引退します」と言ってプロ野球生活に別れを告げられる選手はほんの一握り、更に言えばこの様な「引退試合」「引退セレモニー」を行える選手などはごく一部。そんな特別な選手の特別な試合をどうぞご覧ください
和尚 | 3,431 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト