【新幹線開業前の国鉄ってどんな感じだったの?】特急はつかり編
2017年5月22日 更新

【新幹線開業前の国鉄ってどんな感じだったの?】特急はつかり編

新青森から鹿児島中央まで新幹線が走るようになった現在。今回、新幹線が走る前の国鉄の資料が入手できましたので、それを紐解いて、特急列車をはじめとする鉄道がどう変わっていったかご紹介しようと思います。今回は、東京と青森を結んだ「特急はつかり」にスポットをあてご紹介します。

2,219 view

特急電車が全国を走るようになったのは、1958年

今では信じられないことですが、全国に特急電車が運行されたのは、1958年からのようです。新幹線ではなく、特急電車です。
東京から西に向かう特急はたくさんありましたが、東北・北海道への特急はありませんでした。急行や「準急」として運行されていました。

上野ー青森を結んだ「特急はつかり」最初は蒸気機関車けん引だった

1958年10月に運行を開始した「特急はつかり」は、当初、蒸気機関車によるけん引でした。特急とはいえ、青森から上野まで12時間かかりました。C62形蒸気機関車で運行されていました。
C62形蒸気機関車

C62形蒸気機関車

出典:裏辺研究所 さまより
当時は、蒸気機関車が東京のど真ん中の上野からシュッポッポと走っていたんですね。

東北本線にも単線区間が長く存在した。

単線

単線

東京から東北地方に向かうには、「東北本線」と、「常磐線」があります。
「本線」と名のつく通り、メインルートは直行的な東北本線です。常磐線は「バイパス」のような役割を果たしています。
しかし、その頃の東北本線は、常磐線より距離が14.2Km短いのは有利なのですが、海側を走る平坦な常磐線に比べて、山側を通るので勾配がきつく、途中でもう1機機関車の応援を呼ぶ必要がありました。
また、今では東北本線は全線複線化されていますが、当時は上野ー宇都宮間106.1Kmしか複線化されていませんでした。
それに対して、常磐線は、上野ー平(今のいわき駅)までの211.6Kmが複線化されていました。
そのため、距離が長い割に速く走ることができるので、特急「はつかり」は常磐線経由で運転されました。

当時の時刻表を見てみましょう。

上野駅12:20発ー水戸13:58着ー平15:22着ー仙台17:43着ー一関19:15着ー盛岡20:47着ー尻内(現在の八戸)22:39着ー青森0:20着

スピードと快適さを求めてー気動車特急キハ80系の開発へ

1958年10月に特急「はつかり」は運転を開始しましたが、当時すでに東京から西に向かう電車は、電車特急「こだま」や、寝台特急「あさかぜ」といったデラックスな車両が使われており、東北本線は彼らのおさがりの車両を使っているという状況でした。
キハ80系気動車特急

キハ80系気動車特急

特急「こだま」用車両

特急「こだま」用車両

寝台特急「あさかぜ」

寝台特急「あさかぜ」

そこへ、1960年10月に、「アジア鉄道首脳者会議」が東京で開催されることになり、東南アジア各国の鉄道関係者に、日本の鉄道車両技術の優秀性をPRするぞ!ということになり、急きょ1959年秋から気動車特急の設計に着手、日本の名だたる車両メーカー9社が結集し、翌年9月までのわずか1年間の間に、キハ80系26両が造られました。

この頃の日本人のビジネスマン、技術者の団結力、結集力はすごいものがありますね。

気動車特急「はつかり」運転開始

この年(1960年)の12月10日、ついにディーゼル特急「はつかり」がデビューします。
青森から上野まで、10時間50分だったようです。

その後、「サン・ロク・トオ」と呼ばれた昭和36年10月(1961年)ダイヤ改正で、所要時間は青森行き10時間25分、上野行き10時間30分まで短縮されました。

電車特急「はつかり」について

25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「国鉄6000形コンテナ」がバッグに!昭和レトロなシリーズがヴィレヴァンのオンラインストアで発売開始!

「国鉄6000形コンテナ」がバッグに!昭和レトロなシリーズがヴィレヴァンのオンラインストアで発売開始!

昔懐かしい国鉄時代の貨物コンテナをモチーフにした「国鉄コンテナバッグ」「6000形式コンテナPCケース」などが、ヴィレッジヴァンガードオンラインストアで発売開始されました。
東京から103系が消えた日【エメラルドグリーン常磐線ラストラン・ギャラリー】

東京から103系が消えた日【エメラルドグリーン常磐線ラストラン・ギャラリー】

2006年3月17日、東京で最後まで常磐線に残っていた103系が引退しました。その日たまたま撮影した写真がありますので、ご紹介したいと思います。今月(2017年10月3日)、大阪環状線からも103系が引退しましたが、「昔こんな電車東京でも走ってたよなー」的な想い出を味わっていただければ幸いです。
【1983年登場】JR西日本京阪神のマストアイテム「昼特きっぷ」が廃止へ

【1983年登場】JR西日本京阪神のマストアイテム「昼特きっぷ」が廃止へ

京都ー大阪、大阪ー神戸などをオフピークに移動する時に非常に便利だったJR西日本「昼特きっぷ」が、来年2018年9月をもって廃止されることになったようです。1983年にできたこの切符についてご紹介します。
【幸せの黄色い新幹線】ドクターイエローが将来見られなくなる???

【幸せの黄色い新幹線】ドクターイエローが将来見られなくなる???

東海道・山陽新幹線で線路の状態などを測定するための専用車両「ドクターイエロー」。その姿はダイヤも非公開のため、謎に包まれ、偶然目にした人からは、「幸せの黄色い新幹線」と呼ばれています。日本が世界に誇る新幹線の運行を支えるそのドクターイエローが見られなくなる???という非公式情報が入ってまいりました。
ジバニャンLOVE | 2,048 view
【ディーゼル機関車の巨頭】DD51と後継機について

【ディーゼル機関車の巨頭】DD51と後継機について

大出力ディーゼル機関車として国鉄時代から全国を走り続けているディーゼル機関車「DD51」。かつては重連で寝台特急をけん引したり、ついこの前まで北海道の大地で生まれた農作物を本州に送り届ける重要な役目を果たしていました。世代交代がささやかれる今、DD51とその後継機について書いてみました。
ジバニャンLOVE | 12,975 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト