エロゲーの技術発展を牽引してきた人気作!「Ranceシリーズ」
2017年1月24日 更新

エロゲーの技術発展を牽引してきた人気作!「Ranceシリーズ」

1989年に第一作の発売から、エロゲーファンたちから絶大な支持を得続けているエロゲー界のキラータイトル「Rance」シリーズ。常にその時代の最大スペック機種に対応した高品質商品をリリースするなど、ストイックに良いものを追求してきた、他のゲームと一線を画すシリーズです。

7,087 view

「Ranceシリーズ」とは!?

『Rance』(ランス)は、1989年よりアリスソフトから発売されているアダルトゲームのシリーズ作品。
「世界中の美女は俺様のもの」が信条の鬼畜戦士ランスと奴隷の魔法使いシィルが繰り広げる冒険活劇。1989年の第1作発売以来つづくアダルトゲームシリーズ。

高品質ゆえ、その時代の最大スペック機種に対応

Windows登場以前の作品であるIVまでは、IIでの増設グラフィックボード必須、IVでの当時出たてで100Mで10万位したHDD必須 等、その時点での最新スペックのPCが必須という鬼仕様
PC98専用外付けHDD  WD-40

PC98専用外付けHDD WD-40

当時はこのような40MBくらいのHDDでも非常に高額だった。しかしランス4の発売以降、HDD専用のソフトが主流となっていった。
Windows95 for PC98

Windows95 for PC98

「鬼畜王ランス」(Windows95専用)が発売されたのは1996年。まだ当時はWindows95は全く主流ではなく、ハイスペックな上位機種を使用しているPCユーザーのみが利用しているものだった。そんな中で、Windows95専用で発売してしまうアリスソフトはすごかった。

第1作はアドベンチャー要素が強い!

Rance -光を求めて- [タイトル画面]

Rance -光を求めて- [タイトル画面]

発売日 1989年8月15日
ジャンル アドベンチャー+ロールプレイング
開発・発売元 アリスソフト
対応機種  PC8801、PC9801、X68000、TOWNS、MSX2、Windows(1997年)
AVG+RPGという形ではあったものの、RPG要素は少ない。移動は全てコマンドで行い、戦闘は1対1。他のRPGの要素としてはお金を貯めてヒントを買うことが出来ることなどがある。アリスソフトブランドのデビュー作。
Rance -光を求めて- [ゲーム画面]

Rance -光を求めて- [ゲーム画面]

基本はコマンド選択式のアドベンチャーゲームで、RPG要素は少ない。
今では絵が古すぎて、今では興奮など皆無ですが、当時としては結構エッチ度の高い内容でした。ストーリーのボリュームは小さめなのですが、主人公ランスと召使いのシィルのキャラがしっかり立っていて、今後の人気シリーズを予感させるお話です。

お話の面白さを残しつつ、グラフィックやゲーム性を改善したリメイク版も出ています。
⇓ ⇓ ⇓
ランス01 光をもとめて

ランス01 光をもとめて

発売日 2013/9/27
ジャンル アドベンチャー+ロールプレイング
開発・発売元 アリスソフト
プラットフォーム: Windows XP / Vista / 7 / 8
メディア: DVD-ROM
グラフィックと音楽だけで無く、現行設定に合わせて内容を改訂した『ランス01 光をもとめて』が2013年9月27日に発売。パッケージ版は限定生産であり、DL販売がメインとなっている。

第2作はRPG要素が高まった!

Rance II -反逆の少女たち- [タイトル画面]

Rance II -反逆の少女たち- [タイトル画面]

発売日 1990年5月15日
ジャンル アドベンチャー+ロールプレイング
開発・発売元 アリスソフト
対応機種  PC8801、PC9801、X68000、TOWNS、MSX2、Windows(1997年12月発売の『ALICEの館4・5・6』に収録)
Rance II -反逆の少女たち- [ゲーム画面]

Rance II -反逆の少女たち- [ゲーム画面]

旧機種の場合、増設グラフィックボードが必要なくらい画質がキレイになった。しかも1990年発売にして早くもHDDにも対応していた。
前作ではRPGの要となる戦闘シーンが、単体VS単体だったが、この作品はパーティ戦が可能になった。戦闘しながらクエストを解いていくRPG的要素が高くなり、やりごたえのある作品になった。

【PC9801】ランス2 OP - YouTube

説明
Rance II -反逆の少女たち-  パッケージとディスク

Rance II -反逆の少女たち-  パッケージとディスク

前作はディスク4枚組だったのに対し、Ⅱでは8枚組になり、ここからもボリュームが増したことがうかがえる。PC-9801版はHDDにインストールすることも可能だった。

第3作が大作への始まり

41 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

これは昭和か平成か、二つの時代を満喫したミドルエッジ世代に贈る挑戦状10問!

これは昭和か平成か、二つの時代を満喫したミドルエッジ世代に贈る挑戦状10問!

昭和と平成。いずれも去り行く元号となる2つの時代を満喫した(?)ミドルエッジ世代。ついアバウトになりがちな当時の記憶を思い出す、脳みそライザップ的なクイズを10問どうぞ!!
たけし軍団総出演『ビートたけし殺人事件』原作を執筆したそのまんま東がヒロイン「かとうかず子」と私生活でも恋仲に!

たけし軍団総出演『ビートたけし殺人事件』原作を執筆したそのまんま東がヒロイン「かとうかず子」と私生活でも恋仲に!

1989年1月に約30分ずつ4回に分けて放送された、たけし軍団が総出演した『ビートたけし殺人事件』。フライデー襲撃事件により芸能活動を自粛していたそのまんま東が、執筆した推理小説を原作に、ヒロインにかとうかず子を迎え制作された。
ひで語録 | 1,463 view
「ゲームボーイ版」テトリス発売の裏で起きていたライセンス問題。日本初のRPGザ・ブラックオニキス開発者が単身ソ連に乗り込み解決のきっかけを作った。

「ゲームボーイ版」テトリス発売の裏で起きていたライセンス問題。日本初のRPGザ・ブラックオニキス開発者が単身ソ連に乗り込み解決のきっかけを作った。

1989年6月14日に任天堂から発売された「ゲームボーイ(GB)版テトリス」。書籍『テトリス・エフェクト―世界を惑わせたゲーム』(白揚社)には、日本初のRPGザ・ブラックオニキス開発者ヘンク・ロジャースが、ゲームボーイ版発売に尽力した様子がスリリングに描かれています。
忌野清志郎率いる【ザ・タイマーズ】その至極のアルバム『ザ・タイマーズ』を振り返る

忌野清志郎率いる【ザ・タイマーズ】その至極のアルバム『ザ・タイマーズ』を振り返る

【ザ・タイマーズ】は忌野清志郎が率いたバンドであり、活動期間は短いものの、その中で数々の名曲を残しました。今回はその中でも至極の名作であるファーストアルバム『ザ・タイマーズ』を振り返りたいと思います。
つきねこ | 672 view
レクサスES300の日本名、覚えていますか?「レクサスES300=日本名ウィンダム」

レクサスES300の日本名、覚えていますか?「レクサスES300=日本名ウィンダム」

2018年4月に開催された北京モーターショーで注目を集めた車種のひとつに、レクサスESという高級セダンがあります。日本には未導入の車種ですが、実はその名は四半世紀前に知られていました。「レクサスES300=日本名ウィンダム」というCM、覚えていますか?
篠田恵三 | 2,876 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト