オフトの申し子「ポイチ」こと森保一!代表デビューでアルゼンチンから高評価!「ボランチ」を広めた逸材でした!
2018年7月16日 更新

オフトの申し子「ポイチ」こと森保一!代表デビューでアルゼンチンから高評価!「ボランチ」を広めた逸材でした!

若き名将・森保 一(もりやす はじめ)。サンフレッチェ広島では選手としても監督としても実績を残した、Jリーグ黎明期を代表する名ボランチです。サッカー日本代表の監督候補にも数えられる森保の選手時代を振り返ります!

1,721 view

すっかり監督のイメージが定着した森保一。日本代表監督候補の筆頭にまでなった「ポイチ」

2012年から監督を務めたサンフレッチェ広島で3度のリーグ優勝を果たし、「FIFAクラブワールドカップ2015」では3位にまで導いた若き名将・森保 一(もりやす はじめ)。
現在はU-23サッカー日本代表を率いて、さらに先のロシアワールドカップでは日本代表のアシスタントコーチとして西野朗監督を支え、チームのグループリーグ突破に貢献しました。
森保 一 (著)「一流(はじめりゅう)」

森保 一 (著)「一流(はじめりゅう)」

サンフレッチェ広島時代は前任のペトロヴィッチ監督の可変システムを継承し、さらに自分の色を付け加えてチームを常勝軍団へと進化させました。

その手腕の一方で、氏名の漢字から付けられたあだ名は「ポイチ」。なんとも愛くるしいあだ名となっています笑

本稿では2018年7月14日現在、次期日本代表監督も噂される森保のサッカー人生をまとめてみようと思います。
サッカーカード「森保一 サンフレッチェ広島」

サッカーカード「森保一 サンフレッチェ広島」

オフトに見出された森保の視野の広さ。「ドーハの悲劇」を経験した無名の選手!

1993年10月28日は、日本サッカー界が直前で世界への扉を閉ざされた「ドーハの悲劇」が起きた日です。この時のアメリカワールドカップ最終予選には、カズやラモス、柱谷、中山、福田というまさに日本を代表する選手たちが招集されていました。

そこに彼らでさえ、名前を知らない選手がひとり招集されていました。それが森保でした。
「サッカー日本代表 vol.3(1993ー1994―世...

「サッカー日本代表 vol.3(1993ー1994―世界への挑戦 ドーハの悲劇」

森保は1987年に長崎日本大学高等学校から、現在のサンフレッチェ広島の前身であるマツダにテスト生として入団します。そこで監督をしていたハンス・オフトと出会います。そう後の日本代表監督ですね。

当初はサテライトチームであるマツダSC東洋でプレーしていましたが、オフトに運動量と視野の広さを見出され、その後のプロ契約へと繋がっていきます。途中、チームの二部降格によりオフトは退団しますが、ビル・フォルケスコーチに育てられたそうです。
ハンス オフト  (著)「日本サッカーの挑戦」

ハンス オフト (著)「日本サッカーの挑戦」

そして、オフトが1992年に日本代表監督に就任するとすぐさま日本代表に招集されました。長崎日大高時代には攻撃的なMFとして山梨国体選抜に選ばれるなどしていましたが、全国的には無名選手の森保を、オフトが大抜擢の形でワールドカップ初出場を目指す日本代表に引き入れます。
日本代表SE2018 10枚限定金ペン版直筆サインカー...

日本代表SE2018 10枚限定金ペン版直筆サインカード「森保一」

同じサンフレッチェ広島のチームメイトである”アジアの大砲”こと高木琢也とGK前川和也の二人以外は、森保の漢字を読めなかったそうです。ちなみに調べたところ、森保という名字は現在全国におよそ700人しかいません。珍しい部類に入る名字かと思います。

話は脱線しましたが、オフトの大抜擢に応えるように森保は日本代表でメキメキと頭角を現していきます。
サッカーカード「サンフレッチェ広島 高木琢也」

サッカーカード「サンフレッチェ広島 高木琢也」

森保は「オフトサッカーの申し子」と呼ばれ、「ボランチ」が広く知られる事に!

1992年5月のオフトジャパン初戦となったアルゼンチン戦で先発初出場を果たした森保。試合は0-1で敗戦しますが、対戦相手のアルフィオ・バシーレ監督とFWカニージャから、森保を指して「日本にはいいボランチがいる」と高く評価されました。

これにより「森保」と「ボランチ」の名前が脚光を浴び始めます。ボランチとは、主に後方のMFが務め、攻守の要となる、舵取りの役割をも担う選手の事です、今日のサッカーでいえば柴崎や遠藤といった選手が挙げられます。

以降、オフト監督の採用した4-4-2のシステムでは、いわゆる中盤の底を務めた森保。ラモスと福田ら攻撃的陣を、後方でクレバーに支え「オフトサッカーの申し子」と呼ばれるまでに成長しました。
快足ストライカーだったカニージャ

快足ストライカーだったカニージャ

当時ワールドカップが”夢の舞台”でしかなかった日本代表でしたが、オフト監督がその手腕を発揮し、ダイナスティカップやアジアカップ優勝に導きます。カズなどの豪華タレント陣の陰で、森保は名ボランチとして守備的な仕事をこなして貢献しています。
サッカーマガジン 1992年11月「ダイナスティカップ...

サッカーマガジン 1992年11月「ダイナスティカップ’92日本代表優勝」

90年代、もう一人の日本代表名ボランチ「山口素弘」が台頭!

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

遡るシリーズ!【1993年・平成5年】のアレコレを振り返る

遡るシリーズ!【1993年・平成5年】のアレコレを振り返る

この年はアメリカでビル・クリントンが大統領に就任し、世界貿易センター爆破事件が発生しました。国内ではJリーグが開幕し、レインボーブリッジが開通しました。そんな1993年を振り返ってみたいと思います!
つきねこ | 7,315 view
加藤久、ラモス瑠偉が日本サッカー殿堂入り!読売クラブ、ヴェルディ川崎で活躍した両氏の現役時代をサクっとまとめ!

加藤久、ラモス瑠偉が日本サッカー殿堂入り!読売クラブ、ヴェルディ川崎で活躍した両氏の現役時代をサクっとまとめ!

日本サッカー協会は1日、読売クラブ、ヴェルディ川崎で活躍した名選手である加藤久氏とラモス瑠偉氏の「日本サッカー殿堂入り」を発表。クレバーな選手であった加藤久氏と、稀代のゲームメイカーであるラモス瑠偉氏の現役時代も振り返ります。
「サッカー王国」静岡県出身!往年のJリーガーでベストイレブンを考えてみた!

「サッカー王国」静岡県出身!往年のJリーガーでベストイレブンを考えてみた!

今年はワールドカップ2018ロシア大会がありますね~!そこで今回は、主に90年代に活躍した静岡出身のサッカー選手で、勝手にベストイレブンを考えてみました(^^)/ 是非読んでみてくださいまし~!!
つきねこ | 4,672 view
あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

ワールドカップ出場が夢のまた夢だった時代があった。それはついこないだのようだが、1997年11月16日の『ジョホールバルの歓喜』から20年が経つ。サッカー日本代表の1997年アジア最終予選を時間軸に沿って振り返ってみる。
ひで語録 | 2,567 view
19歳で日本代表に初選出された戸塚哲也!読売クラブでのプレイに支障が出るからと代表を辞退!

19歳で日本代表に初選出された戸塚哲也!読売クラブでのプレイに支障が出るからと代表を辞退!

読売クラブ、ヴェルディ川崎で活躍したMF戸塚哲也。読売クラブではラモスやジョージ与那城とブラジル流のサッカーを構築。繊細なボールタッチでゴールを量産した得点王でもあった戸塚哲也をまとめる。
ひで語録 | 4,898 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト