我が道を突っ走る孤高のギタリスト、ジェフ・ベック
2016年7月11日 更新

我が道を突っ走る孤高のギタリスト、ジェフ・ベック

いくつものバンドを渡り歩き、多くのセッションに参加し、今なお理想を求め進化し続けるジェフ・ベック。その足跡をたどってみます。

3,575 view

ジェフ・ベック

Jeff Beck

Jeff Beck

1944年6月24日生まれ
イギリス、サリー、ウォリントン出身
ジェフ・ベックのミュージシャンとしての歴史は長い。ギタリストとして様々なセッションを行った後、1965年にヤードバーズに参加。
ヤードバーズを皮切りに、第一期ジェフ・ベック・グループ、第二期ジェフ・ベック・グループ、ベック・ボガート・アンド・アピスを経て、ソロ活動を現在まで続けています。

ヤードバーズ

脱退したエリック・クラプトンに代わってジェフ・ベックがヤードバーズに参加したのは1965年のことです。
しかし、メンバー間の確執などの理由から早くも1966年には脱退しています。
ここでのジェフ・ベックはファズを効果的に使っており、シングル「Heart Full Of Soul(ハートせつなく)」や「Happenings Ten Years Time Ago(邦題:幻の10年)」などをヒットさせ、アルバム「Roger The Engineer」を残しています。因みにこのアルバムは、たったの5日で作成されています。
ロジャー・ザ・エンジニア

ロジャー・ザ・エンジニア

1966年リリース

The Yardbirds - Heart Full Of Soul - YouTube

yardbirds

第1期ジェフベックグループ

ジェフ・ベックはヤードバーズ脱退後、ソロで「Hi Ho Silver Lining / Beck's Bolero」(イギリス;17位)、「Tallyman / Rock My Plimsoul」、「Love Is Blue / I've Been Drinking」という3枚のシングルを発表しました。

Jeff Beck - Hi Ho Silver Linging.

Here are the lryics HI HO SILVER LINING (Scott English / Larry Weiss) Jeff Beck Also recorded by: Black Lace; Hello. You're everywhere and nowhere, baby, tha...
そして、ギターのジェフ・ベックをはじめ、ボーカル:ロッド・スチュアート、ベース:ロン・ウッド、キーボード:ニッキー・ホプキンス、ドラムス:エインズレイ・ダンバーという夢のようなメンバーによる第1期ジェフベックグループを結成し、「トゥルース」、「ベック・オラ」という2枚のアルバムを残しています。

思えば、この時期がジェフ・ベックにとって一番ロックしていたのかもしれませんね。
トゥルース

トゥルース

1968年8月リリース
全米チャート:最高位15位

ロッド・スチュアート、ロン・ウッドにとって出世作になりました。
ベック・オラ

ベック・オラ

1969年リリース
全米チャート:最高位15位

第2期ジェフベックグループ

最強と思われる第1期ジェフベックグループですが、メンバーの確執が表面化して残念ながら解散してしまいます。
そして、第2期ジェフベックグループを結成することになります。

メンバーは、ジェフ・ベック: ギター、ベース、プロデュース
マックス・ミドルトン: ピアノ、キーボード
コージー・パウエル: ドラムス
クライヴ・チャーマン: ベース
ボブ・テンチ: ヴォーカル、ギター
ラフ・アンド・レディ

ラフ・アンド・レディ

1971年10月リリース
全米チャート:最高位46位
ジェフ・ベック・グループ

ジェフ・ベック・グループ

1972年4月リリース
全米チャート:最高位19位
順調にアルバムを発表していましたが、「ジェフ・ベック・グループ」リリース後に行ったツアーのパフォーマンスにジェフ・ベックは次第に不満を感じるようになり、メンバーを解雇!
結局、解散してしまいます。

Jeff Beck Group - Beat Club [1972]

-radioborderless original video- Jeff Beck: Guitar, Backing Vocals Bob Tench: Vocals Max Middleton: Keyboards Clive Chaman: Bass Cozy Powell: Drums 01: Got T...
第2期ジェフベックグループは、ブラック・ミュージックからの影響が大きいところが特徴といえますが、今聞いてもカッコいいですね。
46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

偉大なるギタリスト、ジェフ・ベック!デビュー50周年記念ライヴ映像作品が日本先行発売!

偉大なるギタリスト、ジェフ・ベック!デビュー50周年記念ライヴ映像作品が日本先行発売!

エリック・クラプトン、ジミー・ペイジと並ぶ世界3大ロック・ギタリストの一人とされるジェフ・ベックが、デビュー50周年の節目に行った2016年8月10日のスペシャル・ライヴを収録した映像作品が発売される。
グレイト・ギタリスト・ハントって知ってますか?1974年に、類を見ない大掛かりなギタリスト・オーディションがあったんです。

グレイト・ギタリスト・ハントって知ってますか?1974年に、類を見ない大掛かりなギタリスト・オーディションがあったんです。

「グレイト・ギタリスト・ハント」。この名称に恥じない、というか、この名称ピッタリとしか言いようのない大掛かりなギタリストのオーディションが1974年にあったんです。何のために?それはローリング・ストーンズの後任ギタリストを選ぶためのものでした。
obladioblada | 673 view
爆風スランプで活躍!パッパラー河合!ポケビのヒット曲も数多く手掛けた!

爆風スランプで活躍!パッパラー河合!ポケビのヒット曲も数多く手掛けた!

爆風スランプで活躍したパッパラー河合。サンプラザ中野(くん)や当時サンプラザ中野が在学していた早稲田大学のOB数名で結成したスーパースランプに参加。ポケビの楽曲の作曲・編曲を数多く手掛けてもいます。
ローズリー | 837 view
カブキロックスのギタリスト『坂川美女丸』にイカ天時代を聞いてみた!近年の作品もご紹介!

カブキロックスのギタリスト『坂川美女丸』にイカ天時代を聞いてみた!近年の作品もご紹介!

ロックバンド「カブキロックス」。そのギタリストの坂川美女丸さんにインタビュー!!「全日本イカ天大賞」で個人として「ベストプレイヤー 賞」を受賞した凄腕ギタリストは、2019年2月には「マツコ会議」に出演、作品もコンスタントに発売しています!
「ABARTH (アバルト)」×「布袋寅泰」!ライブチケットが当たるプレゼントキャンペーンも実施!

「ABARTH (アバルト)」×「布袋寅泰」!ライブチケットが当たるプレゼントキャンペーンも実施!

FCAジャパン株式会社は、「ABARTH (アバルト)」のブランディング活動の一環として、フォトグラファーKEI OGATA(ケイ オガタ)氏によるWEBムービー「The SCORPION SPIRIT」第3弾を公開。ギタリスト・布袋寅泰氏が登場しました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト