時に産業ロックなどと蔑んでみられることのあるフォリナーですが、見くびってはいけませんよ
2017年1月26日 更新

時に産業ロックなどと蔑んでみられることのあるフォリナーですが、見くびってはいけませんよ

特に1970年代後半から1980年代にかけて売れに売れたフォリナー。妬みも含め産業ロックなどと蔑んでみられることもあるフォリナーですが、狙ってヒットを飛ばすことなどそうそう出来ることではありません。良い曲でなければ大ヒットにはなりませんから、実力あればこその売れ線狙いなのです。

1,614 view

Foreigner

フォリナー

フォリナー

出身地:ニューヨーク
ジャンル:ロック、ハードロック、アリーナ・ロック、ミドル・オブ・ザ・ロックンロール 
活動期間:1976年~現在
フォリナーといえば産業ロックの代表的なバンドとして認知されているかと思います。彼らの全盛期がちょうど日本ではバブル期だったこともあり、よりその印象が強いのかもしれません。

1970年代後半から1980年代終盤にかけて、とにかくフォリナーは世界のロック市場に巨大な存在感を放ち大成功を収めていました。

MTVの全盛時でもありマイケルとフォリナーを見ない日はないという状況でしたから、フォリナーをアメリカのバンドだと思っている方も多いのではないでしょうか?
フォリナーつまり「外国人」と自ら名乗っているように、当時としてはまだ珍しかったイギリス人とアメリカ人が混在したメンバー構成でした。

オリジナルメンバーは、以下のとおりです。

・ルー・グラム - Vocal & Percussion
・ミック・ジョーンズ - Guitar, Piano, Keyboard & Backing Vocal
・エド・ガリアルディ - Bass & Backing Vocal
・イアン・マクドナルド - Guitar, Keyboard, Saxophone, Flute & Backing Vocal
・アル・グリーンウッド - Keyboard
・デニス・エリオット - Drums

現在でも残っているオリジナルのメンバーはミック・ジョーンズのみとなっています。
ミック・ジョーンズ

ミック・ジョーンズ

出生名:Michael Leslie Jones
生誕:1944年12月27日
出身地:イングランド、ロンドン
ミック・ジョーンズとイアン・マクドナルドが中心となってフォリナーを結成したのは1975年で、1977年には早くもデビュー・アルバム「栄光の旅立ち」が全米4位、300万枚を超えるヒットを記録しました。
栄光の旅立ち

栄光の旅立ち

1977年リリース

【収録曲】
1. 衝撃のファースト・タイム
2. つめたいお前
3. スターライダー
4. ヘッドノッカー
5. ダメージ・イズ・ダン
6. ロング・ロング・ウェイ・フロム・ホーム
7. ウーマン・オー・ウーマン
8. 人生は闘い
9. お前に夢中
10. アイ・ニード・ユー
短期間でデビューできたのはキャリアのあるメンバーが揃っており、デビュー前からスーパーグループ誕生と話題になっていたからです。

中心人物のミック・ジョーンズは、スプーキー・トゥースのメンバーでセッション・ミュージシャンとしてもジョージ・ハリスンのシングル「ディン・ドン」のレコーディングに参加したりしていました。また、後にはエリック・クラプトンのヒット曲「バッド・ラヴ」を共作しています。
因みにパンクバンドのザ・クラッシュのギタリストと同名ですが、別人物です。

イアン・マクドナルドは、元キング・クリムゾンですし、デニス・エリオットはブラスロック・バンドのイフのメンバーでした。

ファースト・アルバムからシングル・カットされた「つめたいお前」ですが、さすがに落ち着いていますね。並みの新人とはやはり一味違います。

FOREIGNER - COLD AS ICE

つめたいお前
ところで、メンバーチェンジを繰り返しながら現在でも活動している息の長いフォリナーですが、ピークはいつになるのでしょう?
サウンドの要だったイアン・マクドナルドが脱退した1980年、それともオリジナル・ボーカリストのルー・グラムが脱退した1990年でしょうか?

重要なメンバーが抜けてもサウンドを時代と共に上手に変化させてきているフォリナーです。プロ中のプロと言ってもいいでしょう。

そんなフォリナーの代表作「4」がリリースされるまでをまとめてみました。。

Double Vision

1978年にリリースした2枚目のアルバム「ダブル・ヴィジョン」には、全米2位の「ダブル・ヴィジョン」と同3位の「ホット・ブラッディッド」という2枚のヒット曲が収録されています。

また、収録曲「トラモンテイン」は、フォリナーの長いキャリアのなかでもスタジオアルバムでは唯一のインストゥルメンタルです。

本作はアメリカだけでも700万枚を売り上げている大ヒット・アルバムです。
ダブル・ヴィジョン

ダブル・ヴィジョン

1978年リリース

【収録曲】
1. ホット・ブラッディッド
2. 蒼い朝
3. 君は僕のすべて
4. バック・ホエアー・ユー・ビロング
5. ラヴ・ハズ・テイクン・イッツ・トウル
6. ダブル・ヴィジョン
7. トラモンテイン
8. 待ちくたびれて
9. 寂しき子供達
10. スペルバインダー
このアルバムはいい。断言する。多分音楽史上になにか変革をもたらした
とかそういうのとは縁遠いと思うが、やはり聞いてて気持ちいいし、かっこいい。
タイトル曲を筆頭に名曲ぞろい。⑦のような気の抜けるインストもあるが
それは愛嬌。基本的に捨て曲なし。

Foreigner-Hot Blooded

Head Games

アルバム・タイトルナンバーが全米12位、アルバムも全米5位止まりと、この時期のフォリナーとしては物足りなさを感じさせる3枚目のアルバムです。
男子トイレに腰かけ何をしているのかよく訳がわからない女性がこちらを見ているという意味不明のジャケットが悪かったのかもしれません。
とは言え、本作も全米だけで500万枚も売り上げているのですからさすがです。

しかし、早くも本作を最後に、イアン・マクドナルドとアル・グリーンウッドが脱退しています。
ヘッド・ゲームス

ヘッド・ゲームス

1979年リリース

【収録曲】
1.ダーティ・ホワイト・ボーイ
2.真夜中の電話
3.女たち
4.反逆の夜
5.17(セヴンティーン)
6.ヘッド・ゲームス
7.モダン・デイ
8.科学の影に
9.灰色の別れ
10.レヴ・オン・ザ・レッド・ライン
11.ザリア
メンバーがエドガリアルディ(B)からベテラン・リックウィリスにチェンジしています。プロデューサーがQUEEN等で有名なロイトーマスベイカーと言う事もあり、モダンなポップさを加味した仕上がりになっています。1曲目「ダーティホワイトボーイ」は彼ららしいハードロックでかっこいいです!!タイトル曲「ヘッドゲームズ」は米英のセンスが見事に融合している曲。全米第5位まで上昇した、曲がやはりいいアルバム・・・このアルバムでイアンマグドナルドは脱退します。

Foreigner - Head Games 1979

4

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ハードロックの巨匠「ディープ・パープル」が彼らのキャリアを総括する50周年記念ベストを発表!!

ハードロックの巨匠「ディープ・パープル」が彼らのキャリアを総括する50周年記念ベストを発表!!

偉大なるブリティッシュ・ハードロックバンドにして、ハードロック界最大の巨星「ディープ・パープル」。今年でデビュー50周年を迎える彼らの伝説のキャリアを総括するオールタイム・ベストアルバム『ア・ファイアー・イン・ザ・スカイ』の日本盤が9月26日に発売されます。
隣人速報 | 736 view
MR.BIGの最新ライヴ盤に付属している日本盤「豪華特典」が時代の最先端を行っていると話題に!!

MR.BIGの最新ライヴ盤に付属している日本盤「豪華特典」が時代の最先端を行っていると話題に!!

現在好評発売中のMR.BIGのライヴ盤「ライブ・フロム・ミラノ+ジャパン2017オフィシャル・ブートレグ」。この商品は今年2月に亡くなった、パット・トーピー(ドラム)の追悼盤として急遽発売されたライヴ盤ですが、この商品の日本盤のみに付く初回封入特典が、時代の最先端を行っていると話題になっています。
隣人速報 | 2,407 view
メタラー感涙!HR/HMの第一人者・伊藤政則のお宝グッズが大量に蔵出しされるイベントが開催決定!!

メタラー感涙!HR/HMの第一人者・伊藤政則のお宝グッズが大量に蔵出しされるイベントが開催決定!!

タワーレコード渋谷店8階の催事場“SpaceHACHIKAI”にて、ハード・ロック/ヘヴィ・メタルの第一人者、伊藤政則氏のメモラビリア展「MASA ITO メモラビリア・フェスト -THE FINAL- “メタル聖地巡礼” 」の開催が決定しました。期間は2018年9月22日~25日の4日間限定。
隣人速報 | 644 view
ブラック・サバス-70年代の三大ハードロックバンドの中でも最も重い!

ブラック・サバス-70年代の三大ハードロックバンドの中でも最も重い!

レッド・ツェッペリン、ディープ・パープルとそして、ブラック・サバス、この三バンドは70年代の三大ハードロックバンドと呼ばれています。その中でも、最も音が重い! 「黒い安息日」という不吉な名前を持ったブラック・サバスの、オジーオズボーン在籍時(70年代)を中心に辿ってみます。
Yam | 2,718 view
80年代ビルボードにチャートインしたロックソング10曲(+1曲)

80年代ビルボードにチャートインしたロックソング10曲(+1曲)

アメリカの音楽チャートとしても名がある「ビルボード」。そのTop10内に入った主なロックソングの80年代版を、WatchMojo.com様チャンネルを参考に見て(聴いて)みましょう! おまけとしてスズキ・カルタスのCMソングもあります。懐かしのあの洋楽ロックの数々‥‥その頃、何をしてたかな‥‥と思い出しながら聴くのもなかなか乙なものですよ!
Yam | 6,529 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト