【80年代歌手】ハートフルな歌唱力で魅了し続ける「おね―ちゃん」こと鈴木聖美のシングルを聴いてみよう!
2017年3月10日 更新

【80年代歌手】ハートフルな歌唱力で魅了し続ける「おね―ちゃん」こと鈴木聖美のシングルを聴いてみよう!

80年代に活躍したシャネルズのリードボーカル鈴木雅之の実姉として有名な「おね―ちゃん」こと鈴木聖美。そのハートに響く歌声は女性の心を掴んで離さない。ソウルフルな歌唱力にどっぷり浸かってみたい人、集まれ!!!

1,301 view

アマチュアとしてのレコードデビュー

鈴木聖美

鈴木聖美

すずききよみ
生年月日:1952年7月20日
デビュー:1987年

鈴木雅之の実姉としてはとても有名。素人時代にレコードリリースを果たし1987年にはれてメジャーデビューをした。
パワフルな歌声で魅了し続ける鈴木聖美がプロシンガーとしてデビューしたのは1987年でした。この同じ年にデビューした人は坂本冬美や伊秩弘将などいますが、ほとんどの人が現在でも40代後半や50代前半など比較的デビュー時に10代20代の人が多く、デビュー時の年齢が34歳という鈴木聖美がいかに遅咲きの歌手だったかがよくわかります。ですが、その天性の歌唱力で人気を博し女性のファンが多く存在するアーティストとしてあまりにも有名ですね。
もしかして I LOVE YOU.

もしかして I LOVE YOU.

1982年8月25日発売
先ほども言ったように鈴木聖美がデビューしたのは1987年です。ですが、上のジャケット写真には鈴木聖美が写っています。実はプロデビューする前に「シャネルズ+1」という形でアマチュアとしてデビューをしているのです。

シャネルズとは実弟の鈴木雅之がリードボーカルを務めていたドゥーワップを歌うバンドとして1980年にデビューしていました。鈴木聖美もバックコーラスなどで参加はしていたもののメジャーデビューに至るまでは紆余曲折があったようです。

もしかしてアイラブユー シャネルズ & 鈴木聖美

デビューまでのみちのり

鈴木聖美が小学校高学年の頃に、R&B,Soulなどの西洋音楽に興味を持ち、20歳の頃にバンドなどで歌っていました。その歌唱力を買われプロデビューの話はたくさんあったと言われています。ですが、「女の幸せは結婚」という固定観念から音楽の道に進むことはなくバンドも抜け結婚をしました。
姉が聞いていた音楽に触れて実弟の鈴木雅之も音楽の道に進み、デビューとなったのでその活躍を応援していましたが、結婚生活は長く続かず2児の母親となりながら離婚という結果に・・・。
その後はシングルマザーとして仕事をしながらバックコーラスとして参加をしたことが運命を変えた瞬間だったのかもしれません。
シンデレラ・リバティ

シンデレラ・リバティ

1987年4月1日発売
出典 ameblo.jp
デビュー曲は1987年4月1日に発売された「シンデレラ・リバティ」。この曲は既に芸能界を引退し俳優の三浦友和と結婚した山口百恵が三浦百恵として作詞し作曲はまたもや歌唱力に定評のあるアン・ルイスという話題にならない方がおかしいメンバーで作り出された曲で、歌詞の内容とメロディーと鈴木聖美の歌声とが相まってデビュー曲としてはビックアーティスト並みの貫禄となりました。
ロンリーチャップリン

ロンリーチャップリン

1987年7月1日発売
「鈴木聖美 with Rats&Star」としてはシングルは3曲のみでアルバムも1枚という結果になっていますが、その後の活躍へと続いていく通過点としては成功したのではないでしょうか。シングルの3曲はカラオケでも常連曲として有名で、2曲目の「ロンリーチャップリン」はデュエットできるポップスという感じで若い世代に歌われました。

鈴木 雅之 / 鈴木 聖美 「 ロンリーチャップリン 」

名曲は誰しもが歌ってみたいと思うものです。特に演歌歌謡曲が主になっていたデュエット曲に一風変わったジャンルのデュエット曲ともなるとソウルフルに歌いあげたい人には堪らない名曲なのでしょう。

【HD】20150422『水曜歌謡祭』 ロンリー・チャップリン/三浦大知×和田アキ子

ロンリー・チャプリン

0683 SCRN ♪ ロンリー・チャップリン ☆ 秋元順子 & ジェロ ◇ 151129

桑野 信義&俵山栄子 ものまね王座「ロンリーチャップリン 」鈴木聖美 with Rats&Star

3曲目の「TAXI 」はアルバム「WOMAN」からのシングルカットされた曲でカラオケの定番となっていますが、その歌は鈴木聖美を満喫できる内容なので今でも歌い継がれているのだと思います。

鈴木 聖美 「 TAXI 」

51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ドゥーワップを日本中に広めたことで知られるシャネルズ。彼らのシングルでドゥーワップを満喫しましょう!

ドゥーワップを日本中に広めたことで知られるシャネルズ。彼らのシングルでドゥーワップを満喫しましょう!

後にラッツ&スターと名前を変えるシャネルズは、80年に颯爽と登場しドゥーワップブームを日本中に巻き起こしました。シャネルズ名義で発売された9枚のシングルをとおしてドゥーワップの楽しさを満喫しましょう。
obladioblada | 3,200 view
【週刊 20世紀Walker】Vol.15 「飛鳥」「大周」もそうだけど「悪魔のささやき」に負けたスター達!!アナログレコードの世界!Vol4

【週刊 20世紀Walker】Vol.15 「飛鳥」「大周」もそうだけど「悪魔のささやき」に負けたスター達!!アナログレコードの世界!Vol4

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
【名曲トリビア】ラッツ&スターの「め組のひと」は、なんとキン肉マンとコラボしていた!?

【名曲トリビア】ラッツ&スターの「め組のひと」は、なんとキン肉マンとコラボしていた!?

「いなせだね 夏を連れて来た女(ひと) 渚まで 噂走るよ めッ! 」当時の忘年会や余興で、黒塗りにして真似をした人も多かったはず!大流行したこの歌は、なんとあのキン肉マンともコラボしていたんです。
キヌガサダケ | 7,447 view
R&Bの先導者『鈴木雅之』。ハスキーボイスが繰り出すラブソングに酔わされましたね。

R&Bの先導者『鈴木雅之』。ハスキーボイスが繰り出すラブソングに酔わされましたね。

シャネルズ~ラッツ&スター~ソロシンガーへ。いつの時代もR&Bラブソングを世に送り続けた鈴木雅之。デビュー当時から変わらぬサングラスとヒゲ。こだわりを感じますね。そんな彼の代表曲をご紹介しましょう。
ナベゲン | 3,829 view
デュエットの王道!!1987年発売「ロンリーチャップリン」

デュエットの王道!!1987年発売「ロンリーチャップリン」

1987年に発売された「ロンリーチャップリン」は、それまでのデュエット曲のイメージをガラリと変えた名曲でした!姉弟でラブソングを歌うのも、なんだか不思議で新鮮でしたね♪
うーくん | 967 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト