日本でも馴染みのある映画音楽を数多く手がけた、巨匠ヘンリー・マンシーニの魅力を再確認してみます
2017年2月16日 更新

日本でも馴染みのある映画音楽を数多く手がけた、巨匠ヘンリー・マンシーニの魅力を再確認してみます

ヘンリー・マンシーニの音楽が伝えてくれること、それは素晴らしい映画には素晴らしい音楽が常に寄り添っているということです。映像と音楽のハーモニーとでもいったらよいのでしょうか?!そんな映画音楽ですが、音楽だけ単独で聴くと新たな発見があったり、思い出がよみがえってきたりと違う楽しみかたが出来ます。日本でも馴染みのある数々の映画音楽を手掛けたヘンリー・マンシーニの魅力に触れたいと思います。

648 view

Henry Mancini

ヘンリー・マンシーニ

ヘンリー・マンシーニ

出生名:Enrico Nicola Mancini
生年月日:1924年4月16日
出生地:アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド
死没:1994年6月14日(満70歳没)
ジャンル:映画音楽
職業:作曲家、指揮者
出典 okmusic.jp
ヘンリー・マンシーニといえば、音楽ファンよりも映画ファンの間で知られている存在なのかもしれませんね。映画音楽家としてグラミー賞やアカデミー作曲賞に何度も輝いた作曲家であり指揮者です。
勿論、音楽ファンの間においても昨今のサウンドトラック・ブームもあり多くのファンを獲得しているます。とは言え、映画音楽のファンは少数派ですから少しでも多くの方にヘンリー・マンシーニを通して映画音楽の素晴らしさをご紹介できればと思います。

ヘンリー・マンシーニは、出生時の名前をエンリコ・ニコラ・マンチーニ(Enrico Nicola Mancini)といいます。フルート奏者であった父親からフルートとピッコロの英才教育を幼いころから受け、名門ジュリアード音楽院に進学。その後、グレン・ミラー・オーケストラにアレンジャー兼ピアニストとして採用されています。
1952年にはユニバーサル映画に入社し、音楽監督のアシスタントをこなしつつ、「大アマゾンの半魚人」等のホラーの劇伴を手がけ、徐々に頭角を現してきます。

アカデミー賞は、1961年の「ティファニーで朝食を」で歌曲賞、劇・喜劇映画音楽賞、1962年の「酒とバラの日々」で歌曲賞、1982年の「ビクター/ビクトリア」で音楽(編曲・歌曲)賞と、3度受賞しました。

60's

さて、ヘンリー・マンシーニの代表作とは何でしょう?ヘンリー・マンシーニのことは知らなくとも、おそらく聴くと多くの人が「知っている」という曲が数多くあります。
例えば、「ムーン・リバー」や「仔象の行進」ですね。

Moon River - Breakfast at Tiffanys

映画「ティファニーで朝食を」

Henry Mancini 子象の行進 Baby Elephant Walk ~ HATARI

映画 「ハタリ」
「ムーン・リバー」は、オードリー・ヘプバーン主演の映画「ティファニーで朝食を」で彼女自身が歌って大人気となった曲です。アンディ・ウイリアムスをはじめ多くのカバーを生んでいます。

そして、ちょっとコミカルな「仔象の行進」は、映画「ハタリ」で水浴びのためにプールに3頭の赤ちゃん象を連れて行くシーン用として作られています。何とも可愛らしシーンなのですが、曲はまさにピッタリですね。テレビ番組のコメディ・シーンなどいろんなところで数多く使われていますので、聞き覚えがあるかと思いますよ。

この2曲は共に1961年の制作です。

1961年と言えばもう一曲、ロックファンにもお馴染みの曲を発表しています。私立探偵を主人公とした連続テレビドラマ「ピーター・ガン」のテーマ曲です。
この曲は、モッズやビート系のバンドがライブでのオープニングにカバーしているのをよく目にします。いかにも始まるぞという感じがして気持ちが高ぶってくる素晴らしい曲です。それにしてもモダンな曲ですよね。

Henry Mancini - Peter Gunn

「ピーター・ガン」のテーマ
そして、ヘンリー・マンシーニの60年代の代表曲として忘れてはならないのが、「ピンク・パンサーのテーマ」でしょう。
1963年に制作されたアメリカのコメディ映画「ピンクの豹」は大ヒットし、以後ピンク・パンサーとしてシリーズ化され1993年の「ピンク・パンサーの息子」まで8作も続くことになります。
ピーター・セラーズ演ずるクルーゾー警部が有名ですが、シリーズ第1作目の「ピンクの豹」の主演はデヴィッド・ニーヴンです。
そのデヴィッド・ニーヴンが演じた怪盗ファントムの忍び足をテーマにしたのが、あの特徴的な、「ピンク・パンサーのテーマ」というわけです。
ピンク・パンサー(サウンドトラック)

ピンク・パンサー(サウンドトラック)

【収録曲】
1. The Pink Panther Theme
2. It Had Better Be Tonight (Instrumental)
3. Royal Blue
4. Champagne And Quail
5. Village Inn
6. The Tiber Twist
7. It Had Better Be Tonight (Vocal)
8. Cortina
9. The Lonely Princess
10. Something For Sellers
11. Piano And Strings
12. Shades Of Sennett
13. The Return Of The Pink Panther (Parts I & II)
14. The Greatest Gift (Instrumental)
15. Here's Looking At You Kid
16. Dreamy
フィルム用とは別個に録音されたスコア盤だから、聴き所がバッチリ押さえられている。プラス・ジョンソンのサックス、シェリー・マンのドラムスによるパワフルなテーマ曲はグラミー賞に輝いている。ジョニー・マーサー作詞の愉快な主題歌「IT HAD BETTER BE TONIGHT」、主演ピーター・セラーズに捧げたラテン「SOMETHING FOR SELLERS」やCCのための気だるい「ROYAL BLUE」 など、ムーディーなナンバーに溢れた名盤である。

The Pink Panther Theme Song (Original Version)

ピンク・パンサーのテーマ

70's

70年代に入りヘンリー・マンシーニますます脂がのってきます。先ずはマルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレンのダブル主演で大ヒットした1970年公開のイタリア・フランス・ソ連の合作映画「ひまわり」です。
これは、もう、いい映画にはいい音楽があるという典型的な例といえますね。このサウンドトラックを聴いていると美しいシーンがありありと蘇ってきます。
ラストの地平線にまで及ぶ画面いっぱいのひまわり畑は忘れられません。そしてヘンリー・マンシーニの作った主題曲は世界中でヒットしました。

Henry Mancini 映画「ひまわり」 Love theme from SUNFLOWER

ひまわり(愛のテーマ)
愁いをおびたマンシーニ・メロディーとして日本でもっとも人気が高いとされているのがこの「ひまわり」のサウンドトラックです。
ひまわり(サウンドトラック)

ひまわり(サウンドトラック)

【収録曲】
1. ひまわり(愛のテーマ)
2. マーシャのテーマ
3. ジョバンナのテーマ
4. アントニオを捜して
5. 砂上の恋
6. モスクワの新居
7. 二人の女
8. 退却
9. 招待
10. アントニオを助けだすマーシャ
11. ミラノの別れ
中身はいうことなし。最高、最強のサントラ。さらにめずらしいカラー写真が満載の分厚くて実に魅力的な解説書がついているのだが、その中でこの映画の主題歌が日本でとても人気がある事情についてわざわざ述べているのには驚いた。
ヘンリー・マンシーニの代表作に入れてよいものかどうか迷うところではありますが(他にもっと素晴らしい曲があるため)、70年代に学生だった日本人にとって忘れられないのが、ピーター・フォーク主演のテレビドラマ「刑事コロンボ」のテーマ曲でしょう。
「うちのカミさんがね」の名セリフで一世を風靡しました。

ところで、「刑事コロンボのテーマ」としてしられている曲は、実は原題を「Mystery Movie Theme」といって、アメリカで「刑事コロンボ」を含む4作のテレビシリーズをローテーション放送していた「NBCミステリー・ムービー」のテーマ曲です。
日本ではこの曲が「刑事コロンボ」のオープニングとエンディングに流されていたためテーマ曲として定着したようです。
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

坂本龍一がグラミー賞サウンドトラック部門にノミネート!ラストエンペラー以来の快挙達成なるか!

坂本龍一がグラミー賞サウンドトラック部門にノミネート!ラストエンペラー以来の快挙達成なるか!

第59回グラミー賞の候補が発表され、坂本龍一が映画の「ベスト・スコア・サウンドトラック・フォー・ビジュアル・メディア」部門にノミネートされた。映画「レヴェナント 蘇えりし者」でのノミネート。今回受賞すると映画「ラストエンペラー」以来2回目となる。
【Windows 95起動音】ニューエイジ・ミュージックの名曲を集めてみた!

【Windows 95起動音】ニューエイジ・ミュージックの名曲を集めてみた!

エンヤが今月20日に7年ぶりのニューアルバムリリース予定。エンヤやウィンドウズ95の起動音など、一度は聴いたことがあるであろう。そんな懐かしの映画やCM、ゲームに使用されたニューエイジ・ミュージックを集めてみました。
プレイステーションから発売された90年代のカルトゲーム「LSD」のサントラがまさかの復刻!!

プレイステーションから発売された90年代のカルトゲーム「LSD」のサントラがまさかの復刻!!

1998年に発売されたプレイステーション用ゲーム「LSD」の発売20周年を記念し、「LSD」のサウンドトラックがリマスターされ「LSD REVAMPED」として復刻発売されました。従来の収録曲に加えて、新たに制作されたリミックスなども追加収録されています。
隣人速報 | 506 view
「犬神家の一族」サウンドトラックが紙ジャケット仕様で復刻!発売は3月21日! 《角川映画 シネマ・コンサート》の情報も!

「犬神家の一族」サウンドトラックが紙ジャケット仕様で復刻!発売は3月21日! 《角川映画 シネマ・コンサート》の情報も!

日本映画史に残る名作角川映画「犬神家の一族」のサウンドトラックCDが、オリジナルジャケット仕様で復刻されます。
【98年】こんなのあり!?「L'Arc~en~Ciel」とハリウッド版「GODZILLA(ゴジラ)」の関係をふりかえる

【98年】こんなのあり!?「L'Arc~en~Ciel」とハリウッド版「GODZILLA(ゴジラ)」の関係をふりかえる

ラルクが98年にリリースした「浸食~lose control~」は、ジャン・レノ出演のハリウッド版「GODZILLA(ゴジラ)」のBGMとして使用されておりました。今回はそれをふりかえります。
たまさん | 958 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト