【訃報】「熊殺し」ウィリー・ウィリアムスさん死去。アントニオ猪木もコメント
2019年6月10日 更新

【訃報】「熊殺し」ウィリー・ウィリアムスさん死去。アントニオ猪木もコメント

”熊殺し” の異名で知られる米国人空手家のウィリー・ウイリアムスさんが6月7日、うっ血性心不全により死去しました。訃報に接し、アントニオ猪木さんもコメントしています。

1,767 view

空手家ウィリー・ウィリアムスさんが死去。67歳。“熊殺し”の異名も

”熊殺し” の異名で知られる米国人空手家のウィリー・ウイリアムスさんが6月7日、うっ血性心不全により死去しました。67歳でした。

梶原一騎さん原作の劇画「空手バカ一代」でも度々登場し、日本人にも馴染み深かったウィリーさん。また、1976年製作の映画「地上最強のカラテPart2」では、身長196センチ、体重100キロの体格を生かし、グリズリーとの闘いを披露。そこから“熊殺し”の異名が生まれました。
1980年には、アントニオ猪木さんと東京・蔵前国技館で開催された格闘技世界一決定戦で対戦(ノーコンテスト決着)しています。さらに1992年には前田日明さんとリングスの舞台で対戦して敗退するなど、日本の格闘技ファンにはとても知られた存在でした。

晩年は木彫り職人になったとの噂もありましたが、ここ数年は心臓を患っていたようです。訃報に接し、ウィリーさんの長男は「父は空手をやっていたが、そこまで偉大な実績があるとは知らなかった。日本で父のことをニュースにしていただけることを光栄に思う」とコメントしています。

《グリズリーとの闘い動画》

極真 W.Williams (ウィリー・ウィリアムス)

アントニオ猪木もコメント

「ウィリー・ウィリアムス選手の訃報に、心から哀悼の意を捧げます。ウィリー選手との戦いは、新日本プロレスとカラテの、互いの誇りを掛けて臨んだ熱い戦いでした。今でもあの殺気溢れる蔵前国技館のリングを思い出します。戦いを離れゆっくりと休んで欲しいと思います。さようなら、ありがとう、ウィリー・ウィリアムス。アントニオ猪木」

《アントニオ猪木との一戦》

猪木VS ウイリー

エピソード

『地上最強のカラテPART2』で熊と素手で戦った事から“熊殺し”の異名をとったウィリーだが、後年その際の事を「熊が檻から出てきた途端、周りにいたスタッフたちが一斉に遠くへ走り去ってしまったんだ。自分の空手には絶対の自信を持っていたけど、あの時はさすがに逃げ出したい気分になったよ」とインタビューの中で述懐している。

オススメの特集記事

16 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【訃報】元プロレスラーのマサ斎藤さん、死去。猪木との伝説の死闘「巌流島の決闘」とは?

【訃報】元プロレスラーのマサ斎藤さん、死去。猪木との伝説の死闘「巌流島の決闘」とは?

元プロレスラーで1964年の東京五輪ではレスリング代表としても活躍したマサ斎藤さんが、7月14日に亡くなっていたことが明らかとなりました。75歳でした。この記事では伝説の「巌流島の決闘」にもスポットを当てます。
隣人速報 | 4,427 view
角田信朗  冷徹なリングでモロに感情を露出させる愛と涙と感動のファイター!

角田信朗 冷徹なリングでモロに感情を露出させる愛と涙と感動のファイター!

K-1や空手のトーナメントでの優勝経験ナシ。 なのに正道会館の最高師範代であり、メディアへの露出度も多い。 特筆すべきは彼の試合は、その人間性や感情があふれ出てしまうこと。 これは選手としても、レフリーとしてもそうで、インテリとむき出しの感情を併せ持つ愛と涙と感動の浪花男なのである。 最近、ダウンタウンの松本人志との騒動が話題になり、角田信朗の人間性を批判する人もいるが、私はその批判している人の人間性を疑っています。
RAOH | 10,194 view
世紀の決戦の裏側を描いた実録マンガ「真剣勝負!猪木VSアリ」! その衝撃の内容がスゴい!

世紀の決戦の裏側を描いた実録マンガ「真剣勝負!猪木VSアリ」! その衝撃の内容がスゴい!

1976年の6月26日伝説の「アントニオ猪木VSモハメド・アリ」の一大決戦が行われた。日本中の期待を一心に集めたこの試合!今回紹介するのは、猪木VSアリ戦の2ヶ月後に掲載された実録マンガ、「真剣勝負!猪木VSアリ」!
滝口アキラ | 3,431 view
巨大ヒグマと戦った“熊殺し”の男、ウィリー・ウィリアムス

巨大ヒグマと戦った“熊殺し”の男、ウィリー・ウィリアムス

大山倍達といえば“牛殺し”で有名。しかし、そんな伝説の空手家をも凌ぐ“熊殺し”の快挙を成し遂げた男が、大山が設立した極真会館からかつて誕生したのをご存知でしょうか?今回は、そんな“熊殺し”の男・ウィリー・ウィリアムスについて紹介していきます。
こじへい | 8,656 view
佐竹雅昭  生涯一空手家 永遠の空手バカ

佐竹雅昭 生涯一空手家 永遠の空手バカ

あくまで最強の男を目指し、「闘志天翔」というテーマと、「1位.夢、2位.健康、3位.お金」という人生価値観を実践し続ける男。 空手を武器に総合格闘技のリングにも立った空手バカ一代男は、90年代の格闘技ブームの立役者となった。 批判されることもあるけど、ほんとうに強いし、ほんとうにナイスガイ。 間違いなく格闘技ヒーローである。
RAOH | 31,513 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト