格闘道イベント「敬天愛人」とは?鹿児島で産声を上げる格闘道の発起人、菊野克紀選手に伺った。
2018年10月7日 更新

格闘道イベント「敬天愛人」とは?鹿児島で産声を上げる格闘道の発起人、菊野克紀選手に伺った。

数多くの格闘技が共存共栄する日本。ときにブームに沸き、ときに存続の危機に立たされる世界で、格闘家は黙々と 己との闘いを刻み続けている。そんな格闘技を通じて体得出来ることを「格闘道」として広く発信しようと取り組む 菊野克紀選手。格闘家としての頂点をみた男の大いなる挑戦に耳を傾けていただきたい。

985 view
読者のみなさんは「敬天愛人」という言葉をご存知でしょうか?

今年の大河ドラマ「西郷どん」でお馴染みの西郷隆盛が、学問の目的を説いた言葉として非常に有名な言葉ですね。その言葉の通り「敬天」は天を敬い「愛人」は人を愛することを指しています。
格闘道イベント「敬天愛人」

格闘道イベント「敬天愛人」

前代未聞のイベントが、11月11日(日)に、鹿児島県で開催されるんです。
出典 ktaj.jp
2018年11月、この「敬天愛人」を冠した格闘道のイベントを立ち上げるのが、この度取材機会をいただいた格闘道家の菊野克紀選手。

どのような経験をしてなぜその想いに至ったのか、ミドルエッジ編集部(ミド編)が伺って参りました。
菊野克紀選手

菊野克紀選手

菊野 克紀(きくの かつのり、男性、1981年10月30日 - )は、日本の格闘家・空手家。鹿児島県鹿児島市出身。株式会社KOKKI代表取締役社長。フリーランス。「沖縄拳法空手道 沖拳会」の山城美智に師事し、ファイトスタイルに反映させている。
また、極真カラテ仕込みの打撃と柔道で培った身体バランスの良さがあり、フットワークを使わない独特な空手の構えで、中でも、前蹴りとミドルキックの中間の軌道で蹴り込む「三日月蹴り」を得意とする。

Wikipediaより引用

心の弱い少年時代、大好きだったドラゴンボールの孫悟空

鹿児島に生まれ鹿児島に育った菊野選手。
格闘家を志しての上京は23歳のときでしたが、鹿児島時代のお話を伺います。
 (2054256)

「ご多分に漏れず漫画が好きな少年でした、ドラゴンボール世代ですね。テレビも好きで仮面ライダー、ウルトラマン、戦隊モノ、全部欠かさず見ていました。」

「純粋に男の子としてヒーローに憧れましたね。僕はわりと体つきがよくて力持ちだったんですけど弱虫だったんです。体は強いのに心が弱くて余裕が無い、だからヒーローに憧れていました。」
-格闘技への憧れもヒーローからでしたか?
「小学校のころは水泳少年団とかに入っていました。でも6年生のころにはもう友達の影響でプロレスごっこばっかりしてました、水泳サボって(笑」

「体つきは大きかったんですけど気持ちが弱いものだから友達に手を出してしまう。だから嫌われちゃいますよね。小学4、5年生のころに孤独な経験もしました。半年くらい昼休みは図書館で生活していました。」

「そういう自分嫌いだった。僕の大好きなドラゴンボールの孫悟空と真逆なんです。強くて優しくて皆から愛される孫悟空と真逆。」
現在の菊野選手からは想像も出来ない少年時代。
しかし、純粋にヒーローに憧れる強い気持ちは少年時代だけでなく長じた後も菊野選手の判断軸となり続けます。

自信を得て、余裕が出て、人に優しくなれた

「中学校では柔道部に入りました。初めの頃は先輩に歯が立たない。けれども練習を続けていくと少しづつ強くなって試合に勝つと自信がついて余裕が出来て。そして人に優しくなれるようになって仲良くなれて。」
-武道を通して精神も磨かれた最初の経験ですね。格闘技の道に進もう!との思いは中学のころに?
「いえ、まったく無かったです。鹿児島は田舎で、なんというかテレビのなかの世界を目指すようなことは想像も出来なくて。両親は公務員になりなさいと。そして僕自身も学校の先生しか知らないもんだから、当時『GTO』っていう漫画が流行っていたので先生になってみようかな、なんて考えていました。」

高3の夏に決意!土木作業員で上京資金を貯める

「高校3年生の夏、親友が急にお笑い芸人になるって言い出して。それを聞いてヤバいって気になりました。親友がビッグになって僕だけなんとなく生きてたら負けた気がすると思って。焦って必死に自分探しした時に、結局ヒーローみたいに強くなりたいんだと気が付いて。じゃあ格闘家になろう、PRIDE目指そうって決めました。そして東京に行こうと。」

「親は大反対、泣いて反対しましたからね。だからひとまずお金を稼がないといけなくて土木作業員を始めました。土木作業員をやりながら自宅近くの極真空手の道場に通い始めたんです、鍛えるために。そしたらたまたまそこに世界チャンピオンがいて結局5年間もお世話になりました。」
 (2054305)

-この5年間は鹿児島で地力を磨いていたんですね。
「先輩からの可愛がりもありましたし精神面も鍛えられました(笑。」

「プライベートでやられる、で試合しても勝てないんですよ。プライベートでやられるのは仕方ないとして、でも試合まで負けたら公私ともに自己否定されるんですよね。 」

「3年で3回挑戦して全敗、その時はもうほんとに心が張り裂けそうで。武道なんで試合後は礼をして終わるんですが、そのときはゥワ―ッて叫んてしまいました。 その強い先輩に勝つまでは絶対に出ていけない。先輩に勝たずに上京しても意味がないっていう気持ちがあって、結局この先輩を超えるのに5年かかりました。」
54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ヒクソン・グレイシー   まるでみえない力を持った神様

ヒクソン・グレイシー まるでみえない力を持った神様

そんなに大きくない体。 あまり太くない筋肉。 哲学者的風貌。 そしてシンプルすぎる戦い方。 これで世界最強の男なんてありえない。 でも (カビラジェイ風に)あるんです。
RAOH | 13,979 view
佐竹雅昭  生涯一空手家 永遠の空手バカ

佐竹雅昭 生涯一空手家 永遠の空手バカ

あくまで最強の男を目指し、「闘志天翔」というテーマと、「1位.夢、2位.健康、3位.お金」という人生価値観を実践し続ける男。 空手を武器に総合格闘技のリングにも立った空手バカ一代男は、90年代の格闘技ブームの立役者となった。 批判されることもあるけど、ほんとうに強いし、ほんとうにナイスガイ。 間違いなく格闘技ヒーローである。
RAOH | 25,682 view
PRIDEからHERO'S、パンクラスと格闘家の道を歩んだ大山峻護、40歳を超えてのプロレスチャレンジ!

PRIDEからHERO'S、パンクラスと格闘家の道を歩んだ大山峻護、40歳を超えてのプロレスチャレンジ!

柔道一筋の学生時代からPRIDE、HERO'S、パンクラスと格闘家としての道を歩み続けた大山峻護。眩いばかりのスポットを浴び、ときに峻烈極まる罵声に晒された彼は40歳でその格闘家人生を終え、いまはトレーニングプログラム「FIGHTNESS」を提唱して日々躍動中。そんな中、なんと42歳にしてプロレスにチャレンジするという彼に話を伺った。
中井祐樹 片目を失いながらも相手を叩きのめすなんて信じられない 

中井祐樹 片目を失いながらも相手を叩きのめすなんて信じられない 

小さな巨人、柔術ヒーロー、ラストサムライファイター、中井祐樹は体格は小さいのに本当に勇敢すぎる。片目を失いながらも相手を叩きのめすなんて信じられない。大きな代償を支払うことになったけれど、どの格闘家よりも多くを成し遂げたことは誰にも否定できない。
RAOH | 17,110 view
角田信朗  冷徹なリングでモロに感情を露出させる愛と涙と感動のファイター!

角田信朗 冷徹なリングでモロに感情を露出させる愛と涙と感動のファイター!

K-1や空手のトーナメントでの優勝経験ナシ。 なのに正道会館の最高師範代であり、メディアへの露出度も多い。 特筆すべきは彼の試合は、その人間性や感情があふれ出てしまうこと。 これは選手としても、レフリーとしてもそうで、インテリとむき出しの感情を併せ持つ愛と涙と感動の浪花男なのである。 最近、ダウンタウンの松本人志との騒動が話題になり、角田信朗の人間性を批判する人もいるが、私はその批判している人の人間性を疑っています。
RAOH | 5,910 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト