メンバーは実力派が勢ぞろい!!ハード・ビート系のメロディ・ロックバンド『spAed(スペイド)』
2016年4月15日 更新

メンバーは実力派が勢ぞろい!!ハード・ビート系のメロディ・ロックバンド『spAed(スペイド)』

第2期LOUDNESSとして活動した山下昌良が広瀬さとしとバンドを組みたいことから、LOUDNESSを脱退しspAedが結成されました。

4,860 view

spAed(スペイド)

バンド『spAed(スペイド)』

バンド『spAed(スペイド)』

活動期間 1994年 結成し、1997年に解散。
日本コロムビアよりメジャーデビュー
実力派ハード・ロック系アーティストが集結し結成されたスペイド。とはいえ現在の彼らが奏でる音は,勢いを重視したハード・ポップ系サウンド。

バンドメンバー紹介

片山圭司(ボーカル)

片山圭司(ボーカル)

1961年7月25日生まれ。大阪府出身。血液型はA型。
歌手、作曲家。
大阪府出身のシンガーソングライター、作曲家。1984年に松本孝弘(B'z)らが参加したアルバム『ODESSA LIFE』でデビュー。ロックバンド「BLUEW」「spAed」での活動を経て、1999年から ボイストレーナーとしての活動をを開始した。
山下 昌良(ベース)

山下 昌良(ベース)

1961年11月29日生まれ。大阪市東住吉区出身。愛称は「マー君」。
ベーシスト
腕前は、一切ミスをしない安定感のあるプレイ、そしてテクニックとリズム感に定評があり、スラップやベースシンセなどもこなすほど。大の釣り好きであることでも有名
バンド経歴は、LOUDNESS、spAed、BLOOD CIRCUS、ゼファー、Mt.FUJI・・・など色々なグループでメンバーとして参加しています。
広瀬 さとし(ギター)

広瀬 さとし(ギター)

1960年10月6日生まれ大阪府出身。愛称はJIMMY。
ギタリスト、ミュージシャン、作曲家。
日本を代表するハイパーギタリスト兼フェロモンギタリスト。かつて皮ジャンに缶バッジをたくさんつけるのが流行ったが、 『日本で初めてそれをやったのは自分だ!』と豪語していた(笑)。44MAGNUM解散後は橋本みゆきとTOPAZを結成。アルバムを3枚発表したが解散。その後、吉川晃司のCLOUDY HEARTツアーやKyoのサポートメンバーとしてステージにも立った。その後片山圭司(VO)/山下昌良(BA)/ERIK ZAY(DR)という豪華なメンツでspAedを結成。アルバムを3枚リリースしたが惜しくも解散。その後元デルジベットのISSAYらとともにΦ(ファイ)で活躍したが、解散した。
Eric Zay エリック・ゼイ(ドラム)

Eric Zay エリック・ゼイ(ドラム)

4月26日生まれ、Bronx, ニューヨーク出身
その類まれなる音楽センスと幅広い活動で音楽シーンを駆け抜けるEric Zay。
作詞、作曲、プロデュース、ギター、ベース、キーボード、ドラム、そしてボーカルとして多方面で活躍中。
誰もが一度は耳にした事のあるKDDIやキリン缶コーヒー「fire」など、数多くのCMソングを手掛け、TV番組や他のアースティストへも楽曲を提供している。
またドラマーとしてSUGIZO(LunaSea)やLISA(m-flo)、貴水博之らを独特なグルーブでサポート。
最近ではFAKE?でINORAN脱退後のギターサポートも務めた。
またソロアルバムを4枚リリース。ソロアルバムでは心に響くボーカルを披露し、自身のバンドBloomUnderGroundでは、ボーカルのみならず、突き抜けるようなギターサウンドを聴かせてくれる。

バンドについて

この頃は、バンドの解散が相次ぎ、メンバーがシャッフルされるように、新しいバンドが結成されたり、元某の人がラウドネス入ったり、そんな流れのなか、SLYや、このSPAEDが登場したのです。
BIOGRAPHY~80年代のHM全盛期を駆け抜けた猛者達によって結成されたバンドがspAedである、メンバー片山圭司(ソロ~BLUEW)広瀬さとし(44MAGUNAM~TOPAZ)山下昌良(ZEFER~LOUDNESS)、ERIC・ZAY(セッションドラマー)。結成の端緒は「(LOUDNESSを)脱退した山下君が以前から広瀬君と一緒にやりたいと思っていたようで、ライブバンドをやろうとした感じだったらしいけど。で、二人で僕の所に来てくれて、それから半年くらいしてエリックが参加したんです。」(片山談)spAedというバンド名の由来は「言葉の響きが良く、強いて言えばトランプでいうハートでもダイヤでもない鋭い語感に惹かれたから」、又spAedという表記は大文字SPAEDはスラングで黒人差別を示しているからこの表記となっている。このバンドの面子からゴリゴリのHR/HMを期待してしまうが、実際はストレートなロックサウンドであり、長年の活動を経てきたベテランのプレイが楽しめる

バンド経歴

1993年にSPAED結成し、1994年に日本コロムビアからデビューしました。
1994年10月21日にデビューアルバム『SPAED ...

1994年10月21日にデビューアルバム『SPAED Vol.1』を発売する。

ヘヴィメタル・ハードロック出身ミュージシャンが集まり、ストレートなビートロックに仕上がったデビュー作品。「Ambition」は冒頭にある女性の声から始まった1分以上のイントロから始まっている。キーボードは片山圭司が在籍した元BLUEWのベーシストだった大堀薫が参加。
CDジャーナルは「ソリッドでドライなポップ・チューン揃い。充分に練られたバンド音に仕上げられている」と評した
48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 140,317 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 129,194 view
リンキン・パークのチェスター・ベニントン、圧倒的なシャウトで魅せてくれたボーカリストの早すぎる死。

リンキン・パークのチェスター・ベニントン、圧倒的なシャウトで魅せてくれたボーカリストの早すぎる死。

2000年代初頭はリンキン・パークを聴きまくっていました。通勤時はいつも「Hybrid Theory」「 Meteora」を聴いて気持ちを高めたものです。圧倒的なシャウトとバラードの声で魅せてくれたボーカリストのチェスター・ベニントンは2017年に41歳で自殺、あまりにも早すぎる死でした。
たのきんトリオのよっちゃんこと野村義男率いる「THE GOOD-BYE」がデビュー35周年記念ライブを開催!

たのきんトリオのよっちゃんこと野村義男率いる「THE GOOD-BYE」がデビュー35周年記念ライブを開催!

80年代、ジャニーズ事務所所属のロックバンドとして人気を博した「THE GOOD-BYE」が、デビューを35周年となるのを記念したライブ「THE GOOD-BYE 35th ANNIVERSARY CONCERT TOUR」の開催を決定しました。大阪、名古屋、東京での開催を予定しています。
隣人速報 | 5,946 view
カブキロックスが結成30周年!ギタリスト坂川美女丸にイカ天時代から現在までの活動について聞いてみた!

カブキロックスが結成30周年!ギタリスト坂川美女丸にイカ天時代から現在までの活動について聞いてみた!

「イカ天」でのブレイク以来、歌舞伎をモチーフとした奇抜なメイクで人気を博しているカブキロックス。今年で結成30周年を迎えました。ギタリスト坂川美女丸さんにイカ天時代から現在までの活動についてなど、インタビューしてみました!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト