2017年1月14日 更新

筋骨隆々・寺尾!18歳の貴花田に敗れ、さがりを花道に叩きつけた!1勝14敗でも貴乃花に勝ちたい!!

元関脇鶴ヶ嶺を父に持ち、二人の兄も力士で、井筒3兄弟と言われた角界のサラブレッド・寺尾。しかし、親の七光りではなく、努力と情熱で39歳まで現役を続け、鉄人と呼ばれた。貴花田との名勝負や貴闘力や小錦の最後の取組相手にもなった寺尾の足跡を辿る。

89,062 view

寺尾常史(てらお つねふみ)

1963年2月2日生まれ。
東京都墨田区生まれ。鹿児島県姶良市(旧:姶良郡加治木町)出身。

身長185cm、体重116kg。最高位は東関脇。
角界での愛称は「アビ」。井筒部屋に外国人の見学者がやってきた際、"a baby"と言ったところ、兄たちが「アビ」と聞き違え、そのまま愛称として定着した。
引き締まった筋肉質の身体をしていた寺尾

引き締まった筋肉質の身体をしていた寺尾

もろ差し名人として鳴らした元関脇鶴ヶ嶺を父に持つ。また、母は25代横綱2代西ノ海の孫娘であった。
長兄は元十両鶴嶺山、次兄は元関脇逆鉾という力士一家に生まれた。井筒3兄弟と言われた。

父・鶴ヶ嶺は厳格な人間であり、その影響で小さいころから父に対しては敬語を使っていたという。
甘いマスクの力士でもあった

甘いマスクの力士でもあった

角界入りの裏に亡くなった母の愛情

安田学園高校入学後に相撲を始める。厳しい稽古を乗り越えて試合で勝つことの爽快感から相撲にのめりこむようになっていく。2年生時点では角界入りを志すようになっていたが、長兄が次兄の入門の際に強硬に反対したことから角界入りへの意思をなかなか伝えられないでいた。

しかし、1979年5月場所の千秋楽の日、癌で闘病中であった最愛の母を見舞った後長兄に突然「お前、学校やめて相撲取りになったらどうだ?」と声を掛けられた。

その後母の通夜の晩に父親に入門の意思を伝え、そのまま高校を中退して兄達を追うようにして角界入りする(寺尾は後年インタビューで「あのお兄ちゃんの言葉は、おふくろの置きみやげだったと思ってるんですよ。きっと俺の気持ちを判っていて、相撲取りにならせてくれたんだな、って。」と往時を振り返っている。)。

入門後は寺尾節男を名乗った。これは母(福薗節子)の旧姓・寺尾から取ったものである。
父・鶴ヶ嶺

父・鶴ヶ嶺

体重を増やすのにひと苦労した

初土俵の時に85kgしかなかった体重を100kgまで増やすために大変な努力をしたという。
横になると口から食べたものが出る程食べ、夜も食べ物が胃から腸に下りるまで壁に寄りかかり、横になれるのは明け方から数時間程度という生活を約5年続け、100kgの大台に乗ったのは1984年(昭和59年)9月場所のことである。
まだ髷も結えない頃の寺尾(右)

まだ髷も結えない頃の寺尾(右)

筋骨隆々になる以前。

相撲の取り口と連続出場記録

現役時代はソップ体型(相撲用語で筋肉質・比較的痩せ型の力士のこと)だった寺尾。
若い頃は回転の速い上突っ張りといなしで勝負しており、その敏捷な動きから海外公演で「タイフーン」の通称がついたほどだった。また右を差すこともあり、下手投げは強かった。

晩年は突っ張りの後、父・兄が得意としていた両差しの相撲を取るようになった。

1997年3月場所で骨折し、初土俵以来続いた連続出場記録が1359で途切れるが、39歳まで現役を続け、鉄人と呼ばれた。
寺尾

寺尾

18歳の貴花田に敗れ、悔しがった寺尾

1991年3月場所、18歳の貴花田に敗れ、さがりを叩きつけるなど悔しさを露にした。
引退直後の会見で、「今まで一番悔しかった取組」としてこの一番を挙げた。それでも寺尾は引退後に「あの悔しさがあったから長く相撲が取れた」と語っている。

後の2010年に大相撲中継にゲスト出演した際に、この一番について「悔しい気持ちはわかるけど、あれ(下がりを叩きつける)はいけませんね(笑)。もし、弟子が同じようなことをしたら即刻注意しますね(苦笑)。」と語っていた。

貴花田 × 寺尾/ 1991.03

貴花田に対して対抗心をむき出しにする寺尾。上記の取組後は相撲協会に、寺尾の態度に対して苦情が殺到した。当の寺尾自身はあまりの悔しさに食事ものどを通らなかったそう。
本人は「高3(18歳)には負けたくない」と取組に臨んだと後年語っている。
また、同じく角界のサラブレッドであり、兄弟力士として人気があったことも影響しているのかも知れない。

以降、対戦成績では大差をつけられるが、「1勝14敗でもいいから貴乃花に勝ちたいと思っていた」という寺尾。満身創痍の身体を熱く燃え続けさせたのは打倒・貴花田(貴乃花)であることは間違いないだろう。

1995年の3月場所に横綱・貴乃花から初の供給となる金星を獲得している。

【名勝負】平成3年 夏場所 貴花田vs寺尾

貴乃花vs寺尾

貴乃花vs寺尾

多くの力士の「最後の取組相手」を務めた

学年は寺尾が1年上ではあるが、同じ昭和38年(1963年)生まれの「花のサンパチ組」と呼ばれ、良きライバルだった、元横綱北勝海・元大関小錦・元関脇琴ヶ梅の引退相撲では、異例とも言える最後の取組相手として指名され、寺尾はそれぞれ3人の力士と土俵に上がり勝負した。

また、2002年9月場所は寺尾の現役最後の場所となったが、12日目、元関脇貴闘力と十両の地位で対戦。貴闘力は寺尾に敗れて負け越し幕下陥落が確定的となり、その日限りで現役引退を表明した。
その取り組み後には、寺尾が土俵上で貴闘力の肩をそっと叩き、互いの労をねぎらうというシーンが見られた。
小錦との取組

小錦との取組

平成14年9月場所12日目 貴闘力-寺尾 貴闘力現役最後の一番

平成14年9月場所15日目 小城錦-寺尾 寺尾現役最後の一番

寺尾語録

●「今日一日の努力」
 
 毎日頑張ろうと思うと疲れる。
 今日一日だけなら頑張れる。
 その積み重ね。

●「子供の頃、手伝いをしたら、おふくろにものすごく褒められて、
 うれしかった。その延長で、何か一生懸命やっていれば、
 褒めてもらえそうな気がした。そんな毎日だった。」
引退後も凛々しい寺尾(錣山親方)

引退後も凛々しい寺尾(錣山親方)

引退後、錣山親方を襲名し、1年間井筒部屋付きの親方を経験し、錣山部屋を設立。

現在も、後進の指導をしている錣山親方ですが、
「部屋に入ってきた子供(弟子)の一生を守ってあげることができる!」
「子供(弟子)のために死んであげれる!」といつも考え、
「怒るときも真剣に!」をモットーとしている。

相撲を途中でやめていく子供(弟子)の仕事の面倒もみている。
子供(弟子)とは、一生付き合うことが親方の使命と考えている。
弟子に指導をする寺尾(錣山親方)

弟子に指導をする寺尾(錣山親方)

出典 chuplus.jp

通算成績、主な受賞歴

通算成績:860勝938敗58休 勝率.478
通算勝利860は歴代9位、通算敗北938は歴代2位
幕内成績:626勝753敗16休 勝率.454
通算出場:1795回(歴代3位)
通算連続出場:1359回(歴代6位)
現役在位:140場所
幕内在位:93場所(歴代4位)
幕内出場:1378回(歴代4位)
幕内連続出場:1063回(歴代4位)
三役在位:13場所(関脇7場所、小結6場所)
三賞:7回
殊勲賞:3回(1989年1月場所、1994年5月場所、1995年3月場所)
敢闘賞:3回(1986年9月場所、1989年9月場所、1994年3月場所)
技能賞:1回(1989年7月場所)
金星:7個(千代の富士1個、北勝海1個、大乃国3個、貴乃花1個、武蔵丸1個)
各段優勝
十両優勝:2回(1985年1月場所、1985年5月場所)
井筒三兄弟(寺尾は一番右)

井筒三兄弟(寺尾は一番右)

端正なマスクだけでなく、情熱的な取組も魅力だった寺尾。
引退後も弟子に厳しくも温かな指導を行っているようだ。
普段は寡黙ながらほんわかとして人当たりの良い彼だが、稽古場では「コノヤロー」と罵声を飛ばしている。しかし、怒鳴りながらもきちんと改善点を伝える。そこに愛情を感じることができる。
彼に育てられた弟子は伸び伸びとした相撲を取るのだろうと思う。

元小結の豊真将は、負けても取組後に深々と礼をする所作で見る者を爽やかな気持ちにさせてくれたが、これは師匠である寺尾(錣山親方)の教えであり、「ピシッとやると、大きく見えて、相手を威圧できる」という意味合いもあったという。

寺尾(錣山親方)は豊真将の引退会見で「礼で始まり、礼で終わる相撲道を体現できる数少ない力士。弟子ながら尊敬している」と称賛していた。また、弟子に対してもそうしたことを言える懐の大きさも寺尾(錣山親方)の魅力だろう。

オススメの特集記事

40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

98年以降、長らく日本出身”最後の横綱”だった若乃花!実は横綱昇進の口上で引退を表明するつもりだった!

98年以降、長らく日本出身”最後の横綱”だった若乃花!実は横綱昇進の口上で引退を表明するつもりだった!

2017年1月25日、大関・稀勢の里が横綱昇進を決定させた。19年ぶりの日本出身力士の横綱誕生となったが、20世紀最後の日本出身横綱は若貴ブームで有名な若乃花だった。また、稀勢の里が2016年に年間最多勝を獲得するまで、日本出身力士としては若乃花が最後に受賞していた。
ひで語録 | 9,399 view
今夜7時から「大相撲総選挙」放送!ファン1万人が投票し「歴代のすごい力士」No.1を選出!

今夜7時から「大相撲総選挙」放送!ファン1万人が投票し「歴代のすごい力士」No.1を選出!

本日19時から、テレビ朝日系で「力士・親方70人&ファン1万人がガチで投票!大相撲総選挙」が放送される。同番組では、現役力士と親方70人に加え、ファン1万人の投票によって「歴代のすごい力士」No.1を選出する。
若貴ブームに沸く92年公開!映画『シコふんじゃった。』モックンが弱小相撲部で奮闘!

若貴ブームに沸く92年公開!映画『シコふんじゃった。』モックンが弱小相撲部で奮闘!

1992年に公開された周防正行監督の映画『シコふんじゃった。』。モックンこと本木雅弘が主演。若貴ブームで相撲人気が高かった頃に、日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した名作。
ひで語録 | 1,125 view
タレントとしても人気だった蔵間!42歳の若さでこの世を去った

タレントとしても人気だった蔵間!42歳の若さでこの世を去った

本名、蔵間龍也。妻は女優の渡辺やよい。大関候補と期待された滋賀県出身の力士。最高位は西関脇だった。引退後はタレントとして、相撲の優勝予想などで人気を博した。難病により42歳の若さでこの世を去った。
ひで語録 | 8,582 view
“ミスタープロレス”天龍の引退までを描いたドキュメンタリー映画が完成!本人も絶賛!

“ミスタープロレス”天龍の引退までを描いたドキュメンタリー映画が完成!本人も絶賛!

昨年引退した元プロレスラーの天龍源一郎(66)の引退までを描いたドキュメンタリー映画「LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-」の完成披露試写会が開催され、天龍が舞台挨拶を行った。映画は天龍本人も絶賛する仕上がりとなっている。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト