『ペリーヌ物語』の裏側
2017年3月7日 更新

『ペリーヌ物語』の裏側

『神谷明と25人の声優たち』の著書の中で、ペリーヌを演じた鶴ひろみさんと神谷明さんの対談を紹介しつつ、世界名作劇場のアニメのアフレコがどのような状態で収録されていたかの紹介します。

4,287 view

『ペリーヌ物語』は、私の中で一番古い世界名作作品

再放送ではなくて、私が本放送で見た『世界名作劇場』で一番古い作品が『ペリーヌ物語』です。

『ペリーヌ物語』が放送されていたのは、1978年1月1日~12月31日まででした。私が3歳の時に始まり、放送期間中に私は4歳になりました。小さい頃に、ペリーヌのイラストのある手さげのバッグをもっていて、お出かけする時にはそれを持ち歩いていました。
ペリーヌ物語

ペリーヌ物語

この頃はまだ「カルピス」

『世界名作劇場』と『ペリーヌ物語』を紹介しましたが、実は『ペリーヌ物語』は『世界名作劇場』ではなくて、『カルピスファミリー劇場』と呼ばれていました。この呼び名は、『ペリーヌ物語』1作のみで使用されました。これは、フジテレビ19時半に放送されていたアニメ枠が『ペリーヌ物語』までは、カルピス一社提供だった為です。
『ペリーヌ物語』の前年まで放送されていた1977年『あらいぐまラスカル』、1976年『母をたずねて三千里』、1975年『フランダースの犬』までは、『カルピスこども劇場』。
1974年『アルプスの少女ハイジ』、1973年『山ねずみロッキーチャック』、1972年『ムーミン(新)』、1971年『アンデルセン物語』、1969年10月~1970年12月『ムーミン』、1969年4月~9月『どろろ(後に『どろろと百鬼丸』にタイトル変更)』は『カルピスまんが劇場』と呼ばれていました。
1975年の『フランダースの犬』からは日本アニメーション制作になりますが、それ以前は、『アルプスの少女ハイジ』、山ねずみロッキーチャック』はズイヨー映像制作、『ムーミン(新)』は企画ズイヨー、虫プロ制作、『アンデルセン物語』虫プロ制作、『ムーミン』は企画ズイヨー、26話まで東京ムービー制作、27話から最終話まで虫プロ制作、『どろろ』は虫プロ制作でした。
日本アニメーションがこの枠のアニメの制作を始めたのは、1975年の『フランダースの犬』からで、スポンサー会社は1978年の『ペリーヌ物語』までカルピス一社提供でした。

ペリーヌを演じたのは女子高生

さて、カルピス一社提供時代最後を飾った『ペリーヌ物語』。

ヒロインペリーヌを演じたのは、当時高校生だった鶴ひろみさん。
鶴ひろみさんといえば『きまぐれオレンジロード』の鮎川まどか役、『みゆき』の鹿島みゆき役、『めぞん一刻』の九条明日菜役、『GS美神 極楽大作戦!!』の美神令子役、『ドラゴンボール』のブルマ役、『それいけ!アンパンマン』のドキンちゃんが有名だと思います。
鶴 ひろみ さん

鶴 ひろみ さん

鶴ひろみさんは、小学2年生の時に劇団ひまわりに所属されて、子ども時代から役者の仕事をされていました。

子役時代に、1968年に九重さん版の『コメットさん』63話『妖怪の森』9月9日放送(監督山際永三、脚本市川森一)で子役デビューされ、『恐怖劇場アンバランス』第4話『仮面の墓場』(監督山際永三、脚本市川森一)にも出演されています。

その鶴ひろみさんがペリーヌを演じた時は高校3年生で、ペリーヌ役が声優デビューでした。

憧れのあの人と

鶴さんが声優の仕事をするようになったきっかけ、声優の仕事に興味を持ったきっかけについて『神谷明と25人の声優たち みんな声優になりたかった』(主婦の友社)の中で、このように語っています。
『神谷●で、実際そのテレビに出たいと思って出て、その夢がかなったわけなんだけど、実感というか、感想としてはどういうふうに思ったの?

鶴 ■やっぱり、ドラマ作ったりするのって、とっても楽しいし、好きだったんですが、うちの母がお前はテレビに顔を出さないほうがいいんじゃないかって言うんで、「ハイそのとおりです」なんてー。それでもずっとテレビやってて、あれは中学生くらいの時かな、テレビで『ローマの休日』っていう映画を見たの。そこで、オードリー・ヘップバーンの吹き替えを池田昌子さんがやってらしたんですよね。

神谷●いいよねー。マコさんの、ああいうキャラクターをやる時の天使のような演技。すばらしい。実際マコさんもね、そういうお方なんですけどね。

鶴 ■え、すごく素敵な方ですよね。それで、ああ、こういう仕事があるんだなって。これは顔も出ないし、いいんじゃないかと。

(中略)

鶴 ■そうですね。それで、ペリーヌ役が決まりまして、おかあさん役が池田さんだったんですよ。大感激しちゃいましてね。これも何かのご縁か、なんて思って。』
※『神谷明と25人の声優たち みんな声優になりたかった』(主婦の友社)より引用。

ペリーヌは赤い線

テレビの『ローマの休日』で池田昌子さんの吹き替えを聞いて、声優の仕事を知り興味を持った鶴さんが高校三年生の時にペリーヌ役のオーディションの話がきて合格し、ペリーヌの母親役が池田昌子さんと知った鶴さんは大感激された鶴ひろみさん。

憧れの池田昌子さんと一緒に声優の仕事を始めます。日本のアニメの場合は、出来上がった絵の映像に合わせて声の演技を吹き込んでいくのですが……。
『神谷●それで、声優としては全くの素人としてこのお仕事に入ってきたわけでしょ。とまどいとか、なかった?

鶴 ■ありました。なにか全然わけわからなくて、またこれ言っちゃなんですが……

神谷●いいよ、言っちゃって。もう絶対にあのことだと思う。いま何を言おうとしてるのか、僕よくわかる。あの時間帯の作品というのはじつは、そうだったんだよな

鶴 ■大きな声じゃ言えませんが……

神谷●ずっとそうなの、ハイジの頃から

鶴 ■絵がない!

神谷●そう!

青羽●はー。それほど絵がなかったんですか?

鶴 ■そう、なかった。放送を見るまで、どうなっているか全然わかんない

神谷●あれだけすばらしい作品なのに、絵がないんだよね。だから僕も声優の仕事を始めて日がなかったもんだから、びっくりしたよ。あれだけない作品で、いまでも珍しいよね

鶴 ■驚いちゃう。だから、ゲストで来た方なんて、結局自分のキャラクターがわからないまま終わっちゃったってことあるんじゃないんですかね。だから、アニメの仕事っていうのは、こういうものなんだって思いました。だから、私は、ペリーヌは赤い線なんですよ

一同(笑)

神谷●私は赤い線!

鶴 ■そう、私は赤い線。赤い線の時は誰もしゃべるな、みたいな。(笑)だから、そいうもんだと思っていました。それと、大げさにしゃべることができなくてね、もう一本調子』
※『神谷明と25人の声優たち みんな声優になりたかった』(主婦の友社)より引用。
なんと、アフレコ時点ではペリーヌは赤い線だったのです。

少し話が逸れますが、ルパン三世の山田康雄さんは絵がない状態でベストの演技は出来ないから、ちゃんと絵を完成させてからでないと、アフレコはしないと言ってアフレコをしなかったそうです。

そのことについては、山田康雄さんが亡くなられた時に出版された徳間書店かきあげこ編『ルパン三世よ永遠━━ 山田康雄メモリアル』の中で、『ルパン三世』シリーズで銭形警部を演じた納谷悟朗さんが『ルパン三世』の思い出での中で語られています。

以下、『山田康雄メモリアル』より納谷悟朗さんのインタビューの一部からの引用です。
ルパン三世よ永遠に-山田康雄メモリアルー

ルパン三世よ永遠に-山田康雄メモリアルー

『『ルパン三世』のいちばん強烈な思い出というと、絵ができてなかったらアフレコやるのはよそうといってたこと。たとえば、笑うと書いてあっても、絵がないと、大口を開けて笑っているのか、くすって笑ってるのかわからない。絵を描くほうが大口を開けた絵を描いているのに、こっちがくすくす笑ってたら、あとで合わせたときにどうしようもないわけだ。そういうことがないように、絵は絶対に必要だと。これはもう、山田康雄の大信念だったね。

それで、録音中止になったことが二回くらいあったっけ。でも、それ以後は、『ルパン』は全部、絵があった。これは、すばらしいことだよ。』
※『ルパン三世よ永遠━━ 山田康雄メモリアル』より引用
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

愛をテーマにした名作!【ペリーヌ物語】

愛をテーマにした名作!【ペリーヌ物語】

明るく誰にでも愛される女の子ペリーヌが、両親を亡くしながらも一人旅をし、 唯一の肉親である祖父と出会うまでの感動ストーリー。そんなペリーヌのお話を振り返りたいと思います。
soora | 2,198 view
『あいのり』が地上波にベッキーと共に戻ってくる!1月12日(金)からラブワゴン出発進行~!

『あいのり』が地上波にベッキーと共に戻ってくる!1月12日(金)からラブワゴン出発進行~!

2018年1月12日(金)24時55分より『恋愛観察バラエティー あいのり』の最新シリーズ『あいのり:Asian Journey』が地上波で放送される。90年代後半から放送され、視聴率20%を超えたドキュメンタルバラエティー番組が復活する。
【イントロクイズ】懐かしのフジテレビ『月9』ドラマ主題歌

【イントロクイズ】懐かしのフジテレビ『月9』ドラマ主題歌

1980~1990年代に高視聴率を獲得したフジテレビの月曜夜9時のドラマ、通称『月9』ドラマの主題歌に関するイントロクイズです。
世界名作劇場の主題歌の魅力

世界名作劇場の主題歌の魅力

『赤毛のアン』『あらいぐまラスカル』の主題歌の歌詞から考えてみた作品の魅力を引き出す主題歌の魅力を考えてみました。
卯の花 | 1,286 view
「あいのり」が配信番組で年内に復活!ラブワゴンのメンバー募集がスタート!!

「あいのり」が配信番組で年内に復活!ラブワゴンのメンバー募集がスタート!!

フジテレビで1999年10月から2009年3月まで放送された人気番組『恋愛観察バラエティーあいのり』が、「FOD(フジテレビオンデマンド)」と「Netflix(ネットフリックス)」で、配信番組「あいのり REBOOT」(仮)として復活することがわかった。
red | 950 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト