2017年9月2日 更新

鈴木雅之のソロデビュー曲『ガラス越しに消えた夏』大沢誉志幸が作曲&プロデュースした夏の名バラード

胸を締め付ける夏の名バラード、鈴木雅之『ガラス越しに消えた夏』。 大沢誉志幸作曲・プロデュースによる鈴木雅之ソロデビューシングルは、あの名曲のアンサーソングだった… この曲にまつわる意外なエピソードを懐かしい動画と共に紹介します。

817 view

鈴木雅之のソロデビューを成功させた極上バラード

ラッツ&スター(旧シャネルズ)のリーダー、鈴木雅之のソロデビュー曲『ガラス越しに消えた夏』。
毎年、夏になると聴きたくなる名バラードにまつわる意外なエピソードを懐かしい動画と共に紹介します。
『ガラス越しに消えた夏』鈴木雅之

『ガラス越しに消えた夏』鈴木雅之

1986年2月26日、1stアルバム『mother of pearl』と同時リリース
作詞:松本一起
作曲:大沢誉志幸
プロデュース:大沢誉志幸
日清カップヌードルCMソング

B面は『輝きと呼べなくて』

【CM】日清カップヌードル ハウンドドッグ・鈴木雅之

ハウンドドッグ『ff(フォルティシモ)』と鈴木雅之『ガラス越しに消えた夏』

セクシー&ダンディ路線に転向

ラッツ&スターでの顔を黒く塗り派手なスーツ姿、『め組のひと』など賑やかな曲の印象とは打って変わってダンディさを全開にした大人バラードでソロデビュー。

セクシーな歌声を引き立てる綺麗で繊細なメロディは多くの人を感動させ、ソロシンガー鈴木雅之を強く印象付けた。

【PV】鈴木雅之 - ガラス越しに消えた夏

鈴木雅之の持つ大人の色気、ダンディさが映像に凝縮されていて、思わず目を閉じてその世界観に浸りたくなる。
歌の上手さ、声のセクシーさを活かしたシンプルかつ効果的なPV

レコーディングのギター演奏は布袋寅泰。

1984年から布袋寅泰は個人としてのスタジオミュージシャン活動を再開。
この時期、中島みゆき・小泉今日子・大沢誉志幸・吉川晃司・鈴木雅之・泉谷しげるのゲスト・ギタリストとしても活躍していた。
2016年、鈴木雅之のソロ・デビュー30周年&還暦記念...

2016年、鈴木雅之のソロ・デビュー30周年&還暦記念コンサートに駆け付けた布袋寅泰。

作曲・プロデュースは大沢誉志幸

『ガラス越しに消えた夏』の作曲とプロデュースを行ったのは大沢誉志幸(現:大澤誉志幸)。
当時、大沢と鈴木は共にエピックレコードに所属しており、お互いのマネージャーが懇意であったことから関係が深まっていったという。

大沢誉志幸『そして僕は途方に暮れる』のアンサーソングだった…

大沢誉志幸が1984年にリリースしたヒット曲『そして僕は途方に暮れる』。
『ガラス越しに消えた夏』はこの『そして僕は途方に暮れる』のアンサーソングであったことが後に大沢自身から明らかにされている。

大沢誉志幸『そして僕は途方にくれる』

1984年9月21日リリース
作詞:銀色夏生
作曲:大沢誉志幸
編曲:大村雅朗

【CM】日清カップヌードル 大沢誉志幸『そして僕は途方に暮れる』

世界観が繋がっている『そして僕は途方に暮れる』も日清食品カップヌードルのCMソングであった。
大沢誉志幸にとって最大のヒット曲である『そして僕は途方に暮れる』だが、この曲はもともと鈴木雅之に提供する目的で作られたものだった。
プロデューサーの木崎賢治が曲が足りないから「他人にあげたけど歌われていな曲ないの?」と大沢に聞き、出てきた曲が『そして僕は途方に暮れる』であったという。

※大沢は別のインタビューでは鈴木ヒロミツと山下久美子に提供したが戻ってきたとも語っている。
「ガラス越し~」は、「途方に~」のその後の二人を描いている。
いわゆるアンサーソング、「途方に暮れる」で別れた二人がいて、そのあとの男の歌。
2曲ともヒットしたことが、あのときの時代の流れなんだなあと思ってね。
両曲とも大沢誉志幸が作曲であることを知っていても、『ガラス越しに消えた夏』が『そして僕は途方に暮れる』のアンサーソングであったということは意外に思える。

それは『そして僕は途方に暮れる』の作詞を女性である銀色夏生(ぎんいろ なつを)が手掛け、『ガラス越しに消えた夏』の歌詞を男性である松本一起(まつもと いっき)が手掛けているという違いが大きいのではないか。

詞の世界観と共通するのは、自分の道を進むため離れていった恋人を未練を残しながら想う男である。

『そして僕は途方に暮れる』と『ガラス越しに消えた夏』の歌詞比較

『そして僕は途方に暮れる』の歌詞

見慣れない服を着た
君が今 出ていった
髪型を整え
テーブルの上も そのままに
出典 歌詞:『そして僕は途方に暮れる』
ひとつのこらず君を
悲しませないものを
君の世界のすべてにすればいい
そして僕は途方に暮れる
出典 歌詞:『そして僕は途方に暮れる』
タイトルにもなっている一度聞いたら忘れない印象的なフレーズ「そして僕は途方に暮れる」や、「見慣れない服を着た 君が今 出ていった」など銀色夏生らしい繊細で生々しい表現が一人になった現実を残酷なほど意識させる。

さらに、歌詞の節々で表現されている絶妙な女々しさ加減が、恋人に出ていかれた男のやるせない悲しみと寂しさを際立たせている。

『ガラス越しに消えた夏』の歌詞

君は先を急ぎ
僕はふり向き過ぎていた
知らずに別の道
いつからか離れていった
出典 歌詞:『ガラス越しに消えた夏』
サヨナラを繰り返し
君は大人になる
ときめきと とまどいを
その胸にしのばせて
出典 歌詞:『ガラス越しに消えた夏』
「君は先を急ぎ 僕は振り向き過ぎていた」というフレーズは、自分の道を強く歩もうとする女性と取り残される男性という『そして僕は途方に暮れる』からのつながりを感じさせる。

「サヨナラを繰り返し 君は大人になる」の部分しか知らなかった段階では、「大人の階段昇る 君はまだシンデレラさ」の歌詞でお馴染みH2O『想い出がいっぱい』みたいに少女の成長を温かく見守るような歌詞かと思っていた…。

2番の歌詞では「サヨナラを言えただけ君は大人だったね」というフレーズからは大人になっていく女性(君)とは対照的な自分の未熟さへの嘆きとも取れる。

抽象的な表現を抑え、シンプルな単語を並べながら、なぜか心に響く。
美しいメロディと歌い手である鈴木雅之に全てを委ねることを意識したかのような歌詞である。


『ガラス越しに消えた夏』では、「君がいないだけ 今は苦しくない」と途方に暮れるほどの失恋から立ち上がりつつあるものの、未練や後悔を滲ませている。

歌詞のテイストは大きく違うが、たしかに両曲の世界観は共通している。
なのに『そして僕は途方に暮れる』のアンサーソングだと理解しにくかったのは、ダンディすぎる鈴木雅之が女性に振られて途方に暮れている姿が想像できないというのが一番の理由かもしれない…。

大沢誉志幸がセルフカバーした『ガラス越しに消えた夏』を聴いてみると、また違った印象を味わえる。

大澤誉志幸『ガラス越しに消えた夏』

大澤は1994年10月21日に『ガラス越しに消えた夏〔ストリングスバージョン〕』をシングルとしてリリース。
また、2008年には『ガラス越しに消えた夏〔夕凪バージョン〕』も発表している。

貴重な鈴木雅之&大澤誉志幸の共演『ガラス越しに消えた夏』

【動画】鈴木雅之&大澤誉志幸『ガラス越しに消えた夏』

「ラブソングの帝王」の始まり、それが『ガラス越しに消えた夏』

鈴木雅之は『ガラス越しに消えた夏』以降も、『もう涙はいらない』・『恋人』・『アダムな夜』などヒットを出し続け、姉・聖美や菊池桃子とのデュエットでも大ヒットを記録。
今では「ラブソングの帝王」とも呼ばれている。

そんな鈴木雅之も当時はソロとしてやっていけるか不安だったという。
デビュー楽曲を提供し、プロデューサーとして一緒にスタジオにこもっていた大澤誉志幸のことを「彼がいなければソロボーカリストの私は存在していない。盟友です」と感謝の気持ちを込めて語っている。

この『ガラス越しに消えた夏』で鈴木雅之は1991年に『紅白歌合戦』に初出場。
「ラブソングの帝王」代表曲の一つとして、そして夏の名バラードの一つとして、多くのファンに愛され続けている。

ラブソングの帝王、鈴木雅之を聴くなら

ALL TIME BEST ~Martini Dictionary~(初回生産限定盤) | 鈴木 雅之

3,979
鈴木雅之が贈る「ラヴソング大辞典」あの日の恋が、ここにある。35年間のヒットソングで綴る永久保存版シャネルズ~ラッツ&スター、そしてソロヴォーカリスト鈴木雅之とすべての時代の名曲、名唱を完全網羅した、初のオールタイム・ベスト・アルバム!
【初回生産限定盤】3CD+ボーナスCD
37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

解散から30年!日本ロック史に残るBOØWY伝説の「GIGS」がテレビで初放送されます!

解散から30年!日本ロック史に残るBOØWY伝説の「GIGS」がテレビで初放送されます!

BOØWYが解散宣言をした1987年12月24日の東京・渋谷公会堂公演の模様を収めた「BOØWY 1224 -THE ORIGINAL-」の発売を記念し、フジテレビTWOとJ:COMにて「BOØWY 35th Anniversary Dec.2017 -THE TV SPECIAL-」が放送されます。
隣人速報 | 5,520 view
『パズルボブル』シリーズの軌跡。アーケードから始まったアクションパズルの傑作をまとめます!

『パズルボブル』シリーズの軌跡。アーケードから始まったアクションパズルの傑作をまとめます!

1986年のヒット作『バブルボブル』のキャラクターを用いて、1994年にタイトーからアーケードゲームとして稼動された固定画面アクションパズル『パズルボブル』とその派生作品、続編などのシンプルな面白さに迫ります。
岸辺ミル | 390 view
【サブカル世界への入り口?】宝島社【VOW】ネター【誤植編】

【サブカル世界への入り口?】宝島社【VOW】ネター【誤植編】

1980年代から続く宝島社から出版されている雑誌の1コーナー「VOW」。街や新聞の中の「ヘンなもの」がぎっしりつまった、まさにサブカルチャーをポップにした立役者だと思います。今回、少しですが「VOWネタ」をご紹介したいと思います。
ジバニャンLOVE | 1,932 view
井上陽水&玉置浩二の31年振りのハーモニーが復活!NHK・SONGSで「夏の終わりのハーモニー」を歌唱!

井上陽水&玉置浩二の31年振りのハーモニーが復活!NHK・SONGSで「夏の終わりのハーモニー」を歌唱!

井上陽水と玉置浩二がNHK総合の音楽番組「SONGSスペシャル」で、1986年発売の「夏の終わりのハーモニー」を31年振りにデュエットする。放送は11月10日(金)午後10時から。
布袋寅泰 35周年アニバーサリー公演のライブ音源と映像が大迫力の臨場感でカラオケに登場!

布袋寅泰 35周年アニバーサリー公演のライブ音源と映像が大迫力の臨場感でカラオケに登場!

布袋寅泰のアニバーサリーライブ映像が迫力の新感覚カラオケコンテンツ「まま音」で、LIVE DAM STADIUMシリーズに10月25日より配信されることが決まりました!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト