45歳で大復活を遂げた“セクシー・ダイナマイト”ティナ・ターナー!
2016年10月18日 更新

45歳で大復活を遂げた“セクシー・ダイナマイト”ティナ・ターナー!

10代でデビューし多くのヒット曲を放っていたティナ・ターナー。しかし、パートナーのアイク・ターナーと別れてからは永いスランプに陥ってしまいます。そこから不死鳥のように復活した時には既に45歳。しかし、そこからティナ・ターナーの快進撃が始まります。年齢を超えたセクシー・ダイナマイト、ティナ・ターナーここにあり!です。

2,862 view

Tina Turner

ティナ・ターナー

ティナ・ターナー

本名アンナ・メイ・ブロック・バーク(Anna Mae Bullock- Bach)
1939年11月26日生まれ
出典 laughy.jp
ティナ・ターナーは「ロックンロールの女王」とも「セクシー・ダイナマイト」とも呼ばれる世界で最も成功した女性ロック・アーティストです。
8度にも及ぶグラミー賞に輝き、歴史上最も多くのコンサート・チケットを売り上げたソロ・ミュージシャンでもあります。
そして、アルバムとシングルの売り上げ枚数は、全世界で合計2億枚を超えているとされています。

今でも現役で活動を続けているティナ・ターナーですが、ミュージシャンとしての経歴は、アイク・ターナーのキング・オヴ・リズムのボーカルとして、1958年に「リトル・アン」の名義での活動から始まります。

ソロとしては1974年のアルバム「Tina Turns the Country On!」からで、栄光の80年代までを辿ります。

Ike & Tina Turner

アイク&ティナ・ターナー

アイク&ティナ・ターナー

ティナ・ターナーが注目を集めるようになったのは、1960年にアイク・アンド・ティナ・ターナー・レビューとしてのファーストシングル「ア・フール・イン・ラヴ」が発売されてからです。この曲は全米27位というスマッシュ・ヒットを記録し、翌年続いて発売された「イッツ・ゴナ・ワークアウト・ファイン」は全米14位となっています。

順調にシングルをヒットさせ、1966年と1969年にローリング・ストーンズのアメリカ・ツアーをサポートしたことで更に大きな成功へのチャンスを得ることになります。

1969年には、シングル「オウタ・シーズン」、「ザ・ハンター」とヒットを飛ばし、ティナ・ターナーは「ボールド・ソウル・シスター」ではグラミー賞ベストR&B女性ボーカルにノミネートされています。

アイク&ティナ・ターナーとして最も大きなヒットとなった曲は「プラウド・メアリー」でしょう。この曲は全米4位まで上昇し、グラミー賞も獲得しています。

Ike & Tina Turner - Proud Mary

プラウド・メアリー
1975年頃になると、アイク・アンド・ティナ・ターナー・レビューの人気は下降線をたどるようになり、同時にコカインの影響もありアイクのティナに対するDVが深刻になってしまったことで1976年にグループは解散してしまいます。

Private Dancer

アイク&ティナ・ターナー解散後、ティナ・ターナーはソロ活動に専念し、1974年「Tina Turns the Country On!」、1975年「Acid Queen」、1978年「Rough」、1979年「Love Explosion」とアルバムを発売していますが商業的に芳しい結果を得ることが出来ていませんでした。

しかし、1984年に転機が訪れます。当時は楽曲提供者もいないほど厳しい状況でしたが、5年ぶりに発売された「プライヴェート・ダンサー」がまさしく起死回生の一作となり世界的な大ヒットを記録したのです。
プライヴェート・ダンサー

プライヴェート・ダンサー

1984年リリース

【収録曲】
1.ソウル・サバイバー
2.愛の魔力
3.私に振り向いて!
4.雨に打たれて
5.プライヴェート・ダンサー
6.レッツ・ステイ・トゥギャザー
7.あなたのとりこ
8.スティール・クロー
10.1984
1960年代~70年代にアイク&ティナ・ターナーとして、ソウル・ミュージックのスターだったティナ・ターナーがソロとして劇的な復活を遂げた1984年の作品。このアルバムをより深く味わうのに映画「ティナ」をご覧になると非常に良いと思います。ティナ・ターナーの半生を描いており、どん底から復活する彼女の姿が感動的でした。映画は、このアルバムの「愛の魔力」を歌うティナの姿で終わります。

Tina Turner - What's Love Got To Do With It

愛の魔力
シングル「愛の魔力」は全米1位を記録しましたが、それ以外にも「レッツ・ステイ・トゥギャザー」、「ヘルプ」、「あなたのとりこ」、「プライヴェート・ダンサー」、「雨に打たれて」、「私に振り向いて!」と合計7曲もシングル・カットされそれぞれにヒットしています。

その結果、グラミー賞では「愛の魔力」が最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞の3部門を独占し、「あなたのとりこ」は最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞を受賞しています。

ティナ・ターナーの80年代は劇的な復活から始まったのですが、当時既に45歳だったというのは驚きです。

Tina Turner - Better Be Good To Me

あなたのとりこ

Break Every Rule

翌1985年は、10年ぶりの映画出演となる「マッド・マックス/サンダードーム」に、アウンティ・エンティティの役で出演しています。この映画は、全世界で大ヒットし、ティナ・ターナーは全米黒人地位向上協会から主演女優賞を与えられました。

また、サウンド・トラックにも「ウィ・ドント・ニード・アナザー・ヒーロー」と「ワン・オヴ・ザ・リヴィング」の二曲で参加しています
「ワン・オヴ・ザ・リヴィング」ではグラミー賞の「最優秀女性ロック・ヴォーカル・パフォーマンス賞」を受賞しています。

One of the Living: Tina Turner

ワン・オヴ・ザ・リヴィング
そして1986年に満を持して発売されたアルバムが「ブレイク・エヴリ・ルール」です。本作にも「ティピカル・メイル」、「トゥー・ピープル」、「ウォット・ユー・ゲット・イズ・ウォット・ユー・シー」といったヒット曲が収録されており、このアルバムも全世界で大ヒットとなりました。

また、アルバムの発売に先立ち、自叙伝「私、ティナ」を出版していますが、この自叙伝はベストセラーとなり、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムの星を贈られています。
ブレイク・エヴリ・ルール

ブレイク・エヴリ・ルール

1986年リリース

【収録曲】
1.Typical Male
2 What You Get Is What You See
3.Two People
4 Till The Right Man Comes Along
5.Afterglow
6 Girls
7 Back Where You Started
8 Break Every Rule
9 Overnight Sensation
10 Paradise Is Here
11 I'll Be Thunder
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

セリフは一切なし、70年代当時の人気のミュージシャンが多数参加した狂気のロック・オペラ、トミー。

セリフは一切なし、70年代当時の人気のミュージシャンが多数参加した狂気のロック・オペラ、トミー。

70年代に人気だったミュージシャンが多数出演した類稀なる映画「トミー」。ザ・フーのロック・オペラ・アルバムを鬼才ケン・ラッセルが見事なまでに映画化しています。セリフは一切なく、出演ミュージシャンは勿論のこと、ジャック・ニコルソンやオリヴァー・リードなどの俳優陣も見事な歌声を披露しています。
obladioblada | 634 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト