【Gメン’75】「8時だョ!全員集合」の後はハードボイルド「Gメン'75」
2017年1月30日 更新

【Gメン’75】「8時だョ!全員集合」の後はハードボイルド「Gメン'75」

1975年から1982年まで土曜日の夜9時から放送の刑事ドラマ「Gメン’75」を、振り返ってみます。テーマ曲とともにあの滑走路を並んで歩く場面は、子供心に「かっこいい!」と思ったものです。全体的に番組のサブタイトル通りハードボイルド・タッチで、特に空手アクション・シーンは魅力の一つでした。その空手シーンを見せてくれた倉田保昭さんとヤン・スエさんの動画もともに見てみましょう。

20,943 view

「Gメン’75」とは‥‥

「8時だョ!全員集合」の後はGメン

 子供の頃、土曜日の夜8時には「8時だョ!全員集合」を見て、その続きに9時から「Gメン’75」を見ていました。
8時だョ!全員集合

8時だョ!全員集合

土曜の夜8時といえば、この番組
Gメン’75

Gメン’75

 滑走路を歩くシーンは覚えています!
 大好きなドラマだったのですが、なんせ40年も前なので、かなり忘れてしまっているな‥‥と思っているところへ、良い動画をみつけました! 
 香取慎吾さんの番組で紹介された時の模様をどうぞ!
(もう一つ言えば、この慎吾さんの番組の名前もド忘れして出てこないです‥‥見たことは、数度あるというのに‥‥歳です‥‥)。

テレビで紹介された懐かしの「Gメン’75」

Gメン75 香港カラテ 丹波哲郎 倉田保昭 ヤン・スエ  Bolo Yeung 楊斯 Gmen75 空手 - YouTube

出典 youtu.be
 そうそう、私が大好きだったのは、倉田保昭(草野刑事役)と香港の悪役ヤン・スエさんとの、空手アクション・シーン!!!
 そういえば、ヤン・スエさん、ドラマの中では死んでるはずなのに、何度も出演されていました。
 そんな裏ワザがあったとは‥?!
(15人兄弟とは、また大人数というべきか、大胆な発想と言うべきか‥‥)
ヤン・スエ

ヤン・スエ

「Gメン’75」の成り立ちは

 オイルショックに伴う1970年代中期の世情不安を反映した登場人物の苦悩や悲哀、重厚かつ陰惨な社会派の人間ドラマを求められるようになったことが、本作の企画に大きく影響し、当時の世相や状況も近藤をはじめとするスタッフを奮い立てる要因となった。事実、『バーディー大作戦』も終盤の頃になると前半のようなコミカルタッチなエピソードはほとんど無くなり、シリアスなエピソードが連作され、作風も『Gメン』に近いものになっていった。

 企画書を書いた脚本家・高久進の証言では、『バーディー大作戦』終了後に残されたTBSとの契約期間(1975年5月 - 9月までの19話分)を埋める目的で本作の企画は開始しており、高久は短期間での終了を逆手にとって当時愛読していたフレデリック・フォーサイス風の企画書や脚本を執筆したところ、予想外の高視聴率を得て1975年10月以降の延長が決まるほどの人気番組になった[1]。
 1970年代後半には、同じTBS系列の『8時だョ!全員集合』の次番組として高視聴率を獲得し、また裏番組の『大江戸捜査網』(テレビ東京系列)と並んで土曜21時台を代表する番組となった。

Gメン75 テーマ ナレーション入り - YouTube

「ハードボイルド Gメン'75 熱い心を強い意志で包んだ人間たち」
出典 youtu.be
 そして、このテーマ曲もできたのですね!
 確かに、かなりシリアスなドラマでした。子供だったからあまり理解はできていなかったのですが‥。
「ハードボイルド Gメン'75 熱い心を強い意志で包んだ人間たち」
 このサブ・タイトルも良かったですよ。

出演者(第1話)

 できる限り「Gメン」風の画像入りで紹介したいと思います。
(上のYouTubeで音楽を鳴らしながら見たら、もっと「Gメン」風です)。
 そして、Gメンたちの「素顔」を書いたサイト様をみつめたので、引用させていただきます。

※それぞれの「 職場外の交友関係、親族、特技、趣味など」を記載します。

丹波哲郎

黒木警視 丹波哲郎

黒木警視 丹波哲郎

射撃、カラテ、花造り、英語、フランス語、一戸建居住、父親・警官

原田大二郎

関屋警部補 原田大二郎

関屋警部補 原田大二郎

指輪細工
恋人・朝倉節子(死去)
60 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • <> 2019/12/26 12:53

    これに対し八〇年代半ば若者は「オレたちひょうきん族」のあとは
    大映「スクール☆ウォーズ」?

    イサオ 2019/12/7 17:35

    TBSを代表する刑事ドラマといったらGメン'75で、続編の82を足すと約8年間に渡って放送され大人気を博しました。私はGメンをCSで見た世代で、Gメンキャストの中で約8年間フルで出演したのは、Gメンのボス・黒木警視(数年後に警視正に昇進)役の丹波哲郎さん(故人)のみでした。

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

学校を休まず毎日通い続けることで貰える「皆勤賞」。皆勤賞を目指して毎日頑張る子供たちも多くいるかと思いますが、このたびの新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「皆勤賞って本当に必要か?」という疑問の声が各所から上がっています。
隣人速報 | 2,351 view
東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東京・東村山市は、今年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった同市の名誉市民・志村けんさんの銅像を建立するため、クラウドファンディングサイト「READY FOR」にて資金獲得のための「ありがとう志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」をスタートさせました。
隣人速報 | 993 view
青春パートII、卑弥呼、正午なり、西陣心中…伝説の映画製作会社「ATG」の作品群がDVDになって登場!!

青春パートII、卑弥呼、正午なり、西陣心中…伝説の映画製作会社「ATG」の作品群がDVDになって登場!!

キングレコードより、60年代から80年代にかけて活動し、既存の日本映画とは一線を画した傑作の数々を世に送り出した伝説の映画会社「日本アート・シアター・ギルド(ATG)」の作品群が、DVDで一挙に発売されることが決定しました。
隣人速報 | 1,407 view
ミドルエッジ男子必見!美保純「OH! !タカラヅカ」、泉じゅん「感じるんです」など日活ロマンポルノ作品が多数復刻!!

ミドルエッジ男子必見!美保純「OH! !タカラヅカ」、泉じゅん「感じるんです」など日活ロマンポルノ作品が多数復刻!!

1971年から1988年にかけて制作された「日活ロマンポルノ」が2016年に45周年を迎えたことを記念し、往年の名作10作品がDVD・Blu-rayとして発売されることが決定しました。
隣人速報 | 2,044 view
【志麻いづみ】ポルノを中心に幅広く活躍した女優!経歴・代表作まとめ

【志麻いづみ】ポルノを中心に幅広く活躍した女優!経歴・代表作まとめ

1970年代から1980年代にかけて活躍した美人女優で、ポルノから一般映画・テレビドラマまで幅広い活躍をみせた志麻いづみさん。今回は、そんな彼女の美しさを振り返っていきたいと思います。経歴や代表作なども紹介していきますので、ぜひ記事をご覧になり、彼女の美貌を堪能なさってください。
tsukumo2403 | 7,090 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト