80年代の人気『おもちゃ』!思い出した商品をただただ挙げていく!!
2020年9月11日 更新

80年代の人気『おもちゃ』!思い出した商品をただただ挙げていく!!

バブルへと向かう中、日本に勢いがあった80年代。そんな時代に登場し、人気を博した玩具の数々をご紹介したいと思います。

4,628 view

そもそも80年代ってどんな時代だった!?

高度経済成長期が終わり、先進国の一角として日本が勢いを増していた80年代。芸能界ではキャンディーズやピンク・レディーの解散、そして山口百恵の引退と70年代を代表するアイドルが次々と姿を消し、それと入れ替わる形で1980年4月、松田聖子が彗星の如くデビューを飾りました。
松田聖子「青い珊瑚礁」

松田聖子「青い珊瑚礁」

その可愛らしい顔立ちと抜群の歌唱力で、瞬く間にトップアイドルになった松田。ヒット曲を量産するだけでなく、ヘアスタイル「聖子ちゃんカット」を流行させるなど、ファッションリーダーとしても活躍し、まさに80年代を象徴するアイドルとして君臨していました。その一方で、1982年には中森明菜がデビュー。松田と双璧をなす存在となり、聖子と明菜のどちらを応援するかで迷った人も多いかと思います。なお、1982年にはそれ以外にも小泉今日子、早見優、原田知世など錚々たるアイドルがデビューしており、彼女たちを総称して「花の82年組」と呼ぶこともあります。
中森明菜「スローモーション」

中森明菜「スローモーション」

スポーツに目を向けてみると、野球では西武ライオンズが広岡達朗、森昌彦の両監督の手腕により黄金時代を迎えていました。高校野球では桑田真澄・清原和博のKKコンビが話題に。一方、プロレスにおいてはアントニオ猪木を中心に新日本プロレスが全盛期を迎え、ジャイアント馬場は徐々に第一線を引くようになりました。
書籍「森・西武ライオンズ 9年間の黄金伝説~「常勝レオ...

書籍「森・西武ライオンズ 9年間の黄金伝説~「常勝レオ軍団」の軌跡」

漫画においては週刊少年ジャンプが黄金期を迎え、鳥山明「Dr.スランプ」「ドラゴンボール」、原哲夫「北斗の拳」などが大ヒット。アニメでは藤子不二雄の作品が人気を博し、「ドラえもん」をはじめ「パーマン」「忍者ハットリくん」「プロゴルファー猿」といった作品がテレビ朝日系列で放送されていました。

また、ゲーム界隈では高橋名人が大ブレイク。「シューティングウォッチ(シュウォッチ)」を用いて、名人の繰り出す「16連射」を再現しようと、子供たちは日々鍛錬を重ねていました。
シューティングウォッチ

シューティングウォッチ

文化面では、糸井重里らがコピーライターとして一世を風靡。西武百貨店のキャッチコピー「不思議、大好き。」や「おいしい生活」などが注目を浴び、日本経済がバブル期へと向かう中で広告にお金を使う企業が増加し、コピーライターが花形職業として持て囃されました。

この記事では、そんな80年代に流行した玩具について、いくつかピックアップしてご紹介したいと思います。
書籍「(ぶんこ版)糸井重里の萬流コピー塾 」

書籍「(ぶんこ版)糸井重里の萬流コピー塾 」

動画【80年代、僕らが夢中になった人気のおもちゃがコレだ!】を製作しました!

本文の途中ですが、告知させていただきます!!

今回、動画【80年代、僕らが夢中になった人気のおもちゃがコレだ!】を製作しました。ユーチューブでご覧いただけます。
本稿に登場する数々のおもちゃ。それらをふんだんに用いて、懐かしさを感じていただける内容に仕上げました!

80年代に幼少期、思春期を過ごされた方は必見です!!

80年代、僕らが夢中になった人気のおもちゃがコレだ!

ゲーム&ウオッチ

まずご紹介するのは「ゲーム&ウオッチ」。これは1980年に任天堂が発売した携帯型の液晶ゲーム機で、その手軽さが受けて大ヒット商品となり、1983年にファミコンが発売されるまでの間、任天堂の主力商品として一世を風靡していました。なお名称に「ウオッチ」とあるのは、ゲームをしない間は時計として使える機能が備わっていたためです。
ゲーム&ウオッチ「ボール」

ゲーム&ウオッチ「ボール」

ゲーム&ウオッチの主なタイトルとしては、1980年に発売された初期のラインナップ「ボール」「フラッグマン」や、1981年に発売された「ポパイ」「ミッキーマウス」といった他社のキャラクターを採用したもの、そして1982年に発売された「ドンキーコング」「マリオブラザーズ」などがあります。
ゲーム&ウオッチ「ドンキーコング」

ゲーム&ウオッチ「ドンキーコング」

「ポパイ」「ミッキーマウス」は、ワイドスクリーンと呼ばれる従来の1.7倍の大きさの画面となっており、さらに「ドンキーコング」「マリオブラザーズ」は、マルチスクリーンと呼ばれる2画面仕様に。このように年を追うごとにゲームが複雑化し、主な購買層であった小中学生を夢中にさせました。
90 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

歴代の「シルバニアファミリー」集結!横浜で企画展を開催 約300種の展示や特大ジオラマが登場!!

歴代の「シルバニアファミリー」集結!横浜で企画展を開催 約300種の展示や特大ジオラマが登場!!

「シルバニアファミリー」の企画展が、神奈川・横浜人形の家にて3月11日から5月7日までの期間限定で開催することがわかった。今回、歴代の「シルバニアファミリー」や家具が約300種類展示されるほか、4メートルを超える特大ジオラマでシルバニア村が登場する。
red | 1,856 view
昭和の子供たちが愛したマニアなグッズを特集した『昭和少年カルチャーDX』が発売決定!!

昭和の子供たちが愛したマニアなグッズを特集した『昭和少年カルチャーDX』が発売決定!!

辰巳出版より、昭和の子供たちが愛した“ディープすぎるB級アイテム”を特集した書籍『昭和少年カルチャーDX』の発売が決定しました。
隣人速報 | 2,845 view
【綺麗な万華鏡】ビーズを選んで工作してしまう人も。幻想的な景色が懐かしい万華鏡。

【綺麗な万華鏡】ビーズを選んで工作してしまう人も。幻想的な景色が懐かしい万華鏡。

子供の頃に覗いた万華鏡は、幻想的な景色を見せてくれました。自分でビーズを買ってきて自作した人もいたことでしょう。おもちゃの一種だと思っていた万華鏡ですが、光と鏡の芸術品ともされています。懐かしい万華鏡を改めて覗いてみましょう。
青春の握り拳 | 2,572 view
青春パートII、卑弥呼、正午なり、西陣心中…伝説の映画製作会社「ATG」の作品群がDVDになって登場!!

青春パートII、卑弥呼、正午なり、西陣心中…伝説の映画製作会社「ATG」の作品群がDVDになって登場!!

キングレコードより、60年代から80年代にかけて活動し、既存の日本映画とは一線を画した傑作の数々を世に送り出した伝説の映画会社「日本アート・シアター・ギルド(ATG)」の作品群が、DVDで一挙に発売されることが決定しました。
隣人速報 | 668 view
「ナムコットコレクション」発売記念!懐かしのファミコン消しゴムが当たるキャンペーンが開催!!

「ナムコットコレクション」発売記念!懐かしのファミコン消しゴムが当たるキャンペーンが開催!!

バンダイナムコエンターテインメントは、Nintendo Switch「ナムコットコレクション」の発売記念キャンペーンとして、懐かしの「ファミコン消しゴム」をプレゼントする企画を開始しました。
隣人速報 | 1,129 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト