【松崎しげる】芸能界の色黒といえば!名曲・愛のメモリーや歌手・俳優としての活躍ぶり!
2021年5月27日 更新

【松崎しげる】芸能界の色黒といえば!名曲・愛のメモリーや歌手・俳優としての活躍ぶり!

芸能界で黒いといえば松崎しげるさん。事務所や自宅にも日焼けマシーンを設置し、その日焼けした肌をキープしているといった徹底ぶりも有名ですよね。今回の記事では、そんな彼の全盛期の活躍ぶりを振り返り、数々のエピソードや現在についてもご紹介していきたいと思います。

552 view

内容&あらすじ

前半は原作を基にしたギャグ展開であるが、後半は北斗が咄嗟に付いた嘘から結成された「地球防衛隊」が、地球を支配しようとする宇宙猿人ゴリに乗っ取られたクロ高を取り戻そうとするオリジナル展開になった。
宇宙猿人ゴリは特撮ヒーロー番組の『スペクトルマン』の悪役である。また、阿藤快が地球防衛隊のメンバーとして本人役で出演しているほか、松崎しげる、橋本真也も本人役で出演している。なお、橋本は映画の公開を目前に控えた2005年7月11日に急逝したため、本作が遺作ともなった。
テレビドラマ

『噂の刑事トミーとマツ』

放送時期:1979年~1982年
放送局 :TBS系列
出演者 :国広富之
     松崎しげる
     志穂美悦子
     石井めぐみ
     井川比佐志

内容&あらすじ

外見も性格も対照的な2人の刑事、警視庁富士見署捜査課の岡野富夫(トミー)と松山進(マツ)の名コンビ(劇中では「トミマツ」、失敗時には「オソマツ」「ドジドジコンビ」と呼ばれている)が時には衝突し時には協力しながら事件を解決まで導いていく。
毎回クライマックスの格闘・銃撃戦シーンで怖じ気づくトミーにマツがしびれを切らし、「お前なんか男じゃない、おとこおんなで十分だ! おとこおんなのトミコ!」と怒鳴りつけると、トミーがその言葉に発奮して一瞬にして悪党をなぎ倒すと言う展開が定番となっていた。また当時の刑事ドラマとしては珍しく捜査員の殉職シーンが無く(出演者の降板は異動や退職という設定)、全体的に明るい作風となっている。

『お金がない!』

放送時期:1994年
放送局 :フジテレビ系列
出演者 :織田裕二
     財前直見
     東幹久
     高樹沙耶
     田口浩正

内容&あらすじ

主人公の萩原健太郎は、小さな町工場で働く25歳の青年。亡き親が残した多額の借金を抱えてとても貧乏であったが、幼い二人の弟やあたたかい友人達に囲まれ、楽しく暮らしていた。
そんなある日、健太郎は弟たちと「今度の給料日に焼肉食べに行こう!」という約束をする。ところが、待ちに待ったその日に町工場が倒産。結局、給料は受け取れず、借金の取立てに押しかけられ、挙句の果てには家賃滞納で住んでいた家も大家に追い出されてしまう。
それを機に、再就職先を探していた健太郎は、幼なじみの美智子の紹介で、超大手外資系保険会社「ユニバーサル・インシュアランス」のビルメンテナンス会社に転職する。ある日健太郎は、偶然拾った重要ファイルを盾にして柏木に再就職を迫るが、逆にビルメンテナンス会社をクビにされてしまう。だが健太郎は、ユニバーサル・インシュアランスの社員に成りすまし、ファイルの持ち主である大沢をそそのかして協力させ、大口の契約奪還を成功させる。
それが運よく社長である氷室の目にとまり、健太郎は晴れて社員として正式に採用されることになるが…

『ケータイ刑事 銭形命』

放送時期:2009年
放送局 :BS-TBS
出演者 :岡本あずさ
     松崎しげる
     大堀こういち
     小林麻耶

内容&あらすじ

警視総監を祖父に持つIQ180の女子高校生で、銭形雷・海の妹・銭形命が、携帯電話を武器に難事件を解決する刑事ドラマ。

最近の松崎しげるさんの活動ぶり

2006年の道路交通法違反のトラブルから芸能活動を約1年自粛していた松崎しげるさん。近年は埼玉西武ライオンズの応援歌『地平を駆ける獅子を見た』を歌い、アイドルユニット・ももいろクローバーZとの親交の深さも有名なところですよね。
公式ホームページでは、新曲情報やコンサート・テレビ番組などの出演予定も発信されており、ファンには欠かせない情報源となっています。
歌手・アーティストとしても有名で、夜の帝王としての豪快な遊びっぷりでも注目されました。三度目のご結婚をして子供が生まれてからは、その育メンぶりにスポットが当たることもありましたね。
俳優・タレントとしても、その存在感は今も健在ですよね。年齢的には70歳を超えているのに、いつまでも若々しくて、その事実が信じられません。今後のさらなるご活躍を祈って今回の記事を締め括りたいと思います。最後まで読んでくださって、ありがとうございました。これからも気になる有名人を取り上げていきますので、また別の記事で皆さんとお会いできたら嬉しいです。
56 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【松崎しげる】黒フェスで白黒歌合戦!歌手活動からフライパンのCMまでこなし、ついには”まつざきしげるいろ”という絵の具まで発売された伝説の黒。

【松崎しげる】黒フェスで白黒歌合戦!歌手活動からフライパンのCMまでこなし、ついには”まつざきしげるいろ”という絵の具まで発売された伝説の黒。

「女房の笑顔さえあればバイアグラなんていらない。」3度の結婚と、還暦を迎えても精力的にコンサートやCM出演などをこなす、スーパーミドル・松崎しげる。大ベテランであるにもかかわらず、バラエティ番組での色黒いじりを受け入れ、逆にもっと日焼けしてみるなど、話題が絶えません。
cyomo | 3,694 view
第15代クラリオンガールに選ばれ歌手としても活動していた『結城めぐみ』の現在!!

第15代クラリオンガールに選ばれ歌手としても活動していた『結城めぐみ』の現在!!

第15代クラリオンガールに選ばれ歌手としても活動し声量溢れる高い歌唱力からドラマ「美味しんぼ」の主題歌も歌った結城めぐみさん。表舞台から姿を消して・・・。
ギャング | 510 view
【中山麻理】ドラマ『サインはV』出演!三田村邦彦との結婚やその巨乳ぶりを振り返る!

【中山麻理】ドラマ『サインはV』出演!三田村邦彦との結婚やその巨乳ぶりを振り返る!

TBS系列で放送されていたTVドラマ『サインはV』で人気が過熱し、グラマラスな肢体からセクシー女優としても活躍された中山麻理さん。人気俳優・三田村邦彦さんと結婚し、その後に繰り広げた泥沼離婚劇でも大きな話題になりました。今回は、そんな中山麻理さんの活躍ぶりを振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 1,804 view
「オナッターズ」?「童貞キラーズ」?で活躍した『深野晴美』が懐かしい!!

「オナッターズ」?「童貞キラーズ」?で活躍した『深野晴美』が懐かしい!!

1985年に、南麻衣子さん、小川菜摘さんと共に、3人組アイドルユニット『オナッターズ』で活躍した深野晴美さん。「よくわかんな~い」のセリフで有名で巨乳でおバカキャラの様にみなされていました。
ギャング | 45,251 view
学園ドラマ「おれは男だ!」のヒロイン吉川くんこと『早瀬久美』が結婚し芸能界から姿を消したが!!

学園ドラマ「おれは男だ!」のヒロイン吉川くんこと『早瀬久美』が結婚し芸能界から姿を消したが!!

1970年代森田健作主演の青春学園ドラマ「おれは男だ!」のヒロイン「吉川くん」こと吉川操 役を演じた早瀬久美さん。1980年に29歳で結婚しサンフランシスコへ渡米し芸能界から姿を消しました。気になり追ってみました。
ギャング | 1,518 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト