70年代~80年代の音楽シーンで活躍!パンク、ロック界で今なお影響を与え続けている偉大なバンド『ザ・クラッシュ(The Clash)』
2016年8月10日 更新

70年代~80年代の音楽シーンで活躍!パンク、ロック界で今なお影響を与え続けている偉大なバンド『ザ・クラッシュ(The Clash)』

セックス・ピストルズと並んで、最も成功したパンクバンドの一つであり、また時代を象徴するロックバンドです。レゲエやダブ、ゴスペル、フォーク、R&B、ロカビリー、ジャズ、スカ、カリプソといった様々な音楽的要素をバンドに取り入れていました。そしてローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティストにも28位で選ばれています。

8,203 view
1978年11月10日に2ndアルバム『動乱(獣を野に...

1978年11月10日に2ndアルバム『動乱(獣を野に放て) (Give 'Em Enough Rope)』を発売。

ライターのデヴィッド・マクローチが「波打つ重金属 (swash-buckled heavy-metal)」と称し、「前回のLP以来最高のLPだ。個人的には過去に録音されたすべてのレコードを超えると思う」と絶賛しました。
その後、クラッシュは音楽性の幅を広げ、他のパンクバンド...

その後、クラッシュは音楽性の幅を広げ、他のパンクバンドとは一線を画した作品をリリースすることになる。1979年12月14日に3rdアルバム『ロンドン・コーリング』ではアメリカでも広く知られるようになり、今までパンクをこき下ろしてきたイギリスの音楽批評誌にも絶賛されることとなる。

直球勝負のパンク・ロックは鳴りを潜め、幅広い音楽スタイルを盛り込んだ作品です。
アルバム「ロンドン・コーリング」のジャケット写真、ポール・シムノンが自らのベースを叩き壊しています紛れもなくパンクの象徴となったショット
1980年12月12日に4thアルバム(3枚組の意欲作...

1980年12月12日に4thアルバム(3枚組の意欲作)『サンディニスタ!』を発売。本国だけではなくアメリカでも次代を担うバンドの一つとしての評価を確立しました。

このアルバムで「ストラマー/ジョーンズ」だった作者クレジットがはじめて「ザ・クラッシュ」になりました。そして4人全員がリード・ボーカルを執った唯一の作品です。
しかし、バンド結成の立て役者でありながら一度は解雇されたバーニー・ローズがマネージャーの座に復帰したのを契機に、メンバー間の関係性にヒビが入りはじめました。
1982年5月14日に、5thアルバム『コンバット・ロ...

1982年5月14日に、5thアルバム『コンバット・ロック』発売前に、バーニー・ローズの発案で、話題づくりのためストラマーが失踪。このことがきっかけとなりメンバー間に不協和が生まれ、『コンバット・ロック』発売直前にトッパー・ヒードンがヘロイン中毒により脱退、1983年3月28日にカリフォルニア州サンバーナーディーノで開催されたUSフェスティバルを最後にジョーンズがグループをクビになってしまいます。

当時のミック・ジョーンズの解散では・・・。
ジョーとポールが待っていた。「俺たちはお前にやめて欲しいんだ」とジョーが口火を切る。「お前はどうなんだ」とミックはポールを振り返った。「俺もだ。やめてくれ」とポール。ミックは僕に語ってくれた。「俺はギターをケースに入れて、抱きかかえて出て行ったんだ」。バーニー・ローズが彼を追いかけ小切手を持たせたそうだ。「退職者に金時計を、ってわけさ」
ストラマーとシムノンは新メンバー3人を迎えた新体制で再...

ストラマーとシムノンは新メンバー3人を迎えた新体制で再出発を図るが、1985年11月4日に発表した6thアルバム『カット・ザ・クラップ』はメディア、ファン両者の支持を得られず、結局バンドは解散しました。

ツアーは成功だったが、レコードは売れなかった。『アースクエイク・ウェザー』の売り上げは全世界でわずか7000枚という寂しい数字で、映画のサントラだからという言い訳ができた『ウォーカー』の半分にも満たなかった。こうした悲惨な売れ行きは(略)大きな痛手となり、この失敗を一人で背負い込んだ彼は(略)失望しバンドを解散させてしまう。

 (略)「面白かった。みんな腕のいいプレイヤーだったし。だけど俺は心の奥で、新しいものはもう作れないなとわかってたよ。だから解散させたんだ。みんなには感謝してる」。
ザ・クラッシュの出したアルバムはどれも素晴らしく、現在でも色褪せない曲が多いです。私的には、当時人気だったセックスピストルズよりザ・クラッシュの曲の方が楽しめ聴くことができ、音や歌詞のセンスもあると思っています。有名になった事でバンド内で色々とありましたが、最強のメンバーが終結した最高のバンドです。

ザ・クラッシュが日本で来日公演をしていた!!

初来日にして最後の来日となったクラッシュのライヴは'82年1月24日の渋谷公会堂を皮切りに、新宿厚生年金会館、中野サンプラザホールでの7公演プラス大阪での2公演が行われた。今では考えられない事だが、昼・夜2回公演をこなしたりもしている。2月1日、中野サンプラザでのライヴは当時NHKにてテレビ放送された。ジョーストラマーが『団結』、トッパーヒードンが『神風』と書かれたハチマキをまいていたのが、とても印象深く記憶されている。
 (1638251)

The Clash - Live in Tokyo, Japan 1982 - full concert - YouTube

来日公演の映像です。
出典 youtu.be

ボーカルのジョー・ストラマーについて

「ジョーは周囲に取り巻きを必要としていて、いつも誰かの励ましがないとダメだったの。繊細だったのね。楽屋に入っても、ファンのために虚勢を張ってたわ。ジョー・ストラマーという別の人間になって、自分の中の不安を拭い去ってたのよ」
ジョーと身近で接していた誰もが、ジョーは自分に違和感を持っていたことに気付いている。何かしっくりこないことでもあるのか、ピリピリしたムードを漂わせたジョー。
(略)
「特に女性に対しては彼はすごく冷たかった。本当は優しくて思いやりがあるのに、変よね。女性に対しての態度は理解できなかったわ。利用するだけの存在っていうか。学生時代、自分が醜くて、女の子に相手にされないといつもコンプレックスを抱えてたのよ。バンドに入れば少しはマシになるかなってとこだったのね。私に2度ほどそんなことを言ってた。自分が女性から好かれてるって証明したくて、いいように利用してたのね。ジョーは毎晩、別の子を相手にしてたわ」
86年末母死去。さらにひきこもるジョー。

アースクエイク・ウェザー(89年発表)
デモを聴かせろと会社から言われてソングライターとしてのプライドが傷ついたり。

最新音楽事情を把握させようと優れた新作を周囲が聴かせようとすると。

ルー・リードの『ニューヨーク』は自信喪失したくないと断固拒否。

当時好んで聴いていたのはポール・サイモンの『グレイスランド』。

1999年に結成したバンド『ザ・メスカレロス』では、

。クラッシュ時代と同じく、ジョーはライヴが始まるまでの昼間はほとんど口を利かず、飴玉をなめてハーブ・ティーをすする。ライヴ前の気付け薬となるグラスー杯のブランデー以外は、ステージが終わるまでほとんど口にしない。サウンドチェックではジョーだけバンドを抜けて一人でプレイし、修正したい問題が生じたときだけバンドとチェックする。「僕たちが実際口を利くのはライヴが終わって、夜バスに戻ってからやっとだよ」とスコット。「本当に奇妙な関係さ。時々ジョーは親父みたいにどっしりして、時には悪魔、また時には理解できない人間になるんだ。ステージではいつもとんがっていて、次どうくるかわからなくて、冷や冷やさせる。最初バンドの中では緊張してたよ」。ラティーノ・ロカビリー・ウォーのときと同じく、ジョーは観客の見えないところで、手を背中に回してバンドに指示を出していた。合図を見逃したメンバーにはモノが飛んでくるのだ。
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ファットボーイ・スリム!イギリス発のクラブミュージックDJ!日本でも馴染み深い音楽がありますね!

ファットボーイ・スリム!イギリス発のクラブミュージックDJ!日本でも馴染み深い音楽がありますね!

ファットボーイ・スリムと言えば、ハウスマーティンズやビーツ・インターナショナルで成功を収めたアーティストですね!ファットボーイ・スリムは「ビック・ビート」という音楽ジャンルにおいて大御所でもあります!
ひで語録 | 1,653 view
遠藤ミチロウ率いる「ザ・スターリン」が横浜国立大学で行った超初期のライブ音源が奇跡のCD化!!

遠藤ミチロウ率いる「ザ・スターリン」が横浜国立大学で行った超初期のライブ音源が奇跡のCD化!!

伝説のミュージシャン・遠藤ミチロウが率いたことで有名なパンクバンド「THE STALIN(ザ・スターリン)」の結成初期の貴重なライブ音源を収録したCD『豚に真珠 ~LIVE at 横浜国立大学1980.11~』の発売が決定しました。
隣人速報 | 953 view
X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI(54)が、28年ぶりとなるオール撮りおろし写真集『XY』を発売することが決定しました。
隣人速報 | 394 view
THE BLUE HEARTSの結成からついに35周年!記念ベストアルバムの発売&過去のベスト盤の再発が決定!!

THE BLUE HEARTSの結成からついに35周年!記念ベストアルバムの発売&過去のベスト盤の再発が決定!!

ロック史に名を残す伝説的バンド「THE BLUE HEARTS」が結成35周年を迎えたのを記念し、35周年記念ベストアルバム『ALL TIME MEMORIALS Ⅱ』の発売と、2010年の結成25周年の際に発売された『ALL TIME SINGLES ~SUPER PREMIUM BEST~』の再発が決定しました。
隣人速報 | 3,661 view
「情熱の薔薇」など、ブルーハーツのワーナー時代の楽曲がリマスターで配信開始!ミドルエッジの特設サイトも要チェック!

「情熱の薔薇」など、ブルーハーツのワーナー時代の楽曲がリマスターで配信開始!ミドルエッジの特設サイトも要チェック!

ワーナー時代にTHE BLUE HEARTSが発表したシングル全作品のリマスター版、そして30周年記念ベストの「ワーナー盤」のダウンロード配信がスタート!
隣人速報 | 2,125 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト