巨大ヒグマと戦った“熊殺し”の男、ウィリー・ウィリアムス
2017年10月22日 更新

巨大ヒグマと戦った“熊殺し”の男、ウィリー・ウィリアムス

大山倍達といえば“牛殺し”で有名。しかし、そんな伝説の空手家をも凌ぐ“熊殺し”の快挙を成し遂げた男が、大山が設立した極真会館からかつて誕生したのをご存知でしょうか?今回は、そんな“熊殺し”の男・ウィリー・ウィリアムスについて紹介していきます。

5,432 view

強すぎるヒグマ。人間は太刀打ちできないはずだけど…

ヒグマのスペックをご存知でしょうか?

体調はオスの成獣で2~3m、体重は200kg~500kg。最大時速は50キロ(全盛期のウサイン・ボルトで時速44キロ)で、100メートルを7秒台で駆け抜けます。全身は筋肉の鎧でありながらネコのようにしなやかで、木登りも得意、そして爪と牙は包丁のような鋭さ…。
ヒグマ

ヒグマ

言うまでもなく、人間が太刀打ちできる要素は何一つありません。出会わないことを祈るのみです。ネット上では「クマの倒し方」なるマニュアルが出回っていますが、どう考えても組み伏せることなど不可能。仮に遭遇したら、刺激しないように逃げるだけです。そんなクマに異種格闘技戦を挑んだ無謀な格闘家が、本稿で紹介する極真会館の空手家、ウィリー・ウィリアムスです。
お馴染みクマの倒し方の図解

“総帥”大山倍達は、牛を47頭も屠った!

極真会館の創設者といえば、マス大山こと大山倍達。彼が“牛殺し”の異名を持つことはあまりにも有名。自伝などで語り継がれるところによると、素手で47頭の牛を倒し、うち4頭を即死させたと言われています。
1954年(昭和29年)には映画『猛牛と戦う空手』として、実際の映像も公開されているのですが、どう控えめに見ても、編集マジックをつかっているようにしか見えません。まぁ、仮に倒していなかったとしても、角の生えた牛の前に立ち、攻撃を仕掛けただけでも、常人にはできないことですし、たいしたものだと言えるでしょう。

牛と闘う大山館長

杉板の試割り26枚という当時の記録も持っていたウィリー

ウィリー・ウィリアムスは、そんな総帥が行った異種格闘技戦を超える伝説を打ち立てようとしたのでしょうか。
1950年にアメリカ合衆国・ノースカロライナ州に生まれたウィリーは、8歳でストリートファイトの世界に身を置き、荒くれ者たちとの闘争の中で五体を磨いていきます。その後、極真会館コネチカット支部に入門。大山倍達の弟子・大山茂の指導を受けメキメキと頭角を現していき、1979年には杉板の試割り26枚という当時の世界最高記録を樹立。

1980年には、アントニオ猪木に「格闘技世界一決定戦」と銘打った異種格闘技戦を仕掛け、あの伝説のモハメド・アリ戦をも凌ぐ死闘を繰り広げたというから、やはりこの男、只者じゃありません。

熊殺しウィリー・ウイリアムス 対 アントニオ猪木

そんな剛の者・ウィリーの仕掛け人を買って出たのが、ご存じ・梶原一騎。極真会館の総帥・大山倍達とは1954年からの知己であり、その強さ・優しさ・孤独すべてに惚れ込んだ結果、1971年に漫画『空手バカ一代』のプロジェクトを主導。マス大山と極真空手の凄さをドラマチックに伝えた同作の影響は凄まじく、連日50人から100人の入門志願者が極新会館へ押し寄せたといいます。

こうした極真空手の魅力に取り憑かれていた頃の梶原にとって、身長196センチ・体重100キロの巨躯で怪力を誇ったウィリーは、ロマンと創作意欲が掻き立てられる存在だったに違いありません。実際、梶原原作の漫画『四角いジャングル』においてウィリーは、人間離れした腕っぷしと獣心を持つ怪人として描かれており、いささか脚色が過ぎるような気もします。しかし、漫画の世界では脚色してナンボだし、キャラが起ってナンボ…。

そんな思想性を三次元に持ち込んだかのような企画が、梶原一騎制作の実写映画『地上最強のカラテPART2』における、ウィリーと巨大なグリズリーとのバトルでした。

実録!ウィリー・ウィリアムスvs2メートル45センチのヒグマ

前置きが大変長くなりましたが、まずは映像をご覧になってください。

ウィリー・ウィリアムスvsヒグマ

相手のヒグマは、体長2メートル45センチ、体重320キロ。むろん、普通の人間が敵うはずもありません。にもかかわらず映像の中のウィリーは、この猛獣を素手で圧倒しているではありませんか!「爪と牙を抜かれている」「レスリング・ベアという調教されたクマだった」「鎮静剤で弱らせている」など、さまざまな疑惑があるのは事実です。しかし、仮に周りのオトナたちがどれほど八百長めいたお膳立てをしていようが、おそらく、ウィリーだけはガチ。
「熊と闘うシーンを撮影した時は、一発勝負なので大変だったよ。スタッフは熊を見た途端、逃げ出してね。皆、怖がってうろたえていた。僕にも恐怖心はあったが、僕の方がパワーがあると思っていた。だから熊を制することができたのさ!」
こんなふうに語っているのだから、きっと、自分がほんとうにクマに勝ったと信じているのでしょう。もし、彼が“共犯者”だったとしても、いろいろな細工が施されているとはいえ、クマの前に立つというリアルを演じただけでも、賞賛すべきだといえるのではないでしょうか。

なお、現在は空手のコーチの傍ら、木彫り職人をやっているというウィリー。彼のつくった「木彫りの熊像」なら高値が付くに違いありません。
(こじへい)
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

アントニオ猪木の燃える事件簿1  プロレスラー時代編

アントニオ猪木の燃える事件簿1 プロレスラー時代編

1960年代にプロレスラーになってから、1989年に国会議員になるまでのアントニオ猪木のまとめ。 「プロレスこそすべての格闘技の頂点」、「いつ何時、誰の挑戦でも受ける」というストロングスタイルのプロレスで、人々を熱狂させ、現在の総合格闘技の源流となる異種格闘技戦を行った燃える闘魂の事件簿。
RAOH | 21,339 view
格闘道イベント「敬天愛人」とは?鹿児島で産声を上げる格闘道の発起人、菊野克紀選手に伺った。

格闘道イベント「敬天愛人」とは?鹿児島で産声を上げる格闘道の発起人、菊野克紀選手に伺った。

数多くの格闘技が共存共栄する日本。ときにブームに沸き、ときに存続の危機に立たされる世界で、格闘家は黙々と 己との闘いを刻み続けている。そんな格闘技を通じて体得出来ることを「格闘道」として広く発信しようと取り組む 菊野克紀選手。格闘家としての頂点をみた男の大いなる挑戦に耳を傾けていただきたい。
モハメド・アリ死去。世紀の一戦の戦友・アントニオ猪木がコメント

モハメド・アリ死去。世紀の一戦の戦友・アントニオ猪木がコメント

元ボクシングヘビー級世界チャンピオンのモハメド・アリ氏が死去した。1976年に日本武道館で世紀の一戦を戦ったアントニオ猪木がコメントを発表。本稿では異種格闘技の戦い方の原点とも言える世紀の一戦も振り返る。
蘇る金狼!上田馬之助!馬場、猪木を巻き込んだ「日本プロレス密告事件」やレスラーとしての活躍を振り返る!

蘇る金狼!上田馬之助!馬場、猪木を巻き込んだ「日本プロレス密告事件」やレスラーとしての活躍を振り返る!

長らくプロレスのリングでヒールとして活躍した金狼こと上田馬之助。ジャイアント馬場やアントニオ猪木らと画策した日本プロレスの一部幹部への退陣要求。後に上田馬之助による裏切り行為があったとされ「日本プロレス密告事件」と呼ばれる一件などを並木モッズのイラストで振り返る。
並木モッズ | 1,563 view
【訃報】元プロレスラーのマサ斎藤さん、死去。猪木との伝説の死闘「巌流島の決闘」とは?

【訃報】元プロレスラーのマサ斎藤さん、死去。猪木との伝説の死闘「巌流島の決闘」とは?

元プロレスラーで1964年の東京五輪ではレスリング代表としても活躍したマサ斎藤さんが、7月14日に亡くなっていたことが明らかとなりました。75歳でした。この記事では伝説の「巌流島の決闘」にもスポットを当てます。
隣人速報 | 4,065 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト