「翔んだカップル」は桂木文バージョンが最高!NG集はここから始まったって知ってましたか?
2018年6月20日 更新

「翔んだカップル」は桂木文バージョンが最高!NG集はここから始まったって知ってましたか?

70年代に大ヒットした「翔んだカップル」。ヒロインの山葉圭を薬師丸ひろ子や石川秀美が演じましたが、やっぱり桂木文が最高!桂木文カワイイ!しかも桂木文が出演したテレビ盤「翔んだカップル」はNG集を入れるなど画期的で面白すぎたんです。

3,011 view

漫画_翔んだカップル

「翔んだカップル」は、週刊少年マガジンに1978年3月19日号~1981年3月11日号まで掲載され大ヒットした漫画です。
翔んだカップル

翔んだカップル

序盤の主要登場人物

山葉圭(中央)
田代勇介(左上)
中山わたる(左下)
杉村秋美(右上)
織田 隼人(右下)
高校入学のため地方から上京してきた主人公・田代勇介(たしろゆうすけ)が、ひょんなことから同じ高校に入学した山葉圭(やまばけい)と一軒家で共同生活を送ることになるという、一言で言ってしまえばラブコメです。
ラブコメだったのですが、徐々に人間関係がドロドロになりシリアスな物語となっていきます。だいたい作者の柳沢きみおにはこの傾向がありますね。

しかし、まぁ、第3回講談社漫画賞少年部門受賞するほどに人気も評価も高く1980年に映画化されます。

映画_翔んだカップル

鶴見辰吾と薬師丸ひろ子の初主演映画としても知られる映画版「翔んだカップル」は1980年7月26日に東宝系で封切られました。
翔んだカップル

翔んだカップル

監督 : 相米慎二
主題歌 「BOYS」ルイス
挿入歌 「ローレライ」H2O

田代勇介:鶴見辰吾
山葉圭:薬師丸ひろ子
中山わたる:尾美としのり
杉村秋美:石原真理子
田代勇介:鶴見辰吾、山葉圭:薬師丸ひろ子の他に中山わたるを尾美としのりが、杉村秋美を務めた石原真理子は本作がデビ;ユー作です。そして織田隼人は西田浩が務めています。

翔んだカップル

薬師丸ひろ子
監督は、「セーラー服と機関銃」、「魚影の群れ」、「台風クラブ」などで有名は相米慎二で初の監督作品です。
映画版「翔んだカップル」は、第2回ヨコハマ映画祭で新人監督賞を相米慎二、脚本賞を丸山昇一、そして薬師丸ひろ子は主演女優賞を獲得しています。また、第4回日本アカデミー賞では、話題賞の作品部門で「翔んだカップル」、俳優部門で薬師丸ひろ子が受賞しています。

薬師丸ひろ子はカワイイし、原作のイメージは壊れていません。しかし、映画公開から2ヶ月後に始まったテレビ盤「翔んだカップル」はそれを上回る面白さなんです。

テレビ_翔んだカップル_桂木 文

テレビ盤「翔んだカップル」は、1980年10月3日から1981年4月10日まで全27話、フジテレビ系で放送されました。
映画版で山葉圭役を務めた薬師丸ひろ子は確かにカワイイ。しかし、しかしです。テレビ盤で山葉圭役の桂木文、彼女にはかなわないでしょう。
その可愛さは、「翔んだカップル」の翌年に出たファースト写真集「ひと粒」でも確認できます。
ひと粒

ひと粒

1981年、ワニブックス
更に写真集は1982年「ひとりぼっちのコンチェルト」、1990年「やすらぎ」、1993年には竹書房から「for you」と全部で4冊出ています。
FOR YOU

FOR YOU

1993年、竹書房
竹書房というところがマニア心に嬉しいのですが、そうです桂木文、頑張ってヌードにも挑戦しています。

そもそも桂木文のデビューは、1978年のテレビドラマ「ムー一族」です。そして同年に「短篇小説」でレコード・デビューも果たしています。

桂木文

歌手活動としては「短篇小説」の後、「目覚めの午後」、「19才」と僅かにシングルを3枚しか出していません。好みにもよりますが、ジャケットで選ぶのであれば、「目覚めの午後」でしょうか。
目覚めの午後

目覚めの午後

カップリング曲:レインレイン
カワイイですよね?!さて、そんなアイドル桂木文をヒロインに持ってきたテレビ盤「翔んだカップル」ですが、思わぬ方向に番組が進んでいき、結果テレビ界に革命を起こすことになります。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【週刊 20世紀Walker】Vol.12 「ちえみ」「奈保子」もいいけれど覚えてますか?B級アイドル達の一瞬の輝きを!!アナログレコードの世界!Vol2

【週刊 20世紀Walker】Vol.12 「ちえみ」「奈保子」もいいけれど覚えてますか?B級アイドル達の一瞬の輝きを!!アナログレコードの世界!Vol2

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
1人でも多くの人に聴いてもらいたい、実に味わい深い斉藤哲夫の世界。

1人でも多くの人に聴いてもらいたい、実に味わい深い斉藤哲夫の世界。

自身最大のヒット曲「いまのキミはピカピカにひかって」は、斉藤哲夫にとって異質と言えるものです。デビュー当時は哲学者と呼ばれたこの天才は、数こそ少ないものの、ヒットこそしなかったものの、実に味わい深い曲を残しています。
obladioblada | 1,101 view
野口五郎と噂になった芸能人一覧

野口五郎と噂になった芸能人一覧

70年代に西城秀樹、郷ひろみとともに「新御三家」として活躍したアイドル歌手の野口五郎と過去に噂になった芸能人とその時の真相を振り返ってみた。
憧れの青春ヒロイン「風吹ジュン」。一家に一枚のピンナップガールとはまさに彼女のことか?!

憧れの青春ヒロイン「風吹ジュン」。一家に一枚のピンナップガールとはまさに彼女のことか?!

ピンナップガールという言葉がまだ日本に浸透していなかった1973年、颯爽と登場して青少年の部屋の壁を埋め尽くした風吹ジュン。フォトジェニックとしか言いようがない70~90年代の彼女の魅力に迫ってみます。
obladioblada | 9,301 view
♡祝40周年♡「うる星やつら」の美女キャラ集めてみました♡

♡祝40周年♡「うる星やつら」の美女キャラ集めてみました♡

うる星やつら(うるせいやつら)は、70年代から80年代にかけて週刊少年サンデーで連載されていた高橋留美子のギャグ要素満載のラブコメ漫画で、連載開始から40年経った今でも絶大な人気を誇り続けています。
おにいちゃん | 6,472 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト