ゆるキャラ「イプー」も懐かしいミニバン、イプサム
2017年10月15日 更新

ゆるキャラ「イプー」も懐かしいミニバン、イプサム

今や日本車の主流となった3列シートのミニバン。5ナンバーミニバンの中で、一世を風靡したものの、今ではなくなってしまったクルマにトヨタのイプサムがあります。「イプー」のCM、覚えていますか?

3,937 view

トヨタは投入した5ナンバーサイズのミニバン

イプサムは1996年5月にトヨタが発売したミニバンです。今では一般的な5ナンバー・乗用車ベースのミニバンですが、当時は日産プレーリーと三菱シャリオが先駆けとしてあったほかは、まだまだ未熟な市場でした。

日本のミニバンの大きな転換点となったのは、1994年に発売されたホンダ・オデッセイです。乗用車ベースで車高の低いミニバンは、スタイリッシュなフォルムで大ヒットしました。トヨタは、一回り小さな5ナンバーサイズに収めることで、扱いやすいミニバンを目指したのです。
5ナンバーサイズのボディには、一般的なヒンジドアを使用

5ナンバーサイズのボディには、一般的なヒンジドアを使用

悪くいえばトヨタらしい、際立った個性のないデザインだが、3列目のDピラー形状は先駆けとなった。
サイズは、全長4530㎜、全幅1695㎜、全幅1620mm、ホイールベース2735㎜で、同年発売のコロナプレミオをベースに、衝突安全ボディのGOAを採用。エンジンはガソリン2000㏄、FFと4WDが用意されました。

車内は2+3+2の3列シートで7人乗り。デザインは当時のトヨタらしい平凡なものですが、3列目のDピラーを斜めにしたデザインはイプサムが先駆けたものです。
まとまったデザインのリアスタイル

まとまったデザインのリアスタイル

セダン、ミニバン、ステーションワゴンの3役をこなす「次世代のファミリーカー」として登場した。

懐かしいイプーとビビアン・スーのCM

手頃な価格と扱いやすいサイズ、そしてトヨタの販売力もあって、イプサムはヒット車種となりました。販売に貢献したのが、今でいう“ゆるキャラ”の「イプー」でした。丸っこいイプーは、「イプー」と言いながら魔法をかけ、イプサムに乗った家族の夢を実現するというコミカルなものでした。

西村雅彦(現・西村まさ彦)とビビアン・スーが夫婦役で起用されました。ビビアン・スーはまだ20代前半ですがママの役どころ。我々ミドルエッジ世代には懐かしい名前ですね。
室内も平凡なものだった

室内も平凡なものだった

この頃から、カーナビが普及し始めた。
イプサムは、発売翌年の1997年8月に2200㏄ディーゼルを追加。さらにエアロパーツをまとったエアロツーリングと、特装車のウェルキャブが追加設定されました。1998年4月にはマイナーチェンジが施されましたが、好評だったためリファインと使い勝手の向上に留まり、大きな変更は加えられませんでした。

また、1998年5月には、兄弟車としてイプサムよりも高級感を高めたガイアを設定しました。
エアロパーツをまとったエアロツーリング

エアロパーツをまとったエアロツーリング

写真はマイナーチェンジ後で、ウインカーがオレンジ色になり、フロントグリルの本数も変わった。

トヨタ イプサム CM

イプサムのCMを集めた動画。イプーの姿も、ここで確認して下さい。タレントには西村雅彦とビビアン・スーが起用された。

フルモデルチェンジで3ナンバーサイズに

好評だったイプサムは、2001年5月にフルモデルチェンジ。全幅が拡大されて3ナンバーサイズになり、エンジンも2400㏄に変更。文字通り3ナンバーのミニバンになりました。上級移行に合わせて、CMもコミカルなものからシックなつくりに変更されました。

当初はそこそこ売れましたが、中途半端な大きさやスライドドアではないことが災いして、次第に厳しくなってきました。それでも製造され続け、2009年に生産を終了しました。
2代目となったイプサム

2代目となったイプサム

2000年代に入ると、スライドドアのミニバンが人気となり、中途半端なサイズもあって、イプサムの人気は衰えてしまった。
イプサムの後継車はありませんが、2007年に発売されたマ-クⅡベースのミニバン、マークⅡジオが販売店関係からは実質的な後継車といえました。また、2003年にはヒンジドア・5ナンバーのウィッシュが、2004年にはスライドドア・5ナンバーのアイシスが発売されました。販売店の系列は違いますが、サイズ的には初代イプサムに近いクルマといえます。

1990年代は、さまざまなミニバンが試行錯誤的にたくさん登場した時代でした。イプサムもそのひとつです。とりたてて面白いクルマではありませんが、懐かしいCMとともに記憶に残ることでしょう。

イプーとイルカの海

CMで人気のイプーが絵本になった!やさしさいっぱい、ゆめいっぱい、イプーファンタジーワールドへようこそ。ぼく、イプー。ぼうけん、大すき。たのしいこと大すき。おいしいものなら、もっとすき。ぼくのおうちは…ゆめ見る人の心の中。だから、いつだってあえるよ。大きな声でよんでごらん。ほら、イプー、みっけ。
出版社: 旺文社 (1998/12)
言語: 日本語
ISBN-10: 4010691654
ISBN-13: 978-4010691656
発売日: 1998/12
16 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【自動車クイズ】車種当てクイズ!テールランプ・フロント編!オジさんならすぐ分かる!?

【自動車クイズ】車種当てクイズ!テールランプ・フロント編!オジさんならすぐ分かる!?

自動車の写真を見て車種当てクイズに答えよう!今回は、テールランプやフロントライト等にフォーカスして写真をピックアップしました。
チョットやり過ぎた!?コンパクトカーなのにガルウイングって『TOYOTA セラ』!!

チョットやり過ぎた!?コンパクトカーなのにガルウイングって『TOYOTA セラ』!!

1987年、東京モーターショーで、お目見えし1990年3月、ほぼコンセプトカーの姿のまま、デビューしたTOYOTAのコンパクトカー セラ!!90年バブル絶頂期で完全にノリで作ったとしか思えない車。
ギャング | 6,483 view
【自動車クイズ】懐かしい車の写真から車種名を当てよう!

【自動車クイズ】懐かしい車の写真から車種名を当てよう!

写真で振り返る懐かしい自動車クイズ!車の写真を見て車種名を3つの選択肢から選んでください。すべて正解できれば凄い!
やっちまった~!?失敗車種シリーズ『トヨタ・クラウン』編!!

やっちまった~!?失敗車種シリーズ『トヨタ・クラウン』編!!

乗ってた方には大変申し訳ございませんが、トヨタ・クラウンの中でも9代目にあたるGS141型のクラウン、とくに7・8代目が爆発的にヒットしたせいか、あれ?何やってんの~と言う印象が強かった9代目クラウン・・・
ギャング | 17,701 view
画期的だったハイパワー高級セダン、アリスト

画期的だったハイパワー高級セダン、アリスト

ハイパワー車が続々と登場した80年代末から90年代前半。トヨタでは、根強いユーザーを持つクラウンと、国際水準のクオリティで衝撃を与えたセルシオの間に、スポーツカー顔負けの新たな高級車を投入しました。圧倒的なトルクと独自の高級感で魅了したアリストです。
篠田恵三 | 5,805 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト