祝デビュー40周年!新作『A KIND REVOLUTION』をリリースしたポール・ウェラーの名曲をまとめてみました!
2017年5月25日 更新

祝デビュー40周年!新作『A KIND REVOLUTION』をリリースしたポール・ウェラーの名曲をまとめてみました!

40年前にパンク・ムーヴメントを背景にデビューしたポール・ウェラーも、今年で59歳。ザ・ジャム、ザ・スタイル・カウンシルを経て、ソロになって以降も素晴らしい作品を作り続けている、我らがモッド・ファーザー!最新作『A KIND REVOLUTION』を発表したこのタイミングで、これまでリリースされたシングルの中から、名曲の数々を振り返ってみましょう!

952 view

ザ・ジャム

The Jam - New Songs, Playlists & Latest News - BBC Music (1869000)

ギターとヴォーカルを担当するポール・ウェラーを中心に、ベースのブルース・フォクストンとドラムのリック・バックラーの3人によるロック・バンド。1977年、ウェラー若干18歳の時にデビューを果たし、ヒットを連発。パンク及びネオ・モッズを代表するグループとなりました!1982年に人気絶頂の中、まさかの解散。まずは、そんなウェラーの原点ともいえるザ・ジャム時代の名曲をご紹介します。

The Jam - In The City

1977年にリリースされた記念すべきデビュー・シングルで、全英40位を記録。ザ・フーやセックス・ピストルズなどに触発されたというだけあって、エネルギッシュで疾走感溢れる、分かりやすいビート・ロック!

Amazon.co.jp: ザ・ジャム : イン・ザ・シティ - ミュージック

[イン・ザ・シティ] ザ・ジャム - CD・レコードの購入はオンライン通販アマゾン公式サイトで。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。
「 In The City」収録

The Jam - Down In The Tube Station At Midnight

1978年にリリースされた、全英15位のヒット・シングル。この頃ウェラーは多彩な楽曲を書くようになっており、早くもその才能を示すことに成功。この曲は真夜中の地下鉄駅を舞台に都会の暴力を歌にした物語性の強いもので、イントロなどで使われている地下鉄の音も実に効果的でした。当時既に形骸化しつつあったパンク・シーンに留まることなく、ウェラーの音楽性はどんどん進化していくことになるのです!

Amazon.co.jp: Jam : All Mod Cons - ミュージック

[All Mod Cons] Jam - CD・レコードの購入はオンライン通販アマゾン公式サイトで。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。
「Down In The Tube Station At Midnight」収録。アルバム・タイトルからして、既にパンク・シーンに留まらず、ネオ・モッズを代表する存在に。

The Jam - The Eton Rifles

1979年にリリースされ、ザ・ジャム初の全英トップ10に入る大ヒットを記録(最高3位)!失業者や労働者階級の人々が直面する困難を綴った歌詞で、イギリスの階級社会を風刺した内容が、多くの共感を得たとも言えそうです。

The Jam - Going Underground

1980年にリリースされ、遂に初の全英1位を獲得!キャッチーなメロディーを疾走感溢れるソリッドなロック・サウンドで聴かせてくれる、ザ・ジャムらしさ全開の一曲。当時はシングルのみのリリースだったため、オリジナル・アルバムなどには収録されていませんでした。

Amazon.co.jp: Jam : Setting Sons - ミュージック

[Setting Sons] Jam - CD・レコードの購入はオンライン通販アマゾン公式サイトで。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。
「The Eton Rifles」収録。このデラックス・エディションにはボーナス・トラックとして「Going Underground」も収録。

The Jam - That's Entertainment

本国イギリスでは1980年当時シングルでリリースされず、輸入盤のみの販売だったにも関わらず翌1981年に21位のヒットを記録。その後、英国でもたびたび(1983年と1991年)シングル・リリースされる人気曲となりました。酔っぱらってパブから帰ってきて、わずか10分で書いたとウェラー自身が公言していますが、ザ・ジャムにしては珍しいアコースティック・ギターが新鮮なシンプルなナンバー。ソロ転向後のライヴでもよく演奏されている、傑作です!

Amazon.co.jp: JAM : SOUND EFFECTS - ミュージック

[SOUND EFFECTS] JAM - CD・レコードの購入はオンライン通販アマゾン公式サイトで。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。
「That's Entertainment」収録

The Jam - Town Called Malice

1982年にリリースされ、全英1位を獲得。ヒットの方程式とも言えるモータウン・ビートを用いたキャッチーなナンバーで、ウェラーのホームタウンのことを歌っているのだとか。この曲のタイトルは1950年の小説「A Town Like Alice」をもじったものと言われていますが、ウェラー本人はこの曲を書いた時点でその小説は読んだことがなかったそうです。いまだにライヴでやると盛り上がる名曲ですね!

The Jam - Beat Surrender

1982年にリリースされたザ・ジャムのラスト・シングルで、当然のように全英1位の大ヒットを記録。ホーンやキーボード、女性コーラスを多用していることもあり、ウェラーが次に結成するザ・スタイル・カウンシルへの布石とも言える仕上がりとなっています。

Amazon.co.jp: Jam : Gift-Deluxe Edition (2cd) - ミュージック

[Gift-Deluxe Edition (2cd)] Jam - CD・レコードの購入はオンライン通販アマゾン公式サイトで。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。
「Town Called Malice」収録。このデラックス・エディションにはボーナス・トラックとして「Beat Surrender」を収録。
わずか6年という活動期間の中で音楽的に急成長したポール・ウェラーは、ザ・ジャムでは物足りなくなってしまい、より高度な音楽性にチャレンジすべく、1982年人気絶頂の中、ザ・ジャムからの脱退を決意。結果的に、ザ・ジャムは解散することになってしまったのでした。

ザ・スタイル・カウンシル

The Style Council Albums: songs, discography, biography, and listening guide - Rate Your Music (1869002)

ザ・ジャム時代に共演したこともあり、デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズなどにも参加していたことで知られるキーボード奏者、ミック・タルボットと組んだユニットがザ・スタイル・カウンシル。後に女性シンガーのD.C.リー、ドラムのスティーヴ・ホワイトも正式メンバーとなりました。ロックはもちろんのこと、ソウルやジャズなどの要素も取り入れたポップな音楽性と、政治的なメッセージ性を兼ね備え、スタイリッシュなヴィジュアルでも人気を博しました。

The Paris Match - The Style Council (Top of the Pops 1983)

結成後、最初の一年はシングルを4枚続けてリリースするなど、より個々の楽曲にスポットを当てるような活動を行っていました。中でも、1983年に「Long Hot Summer」と両A面シングルとしてリリースされたこの曲は、ウェラー本人もお気に入りの名曲。自身で歌った他、エヴリシング・バット・ザ・ガールのトレイシー・ソーンやD.C.リーが歌ったヴァージョンも人気です。
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

UKパンクの最重要バンドにして世界最高峰のビートバンド、ザ・ジャムの魅力はライブにあり!

UKパンクの最重要バンドにして世界最高峰のビートバンド、ザ・ジャムの魅力はライブにあり!

パンク・バンドとしてデビューしながらも、幅広い音楽性を取り入れUKロックの歴史を塗り変えてしまったザ・ジャム。その最大の魅力はライブ!ザ・ジャムのデビューから解散までを音と映像でリアルに追体験できる「ファイヤー・アンド・スキル」と「アバウト・ザ・ヤング・アイデア+ライヴ・アット・ロックパラスト 1980」をご紹介します。
obladioblada | 2,182 view
新しいモッズ像を創造し定着させた、ポール・ウェラー率いるスタイル・カウンシルのイキなセンス。

新しいモッズ像を創造し定着させた、ポール・ウェラー率いるスタイル・カウンシルのイキなセンス。

キング・オブ・モッズとして今なおイギリス国民から尊敬されているポール・ウェラー。その彼が80年代に率いたスタイル・カウンシルは、本国以上に日本でバカ受けしました。その理由はオシャレなサウンドとファッションセンス。今でも魅力的です。
obladioblada | 1,038 view
「THE COATS(ザ・コーツ)」甲本ヒロトが結成したバンド!THE BLUE HEARTSで曲が引き継がれた!!

「THE COATS(ザ・コーツ)」甲本ヒロトが結成したバンド!THE BLUE HEARTSで曲が引き継がれた!!

THE COATSは、モッズシーンで人気があり、多くのバンドマンの憧れの存在でした。しかし、バンド活動期間は短く、デビュー前に解散しています。また、ボーカルの甲本ヒロトがその後に結成したTHE BLUE HEARTSの初期にTHE COATSの曲が多く使用されています。
星ゾラ | 18,725 view
【スタイル・カウンシル】パンクのカリスマから80年代お洒落サウンド仕掛け人へ。ポール・ウェラーの音楽的変遷。

【スタイル・カウンシル】パンクのカリスマから80年代お洒落サウンド仕掛け人へ。ポール・ウェラーの音楽的変遷。

ポップはもちろんジャズやソウル、ファンクなどあらゆる音楽を取り込んでスタイリッシュに昇華させ、80年代のお洒落人間の御用達ミュージックとして絶大な人気を誇ったスタイル・カウンシル。オーガナイザーであるポール・ウェラーはパンク・ヒーローからなぜ変遷していったのか?そして、80年代と見事にリンクしたスタイル・カウンシルの音楽の魅力とは何だったのか?
村井直輝 | 22,447 view
スピード感あふれた様々なサウンドを作り出すバンド『ルースターズ』

スピード感あふれた様々なサウンドを作り出すバンド『ルースターズ』

ボーカルの体調不良などで曲にイメージが変わり、ボーカルが脱退した後のルースターズの曲は更に変化しました。
星ゾラ | 8,861 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト