元祖『霊長類最強の男』カレリン。前田日明の引退試合の相手を務めた史上最強レスラー
2017年11月22日 更新

元祖『霊長類最強の男』カレリン。前田日明の引退試合の相手を務めた史上最強レスラー

「霊長類最強の男」と呼ばれたロシアのレスリング選手、アレクサンドル・カレリン。掴まれた相手は投げ技を怖れてそのままフォール負けを選ぶという圧倒的な破壊力をもつ『カレリンズ・リフト』を武器に13年間無敗だった史上最強のレスラー。そのカレリンの実績や映像、前田日明の引退試合の相手を務めたときのエピソード&貴重動画を紹介。

59,031 view

ロシアが生んだ『霊長類最強の男』カレリン

アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ・カレリン

アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ・カレリン

アレクサンダー・カレリン1967年9月19日生まれ
ロシア連邦ノヴォシビルスク
身長:191cm、体重:130kg
得意技:カレリンズ・リフト
圧倒的な強さから、海外マスメディアでは"The Experiment"、日本では"霊長類最強の男"の異名で知られる。と表記されることもある。
海外での異名"The Experiment"は直訳すると“実験”。
『人類がどこまで強くなれるかを体現している』という意味でこの異名で呼ばれるようになった。

カレリンの圧倒的な筋肉と身体能力

13歳の時にレスリングを始め、積雪30cmの中でのランニングや、ボートを3時間不休で漕ぎ続けるなどの過酷なトレーニングで身体を徹底的に鍛え上げた。

通常、体重が100kgを越えると体脂肪率は20%以上になってしまうと言われているが、全盛期のカレリンは体重が130Kgを超えても体脂肪率が10%くらいであったという。
若き日のカレリン

若き日のカレリン

僧帽筋や上腕、大腿の筋肉が異常に発達していることが写真からわかる。
対戦相手を軽々と持ち上げる背筋力

対戦相手を軽々と持ち上げる背筋力

全盛期カレリンの背筋力はなんと400kgを超えていたという。
プロ野球界の怪物「ゴジラ」こと松井秀樹(186cm、90kg)の背筋力は250kg。
相撲界一の筋肉を誇った横綱千代の富士(183cm、120kg)の背筋力は330kg。

カレリンの背筋力400kg超というのは、各界の怪物と呼ばれた日本人と比べると物凄いレベルだということがわかる。

だが、唯一例外としてカレリンに迫る日本人がいた。
ハンマー投げの室伏広治(187cm、99kg)は背筋力389kg!
体重が100kg満たない室伏が体重130kgのカレリンに迫る背筋力であることに驚かされる。

数々の逸話や伝説を持つカレリン

圧倒的な身体能力を持つカレリンには数々の逸話や伝説がある。

・生まれたとき、すでに体重が700g近くあった。
・300kgの重りを背負ってスクワットができた。
・120kgの冷蔵庫をマンションの8階まで1人で担いだ。
・腰まで積もった雪の中、薪を両脇に抱えてランニングをしていた。
・相手の腕を取っただけで脱臼させた。

貴重なカレリンのトレーニング映像

カレリン トレーニング映像Part1

カレリン トレーニング映像Part2

カレリンはバーベル類を使わずに筋力トレーニングをしており、主に鉄棒、ロープ、ゴムチューブ類を使用していたという。

対戦相手を恐怖のどん底に突き落とす『カレリンズ・リフト』

得意技『カレリンズ・リフト』

得意技『カレリンズ・リフト』

マットに四つん這いになって相手に背中を取らせるパーテールポジション。伏せたパーテールポジションの相手胴体をクラッチし、持ち上げ後方に反り投げる俵返し(サイド・スープレックス)に相当するもので、アマレスではポピュラーな投げ技の一つ。しかしそれは軽・中量級における話であり、カレリンが出場していた130kg級では前代未聞の大技で、カレリンがこの技を使うまでは130kg級において相手を俵返しで投げるという概念自体が存在しなかった。受ける側は頸椎に多大な荷重がかかるため、カレリンにパーテールポジションを奪われた相手がこの技を恐れて、そのままフォール負けを選ぶという場面がしばしば見受けられた。

オリンピック3連覇、世界選手権9連覇、13年間無敗

1987年から2000年まで国際大会で13年間無敗を誇り、大会76連勝の記録を持つ。
その間にオリンピック3連覇(ソウル・バルセロナ・アトランタ)、世界選手権9連覇や欧州選手権10連覇を記録し、公式試合での連勝記録は300までに及んだ。

【動画】カレリンのレスリング映像

レスリング関係者が「カレリンを倒すにはゴリラに格闘技を教えるしかない」というほどの強さを発揮した。

1999年2月21日、前田日明の引退試合の相手を務めたカレリン

前田日明 (まえだ・あきら)

前田日明 (まえだ・あきら)

1959年大阪府生まれ。 幼少期より少林寺拳法や空手を習い1977年に新日本プロレスへ入団。その後、プロレス団体UWF、世界初となる総合格闘技団体リングスを旗揚げし、プロレス・格闘技業界に新風を吹き込み「格闘王」と呼ばれる。1999年、アレクサンダー・カレリン戦で現役を引退。引退後はHERO'Sでスーパーバイザーを務めた後、2008年に第2次リングスをスタート。青少年育成のためのイベント「The Outsider」をプロデュースしている。
1998年にはすでにリングス・ラストマッチと銘打って、引退セレモニーを行っていた前田であったが(対戦相手は弟子の山本宣久で、前田の判定勝利)、最後にもう一戦、大物との戦いを求めて交渉を続けていた。

当初、標的としたヒクソン・グレイシーは、前田ではなくPRIDEでの高田延彦との再戦を選んだ。
ヒクソンと並行してカレリンと交渉していた前田陣営だが、オリンピック4連覇を狙うカレリンの周囲は参戦に否定的でこちらも難航した。
だが、最終的に交渉がまとまり遂に『霊長類最強の男』がプロのリングに上がることになった。

旧ソ連国家スポーツ省の事務次官をやっていたリングス・ロシアの代表ウラジミール・パコージンが「ソ連崩壊によってスポーツ振興が途絶え、喰えなくなっていた我が国の格闘家たちが、前田の尽力によって何十人も救われた。ロシアの英雄といわれているあなただ、そんな男のためにたった一試合やるくらい、いいじゃないか」と涙を流してカレリンに訴えて実現したと前田は語っている。

また一説には、ファイトマネーを五輪を目指す地元の少年レスラーたちに贈るためにカレリンは決断したとも言われているが、日本のマスコミにカレリンは「私に挑戦してきたのは彼が初めてでした。真剣だったから、受けました。」とだけ語っている。

カレリンとの引退試合は民放のニュース番組で特集されるほど、世間から注目された。
「ヒクソンなんて目じゃない。本当に強い男と対戦するのはこっち」と前田は発表時にコメント。

後に前田は、引退試合の相手にカレリンを選んだ理由について前田は「本当に強い人間っていうのは、こういうことだよっていうのを証明したかった」と語っている。

前田日明VSカレリン予告編

記者会見:1999年1月22日
引退試合:1999年2月21日

前田日明 対 アレクサンドル・カレリン試合ルール

・5分2ラウンド
・ロープエスケープ=1ロストポイント
・ダウン=2ロストポイント
・ロストポイントが6つになった時点でTKO負け
・2ラウンド終了時ポイント差で勝敗を決定
・グラウンドによる打撃は禁止

打撃や関節技が許されるこのルールは、アマレスの選手であるカレリンに対して、前田日明に有利なルールだと言われていた。

【動画】リングス 前田日明引退試合 The Final@横浜アリーナ

この試合はカレリン唯一の他流試合(グレコローマン以外の試合)でもある。
カレリンの入場曲はオジー・オズボーンの「Perry Mason」。
試合開始と同時に、前田からキックで優勢に攻めるが、カレリンは表情を変えることなく、レスリングの構えのままにじり寄っていく。

後に前田自身が「ベストのタイミングだった」と語ったタックルも、まったく通じず、そのままがぶって前田の体(身長191cm、体重117kg)を子供のように振り回した。

1Rの中盤になんとか脚関節を取った前田だが、カレリンはあっさりとロープエスケープで難を逃れる。
これで先制のポイントは奪ったものの、前田の攻勢はこのときだけだった。

以後はずっとカレリンの独り舞台で、前田をもてあそぶかのようにマットの上に転がすと、こらえる間も与えずにカレリンズ・リフトで投げ飛ばす。
関節を極めるわけでもなく、ただヒジをつかんで仰向けの顔面に押しつけると、前田は身じろぎもできず、レフェリーから何度もギブアップをうながされた。

結果、袈裟固めで2度のエスケープを奪われた前田の判定負けで試合は終わった。
前田日明を軽々と持ち上げるカレリン

前田日明を軽々と持ち上げるカレリン

前田日明はカレリンとの対戦前「あれはレスリングのルールだから通用する技。自分は絶対に喰らわない」と自信の程を語っていたが、実際の試合では2回カレリンズ・リフトを受けてしまった。

前田日明が語るアレクサンドル・カレリン

カレリンと行なった試合について前田日明は、
「バチーンッと俺がベストなタイミングでタックルで倒しに行って『もらった!』と思ったんだけど、カレリンはビクともしない。」
「タックルした瞬間、『ダンプカーと衝突したんじゃないか」と思ったぐらいの衝撃だったよ。アンドレ(アンドレ・ザ・ジャイアント 身長223cm、体重236kg)でもタックルで倒せたんだけどな」
「実際試合をして、クラッチがメチャクチャ強い。アバラの骨が折れるんじゃないかと思った。」
「えっ、こんなクラッチあるの?と思った」
「競走馬に触ったことがあるんですけど、同じ感じの筋肉」
「筋肉のつき方が軽量級の選手と同じなんですよ。ああいう体は持って生まれたものじゃないと、いくら鍛えてもそうならないでしょうね」
となどと述べ、筋肉の質の素晴らしさと体の強さを語っている。

カレリンの敗北と引退

2000年9月26日、シドニーオリンピック決勝のオリンピック4連覇を賭けた試合で、ルーロン・ガードナーに敗れた。

カレリンは世界選手権9連覇を成し遂げた後、ロシア下院選に出馬。
圧倒的な支持を集め、当選した。
しかし、下院議員になったことが仇となり、トレーニングの時間が激減し、33歳の肉体は筋肉が落ち体力も失ってしまっていた。

オリンピック4連覇を賭けた2000年のシドニーオリンピック予選リーグ初戦では「カレリンズ・リフト」はすべて空振りに終わり、試合中に喘ぐように肩で息をし、何度も苦しそうな表情を見せていた。
かろうじて決勝に進んだカレリンだったが既に疲労困憊で『霊長類最強の男』の面影は既に無かった。

カレリン唯一にして最後の敗北 シドニーオリンピック決勝

決勝進出までに疲労したカレリンの姿を見た対戦相手のルーロン・ガードナー(米国)は持久戦を挑む。
疲労の積み重なったカレリンは組み合いになったとき一瞬手を離してしまいその隙に1ポイントを与えてしまう。
ガードナーは徹底的に逃げに徹しこの1ポイントを守り抜きカレリンは逆転することができず敗北してしまう。
この敗北を最後にカレリンはレスリングを引退。
総合格闘技への転身が噂されたが、これも否定し『霊長類最強の男』は静かにマットを下りた。

その圧倒的な戦闘力で日本でも多くの影響を与えたカレリン

カレリンにあやかり「アレクサンダー」をリングネームにし...

カレリンにあやかり「アレクサンダー」をリングネームにしたアレクサンダー大塚

本名:大塚 崇(おおつか たかし)
アレクサンダーの名は、大塚が尊敬するアレクサンダー・カレリンに因む。
早くからプロレスと総合格闘技を股にかけて活躍。
PRIDE初参戦で 強豪マルコ・ファス を破り、一躍スターダムにその後も、ヘンゾ・グレイシーや ヴァンダレイ・シウバらと死闘を展開し、 桜庭和志と並んでプロレスラーの強さを世間に見せつけ た。
「霊長類最強の女」「女カレリン」などの異名を誇る吉田沙保里

「霊長類最強の女」「女カレリン」などの異名を誇る吉田沙保里

女子レスリングのフリースタイル53kg級で、オリンピック3連覇中(アテネ・北京・ロンドン)、世界選手権13連覇中、アジア大会4連覇中、全日本選手権12連覇中、個人戦200連勝中。2012年には国民栄誉賞を受賞。
吉田沙保里がカレリンが持っていた世界大会12連続連覇を超える13大会連覇を記録してからは「霊長類最強の女」「女カレリン」と呼ばれている。
カレリンは「彼女には素晴らしい技術とタックル、それに経験がある」と吉田を称賛している。

漫画『グラップラー刃牙』にも登場するカレリン

板垣恵介の漫画『グラップラー刃牙』にカレリンをモデルにしたキャラクター『アレクサンダー・ガーレン』が描かれている。
最大トーナメント編にて登場。ロシアのレスリング選手で600戦無敗、ただの一度もレスリングの練習をしたことがなく、持って生まれた資質だけで世界最強のレスリング選手として君臨する男。
ロシアという国家に絶対の忠誠を誓っており、自らその証明のために手錠をはめることを求めるほど。
たったひとりでロシアの永久凍土に2年でトラック2000台分のクレーターを掘るなど常軌を逸した逸話の数々が存在する
49 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

前田日明 アキラ現れるところ乱あり

前田日明 アキラ現れるところ乱あり

前田日明をみていると その強さだけではなく なにか訴えかけてくるもの、メッセージ性を感じてしまう 前田日明には スタイルがあり 意志があり そして恐らく今も夢があり それを追い続けていることだろう
RAOH | 75,110 view
リングス創成期に活躍した外国人選手たち!

リングス創成期に活躍した外国人選手たち!

前田日明が自分の理想と共に立ち上げた格闘技団体「リングス」 まさかのWOWOWと組んだ時は業界に衝撃が走りました。そんな「リングス」を支えた創成期の外国人選手をフィーチャー!
レイルウェイズ | 13,737 view
角田信朗  冷徹なリングでモロに感情を露出させる愛と涙と感動のファイター!

角田信朗 冷徹なリングでモロに感情を露出させる愛と涙と感動のファイター!

K-1や空手のトーナメントでの優勝経験ナシ。 なのに正道会館の最高師範代であり、メディアへの露出度も多い。 特筆すべきは彼の試合は、その人間性や感情があふれ出てしまうこと。 これは選手としても、レフリーとしてもそうで、インテリとむき出しの感情を併せ持つ愛と涙と感動の浪花男なのである。 最近、ダウンタウンの松本人志との騒動が話題になり、角田信朗の人間性を批判する人もいるが、私はその批判している人の人間性を疑っています。
RAOH | 4,578 view
佐竹雅昭  生涯一空手家 永遠の空手バカ

佐竹雅昭 生涯一空手家 永遠の空手バカ

あくまで最強の男を目指し、「闘志天翔」というテーマと、「1位.夢、2位.健康、3位.お金」という人生価値観を実践し続ける男。 空手を武器に総合格闘技のリングにも立った空手バカ一代男は、90年代の格闘技ブームの立役者となった。 批判されることもあるけど、ほんとうに強いし、ほんとうにナイスガイ。 間違いなく格闘技ヒーローである。
RAOH | 23,677 view
【プロレスクイズ・覆面レスラー編】集え、往年の覆面レスラーファン!この難問が解けますか?

【プロレスクイズ・覆面レスラー編】集え、往年の覆面レスラーファン!この難問が解けますか?

プププ・プロレスクイズ~!ってなノリでお届けしたい「プロレスクイズ」、今回は覆面レスラー編からの出題。往年の覆面レスラーファンにぜひ遊んでいただきたい、そんな10問をご用意してみました。それではどうぞ!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト