1976年の駄作「キングコング」が意外と面白かった。
2017年1月31日 更新

1976年の駄作「キングコング」が意外と面白かった。

実はアカデミー賞も受賞した映画「キングコング」。内容の稚拙さから悪評と共に、今でも語り継がれる一作です。

13,869 view

評判は悪いが、数々の賞を受賞した作品

1977年度アカデミー賞 特殊効果特別賞受賞(撮影賞・音響賞ノミネート)
1977年度サターン賞 スペシャル・アワード受賞
1977年度ゴールデングローブ賞 最優秀新人女優賞受賞(ジェシカ・ラング)
握りつぶされるでしょう、普通。

握りつぶされるでしょう、普通。

評論家からは酷評されたが興行的には成功し、日本では1977年の配給収入第1位(30億円)を記録している。
アンを単なるスクリーミング・ヒロインに終わらせず(悲鳴の回数は3作中最も少ない)、コングの優しさに気付いて心を開く女性として描く試みは、東宝の『キングコングの逆襲』(1967年)の先例はあるものの、本国アメリカではこの1976年版が最初であり、コングが高層ビルに登って以降のショットのいくつかが2005年版に引用されている。
人間と心を通わすコング

人間と心を通わすコング

「キングコング」のあらすじ

King Kong 1976 - Theatrical Trailer - YouTube

ペトロックス社のウィルソンは、南太平洋に新たな油田を求めて、常に濃い霧に覆われている海図にも載っていない島を目指した。
船には密航者がいた。
プリンストン大学の動物学者プレスコットである。
彼は、過去に島で巨大な獣の声を聞いたという調査報告を、自分の目で確かめようとしていた。
ある日、大海に浮かぶゴムボートを発見する。
中にはドワンという美女が一人で気を失っていた。
彼女を救出すると、彼女は香港での映画撮影に行く途中に嵐に遭い、たった1人助かっていたことがわかった。
やがて船は島に到着し、ウィルソン、プレスコット、ドワンらは上陸した。
しばらく歩くと、巨大な壁を見つけた。
壁の中では原住民が少女を生贄にする儀式が行われていた。

目の前に立ちはだかる巨大な壁、中では原住民の儀式
ウィルソンたちはその様子を盗み見ていたが、原住民に見つかってしまう。
すると、原住民は生贄の少女の代わりにドワンを差し出せと言うので、ウィルソンたちは一度船に引き返した。
しかし、原住民たちはドワンを諦めず、船まで追ってきて、ドワンをさらっていった。
ドワンは生贄にされたが、それは島に棲む体長20mはあろうかという巨大なゴリラ「コング」への生贄だった・・・。
ハリウッドの特殊メイクアーティスト、リック・ベイカーの...

ハリウッドの特殊メイクアーティスト、リック・ベイカーの技術の詰まった作品

悪戯もします。

悪戯もします。

ドワン役のジェシカ・ラング

ドワン役のジェシカ・ラング

作品データ

監督 ジョン・ギラーミン
脚本 ロレンツォ・センプル・ジュニア
出演 ジェフ・ブリッジス、ジェシカ・ラング等
公開 1976年(昭和51年)
配給 パラマウント映画、東宝東和
時間 134分

ヒロイン「ジェシカ・ラング」

お色気シーンが多いです。

お色気シーンが多いです。

この映画の主演のおかげで、その後の彼女の女優人生も一度沈みかけます。
しかし、1981年の映画「郵便配達は二度ベルを鳴らす」の名演で、大女優へとステップアップしていったそうです。
郵便配達は二度ベルを鳴らす

郵便配達は二度ベルを鳴らす

確かに、濡れ場が見応え十分です!!

確かに、濡れ場が見応え十分です!!

情事のシーン。出演はジョージではなく、フランクとコーラ...

情事のシーン。出演はジョージではなく、フランクとコーラです。プシュッ

日本もお色気では、ハリウッド女優にも負けておりません!
日本の底力を見せつけております!!ミドルエッジでの特集をどうぞ

↓↓↓
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

アーメン!じゃなくて「オーメン」が懐かしい!

アーメン!じゃなくて「オーメン」が懐かしい!

「オーメン」って観てないけど、なんだか不気味な映画でしょ?はい、そうです!内容をまとめてみましたので、ぜひ一読下さい。
ひで語録 | 4,342 view
めっちゃカッコいい!ロバートワグナー主演の「スパイのライセンス」を見ましたか?

めっちゃカッコいい!ロバートワグナー主演の「スパイのライセンス」を見ましたか?

「スパイのライセンス」は、1968年から放映されたロバート・ワグナー主演のテレビドラマです。放送は1970年まで続き、日本での放送は「プロ・スパイ」という題名で始まりましたが、1970年から1971年にかけて「スパイのライセンス」として放送されました。
五百井飛鳥 | 795 view
【フォレスト・ガンプ/一期一会】第67回(1995年度)アカデミー賞を振り返る!【トム・ハンクス】

【フォレスト・ガンプ/一期一会】第67回(1995年度)アカデミー賞を振り返る!【トム・ハンクス】

1995年と言えば、 阪神・淡路大震災が起こった年。 地下鉄サリン事件が起こり、世間の人を震撼させた年でもあった。そんな1995年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 633 view
【ガンジー】第55回(1983年度)アカデミー賞を振り返る!【ベン・キングズレー】

【ガンジー】第55回(1983年度)アカデミー賞を振り返る!【ベン・キングズレー】

1983年と言えば、東京ディズニーランドが開園した年。ファミコンが発売されたり、インターネットが開始したりと、日本に新しい楽しみがもたらされた年であった。そんな1983年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 377 view
3月25日公開『キングコング:髑髏島の巨神』の新たな予告動画とポスターが公開!

3月25日公開『キングコング:髑髏島の巨神』の新たな予告動画とポスターが公開!

1933年に製作された特撮映画の古典「キング・コング」から、多くの映画で扱われてきたキングコング。その2017年版のハリウッド作品『キングコング:髑髏島の巨神』が、3月25日に公開される。本稿では予告動画とポスター、出演したサミュエル・L・ジャクソンのコメント等をお伝えする。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト