藤子不二雄マンガに欠かせない、主役の頼もしさを引き立たせる男の子たちをランキング!
2017年1月12日 更新

藤子不二雄マンガに欠かせない、主役の頼もしさを引き立たせる男の子たちをランキング!

藤子不二雄マンガといえば「愛されて頼れる主人公」と、それを引き立たせる「頼りない男の子」といった基本構図が思い浮かびます。とはいえ個々のマンガでその設定は異なっていましたので、男の子たちを一堂に会して比較してみたいと思います。エントリーするのは「ドラえもん」「怪物くん」「パーマン」「忍者ハットリくん」「キテレツ大百科」「オバケのQ太郎」の6作品です。

8,055 view
「ドラえもん」「怪物くん」「パーマン」・・・
いくつもの藤子不二雄マンガやアニメを観て、私たちは育ちました。

頼りがいのある主人公、その隣には主役を引き立たせる男の子が付き物でした。
わりと情けなく、ときに芯の強さを発揮した彼らについて、いかに主役を引き立たせたか(いかに頼りなかったか)をランキング形式にしてみます。

エントリーするのは「ドラえもん」「怪物くん」「パーマン」「忍者ハットリくん」「キテレツ大百科」「オバケのQ太郎」より、以下6名の男の子たちです!

エントリーNo.1 野比のび太(ドラえもん)

野比のび太

野比のび太

「ドラえもん」よりエントリー。
エントリーした6名の中では抜群の知名度か。
オールマイティー的な「ひみつ道具」を操るドラえもんの横で、頼りなさを遺憾なく発揮出来たと思われます。

エントリーNo.2 市川ヒロシ(怪物くん)

市川ヒロシ

市川ヒロシ

「怪物くん」よりエントリー。
主役の頼もしさを引き立たせる、という点では怪物3人組が脇を固めた怪物くんのなかで、どこまで存在感を発揮出来たか!?

エントリーNo.3 須羽ミツ夫(パーマン)

須羽ミツ夫

須羽ミツ夫

「パーマン」よりエントリー。
「パーマン1号=ミツ夫君」ですが、パーマンでない状態の彼はどのくらい頼りなかったのかがポイントとなりそうです!

エントリーNo.4 三葉ケン一(忍者ハットリくん)

三葉ケン一

三葉ケン一

「忍者ハットリくん」よりエントリー。
エントリーした各作品の主役ではハットリくんのスペックはさほど高くはなさそうですが、そんな主役をどのくらい引き立たせることが出来たのでしょうか?

エントリーNo.5 木手英一(キテレツ大百科)

木手英一

木手英一

「キテレツ大百科」よりエントリー。
エントリーの中では唯一「頼れる主人公」のポジションであり、ランキングの主旨からすると上位進出は期待薄(優秀過ぎる)となりそう!?

エントリーNo.6 大原正太(オバケのQ太郎)

大原正太

大原正太

「オバケのQ太郎」よりエントリー。
6作品ではもっとも初期の作品で「Qちゃん=頼れる」という構図でもなかったため、主役を引き立たせたという点ではどうでるか!?
さあ、それでは6名の男の子を「どれだけ主役を引き立たせたか(頼りなかったか)」という視点で比べていきましょう。

野比のび太

エントリーされた6作品では、なんといっても最強の「ひみつ道具」を有するドラえもん。
そんなドラえもんの相棒として、のび太くんはいかんなくドラえもんの頼もしさを引き立たせてくれました。

知力、体力、運いずれもなかなかの低レベル。なぜか「あやとり」がプロレベル。
のび太くんは東京都練馬区在住の小学4年生

のび太くんは東京都練馬区在住の小学4年生

ドラえもんからは「のび太くん」と呼ばれています。
勉強は駄目、スポーツも駄目、何をやらせても冴えない少年。物語は彼の不幸な将来を変えるために、未来の子孫であるセワシからドラえもんが送られたことから始まる。以降、困りごとがあったり、トラブルに巻き込まれるとドラえもんに泣きつき、ひみつ道具に頼ろうとする。それに応じて出したひみつ道具を応用することに関しては、時折天才的なひらめきを見せるが、結果的に失敗することの方が多い。一人称は基本「僕」だが、高校生では「俺」を使っていた。
大長編シリーズおよび映画シリーズでは上に述べた欠点もあるにはあるが、これをカバーして余りある勇敢な少年として描かれる傾向がある。このことは作品内でもスネ夫に、「のび太は大長編だとかっこよくなる」という旨のセリフを言わせている。
たしかに映画シリーズでののび太くんは頼もしく見えた気がします。

ただ映画ではジャイアンがいいヤツだったり、キャラ設定が若干違っていたと思われるのであくまでもマンガやアニメでの日常で考えると、なかなかに頼りなかったのび太くん。

テレビアニメでは「のび太くん0点」というテーマソングも。
ドラえもん無くして、やってはいけないのび太くんなのです。

Nobita-kun Reiten (のび太くん0点) - Doraemon

58 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

この夏、生誕80周年記念『藤子・F・不二雄展』が松坂屋美術館で開催!ドラえもんなど人気キャラに会える

この夏、生誕80周年記念『藤子・F・不二雄展』が松坂屋美術館で開催!ドラえもんなど人気キャラに会える

生誕80周年記念「藤子・F・不二雄展」が、今回名古屋の松坂屋美術館で開催される。270作品を生み出し、5万枚の原稿を描き続けた藤子・F・不二夫の歴史を振り返る事が出来る。
red | 1,446 view
ドラえもんの原点をたどる!藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー、富山県高岡市にオープン

ドラえもんの原点をたどる!藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー、富山県高岡市にオープン

『ドラえもん』や『パーマン』などで有名な漫画家・藤子・F・不二雄の「原点」にフォーカスした「高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」が、高岡市美術館に12月1日(火)12:00にオープンする。
FOCUS | 1,225 view
ドンジャラで脳の加齢を防ぐ!?脳科学者が「ドラえもんのドンジャラは脳を鍛える!」とお墨付きを与えたと話題に!!

ドンジャラで脳の加齢を防ぐ!?脳科学者が「ドラえもんのドンジャラは脳を鍛える!」とお墨付きを与えたと話題に!!

ドンジャラで脳の加齢を防ぐ!?このたび、現在販売中のドラえもんの絵合わせゲーム『ドンジャラドラえもん1000000(ミリオン)』が東北大学加齢医学研究所教授・川島隆太博士より、脳科学の見地から「遊べば遊ぶほど脳を鍛えるボードゲームである」と推奨されたと話題になっています。
隣人速報 | 613 view
ドラえもんシリーズ みんなが選んだ『感動作品№1』【帰ってきたドラえもん】

ドラえもんシリーズ みんなが選んだ『感動作品№1』【帰ってきたドラえもん】

1998年、映画ドラえもんのび太の南海大冒険」と同時公開された作品。てんとう虫コミックス第6・7巻【帰ってきたドラえもん】をアニメ化した感動作品!別れを告げるときのドラえもんと安心して帰れるように送り出そうと奮闘するのび太の姿に涙腺崩壊。
ローズリー | 3,943 view
【第1回】セーラームーンキャラクター人気投票トップ10

【第1回】セーラームーンキャラクター人気投票トップ10

講談社なかよしでセーラームーンキャラクター人気投票が行われ、1993年3月号に結果が掲載されました。38位までが発表された中からトップ10のキャラクターを振り返ります。1位はやっぱりあの人かな…
ローズリー | 18,561 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト