ミスター都市伝説の最新刊で語られる近未来像は、藤子・F・不二雄「モジャ公」で40年以上前に予知されていた!?
2017年1月20日 更新

ミスター都市伝説の最新刊で語られる近未来像は、藤子・F・不二雄「モジャ公」で40年以上前に予知されていた!?

8月に発行されたばかりのミスター都市伝説・関暁夫さんの本。そこで語られる近い将来の人類の姿は、40年以上前に発表された藤子・F・不二雄先生の「モジャ公」そして「21エモン」で描かれたものに類似していました。藤子F先生は未来を予知していたのでしょうか?検証します。

10,012 view

ミスター都市伝説

関暁夫さん

関暁夫さん

1975年生まれ。よしもと所属の芸人さんです。「ハローバイバイ」というコンビで活動していましたが、現在は「Mr.都市伝説 関暁夫」として、テレビ、ラジオ、本の執筆、また「セキルバーグカフェ」というお店も出店しています。「セキルバーグ」というのはスティーブン・スピルバーグから取った愛称。学生時代はヤンキーだったそうです。
Mr.都市伝説・関暁夫の都市伝説 6

Mr.都市伝説・関暁夫の都市伝説 6

2016年8月1日発売。2006年に第1弾「ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説」から始まったこのシリーズ。芸名の変更はあったものの、内容は連続ものです。1弾目はおなじみの都市伝説について書かれていますが、2弾目以降からぐっとマニア向けになります。

「モジャ公」と「21エモン」

モジャ公

モジャ公

モジャ公

藤子・F・不二雄先生作。「週刊ぼくらマガジン」「たのしい幼稚園」(講談社)で1969年~1970年連載。単行本は「藤子・F・不二雄大全集 モジャ公」、文庫版は全2巻など。アニメの「モジャ公」とはストーリーが違います。こちらでは漫画版の「モジャ公」にスポットを当てます。
メインの3人組

メインの3人組

手前がモジャ公、宇宙生物です。後ろ右が空夫、普通の地球の少年。後ろ左がドンモ、ロボットです。
ストーリーは地球人の空夫の元に、宇宙から宇宙船に乗ってやってきたモジャ公とドンモに仲間になろうと誘われます。3人での貧乏宇宙旅行をしながら、地球人から見たら不思議な風習、価値観の様々な惑星、そして宇宙人に出会う面白さを描いています。当時は人気が出なかったそうですが藤子ファンの中では相当人気のある作品です。

21エモン

21エモン

21エモン

1968年~1969年に「週刊少年サンデー」で連載。こちらの作品は未来の地球が舞台。歴史があるが流行らない旅館つづれ屋の一人息子21エモンは宇宙旅行をすることが夢です。物語の前半はつづれ屋に訪れる宇宙人たちとの価値観の違いを描き、後半では21エモンが宇宙旅行に行き、様々な惑星の変わった文化に触れます。
「モジャ公」と「21エモン」は世界観が似ています。「ドラえもん」や「オバケのQ太郎」で日常を舞台に、不思議なものがやってくるというパターンで成功していた藤子F先生が、普通の主人公が非日常へ行くという全く逆のアプローチをしたのがこの2作です。21エモン終了後、藤子F先生が21エモンのような作品を描きたいと始めたのがモジャ公です。
この2作品にMr.都市伝説の語る近未来と類似点があります。

「都市伝説」で語られる近未来

「Mr.都市伝説関暁夫の都市伝説6」は発売して間もないので、詳しい説明は省かせていただきます。
ここで取り上げるのは、本で詳しく説明があったあとに書かれている「近い将来このような世界が待っている」という部分を掻い摘んでご紹介いたします。数字は後ほどご紹介します藤子F作品の時に参考にしてください。
画像は火星の表面

画像は火星の表面

どうしてかということは省きまして、近い将来(20~30年後)地球の人口は70億人から10億人に減らされます。それは人工知能が人類存続のために決めたことです。
VIV(ビブ)①

VIV(ビブ)①

身近な人工知能と言えば、Iphoneのアプリsiriですが、それがさらに進化した「VIV」が2016年発表されました。VIVは人間の行動パターンを解析し予測します。siriに「レストランを予約して」と話しかけると、webの検索結果がでるだけでしたが、VIVは予約完了までしてくれます。
やがて脳に

やがて脳に

VIVのような人工知能は今はスマホが主流ですが、すでに腕時計型になっています。それが電子タトゥー、皮膚の中に埋め込み、最終的に脳に直接チップを埋め込むことになります。
トランスヒューマン②

トランスヒューマン②

脳にチップが入ったら、脳だけで人間は生きていけます。ロボコップも脳以外は機械の体でした。さらに、脳だけなら自分にとって良いイメージの世界で生きることができます。実際は何もない世界なのに自分だけのパラダイスで生きていくことができます。③詳しくは後ほどご紹介します。

「21エモン」で描かれた文明社会

ボタンポン星

ボタンポン星

21エモンたちは宇宙旅行で、文明が銀河系No.2のボタンポン星に行きます。ここはボタンをポンとするだけでなんでも機械がやってくれます。体も動かす必要がないので、人間は目と口だけで移動をします。文明が遅れた星から来た21エモンたちを野蛮人と馬鹿にします。
出典 naruseriri
銀河系No.1の星

銀河系No.1の星

さらに文明銀河系No.1の星はその名もボタンチラリ星。もうボタンを押さなくても、ボタンをチラリと見るだけで機械が人間の意思を察し何でもしてくれるとうのです。①のVIVの話に似ていませんか…?
出典 naruseriri
43 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【漫画】藤子・F・不二雄「モジャ公」アニメ版とは違う原作漫画は大人も楽しめる作品です。

【漫画】藤子・F・不二雄「モジャ公」アニメ版とは違う原作漫画は大人も楽しめる作品です。

藤子・F・不二雄先生作の「モジャ公」。アニメと漫画版では内容が違います。こちらでは漫画「モジャ公」がどのような作品だったのか、加筆修正された最終回の違いなど、大人も楽しめるブラックユーモアも満載の「モジャ公」の魅力をまとめました。
成瀬梨々 | 7,617 view
放送された証拠はないのに見た人多数?【タレント】など「ドラえもん」にまつわる都市伝説いろいろ

放送された証拠はないのに見た人多数?【タレント】など「ドラえもん」にまつわる都市伝説いろいろ

国民的漫画「ドラえもん」。誰もが知っている漫画・アニメだからこそ、さまざまな都市伝説が生まれます。こちらでは有名なドラえもんに関する都市伝説、謎の回「タレント」や著作権問題に発展した偽の最終回などをご紹介します。
成瀬梨々 | 66,923 view
藤子・F・不二雄のリベンジ作。未知なる生命体が地球にやってきた!アニメ『モジャ公』

藤子・F・不二雄のリベンジ作。未知なる生命体が地球にやってきた!アニメ『モジャ公』

凄い能力やハイテクなアイテムをもっているモジャ公。宇宙に家出の旅をしてさまざまな冒険をするSFストーリー
星ゾラ | 2,504 view
【霊能力者宜保愛子】80年代TV番組ひっぱりだこ!ベストセラー書籍多数!動画あり

【霊能力者宜保愛子】80年代TV番組ひっぱりだこ!ベストセラー書籍多数!動画あり

霊能者なのに幽霊を怖がる宜保愛子さんに笑ったことも有りましたが、幽霊にも生きている人にも優しい口調で語りかけていた宜保さん。改めて動画を見ると人柄の良さと優しさに溢れた人だったんだなと今さらながら思いました。
「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト