ファンタジックホラー映画さながらの世界観!アクションアドベンチャーゲーム『メディーバル~甦ったガロメアの勇者~』をご紹介!
2017年12月17日 更新

ファンタジックホラー映画さながらの世界観!アクションアドベンチャーゲーム『メディーバル~甦ったガロメアの勇者~』をご紹介!

PSの名作『メディーバル 甦ったガロメアの勇者』は多彩な武器やアイテムを使いこなして戦うちょっとホラーなアクションゲーム。緊張感あふれる戦闘が繰り広げられ、さまざまなトリップ&トリック、謎解きなど、アクションアドベンチャーならではの要素がいっぱいです。ぜひ買ってみてほしいので、一生懸命紹介しますよ!

364 view

『メディーバル 甦ったガロメアの勇者』とは

『メディーバル 甦ったガロメアの勇者』はSCEケンブリッジスタジオ(現:ゲリラケンブリッジ)製作の3Dアクションアドベンチャーゲームです。

PSのポリゴンでここまで芸術的に見せられるか、というくらい美麗なグラフィックと軽快な操作性が特徴です。主人公「フォーテスク」の強化を兼ねた聖杯集めなどのやりこみ要素もあり、難易度も高すぎず低すぎずで良好なバランスでした。
主人公がゾンビ(というよりスケルトン)なのをはじめ全体的にホラー系ではあるものの、自分の腕を取り外して棍棒のように振り回せたりとどこかコミカルな世界観やキャラクターも魅力です。
『メディーバル』パッケージ

『メディーバル』パッケージ

こちらの骨のお方が本作の主人公である勇者
「ダニエル・フォーテスク氏(故人)」です(笑)

あらすじ

ガロメア王国を魔物を率いて、王国支配を企むザロックと言う名の妖術使いがいた。王に仕えていた騎士ダニエル・フォーテスクは王国軍を率いてザロックの魔物と戦い、勝利するが深傷を負い、静かに永遠の眠りにつき、「ガロメアの勇者」と称えられていた。100年後、ザロックが復活し、ガロメア王国は危機にあった。墓地から復活したダニエル・フォーテスクは再びガロメア王国を救うため立ち向かう。

特徴

ゾンビや幽霊と戦うホラーベースのアクションゲームでありながら、主人公も骸骨です。
悪の魔術師ザロックが墓地からアンデッドの軍団を甦らせた際、うっかりフォーテスクも甦らせてしまったのです(笑)。
また、どういうわけか顎の骨がなくなっているため、モゴモゴとしか喋ることができません。
各所でザロックの軍団を倒しながら、ガロメア王国を救うためにザロックを追うことになります。
道中、あるいは聖杯を集める(後述)ことで、新たな武器を入手可能となっています。
ロックマンシリーズさながら、さまざまな武器を使い分けて戦っていきます。
設定だけ見ればシリアスな王道ファンタジーでありながら、ユーモラスな戦いを繰り広げていく、そんなホラーコメディ作品です。

ゲームの舞台は13世紀の中世のイギリスですが、舞台となるガロメア王国は架空の王国です。プレイヤーは骸骨の姿となって復活した、勇者ダニエル・フォーテスクとなり、ガロメア王国を守る為、ザロック率いる魔物と戦っていきます。
様々な形で精神に攻撃してくる、不気味で愉快なクリーチャー達

様々な形で精神に攻撃してくる、不気味で愉快なクリーチャー達

「メディーバル」攻略本より。
出典 ※書籍は岸辺ミル所有の物

プレイ動画を見てみよう

『メディーバル』ゲーム画面

40秒くらいから始まります。骸骨やゾンビなどの不気味なキャラクターがコミカルに活躍する様はあやしい世界と相まって、遊び手をそそる感じです。

CGの綺麗なムービーも見てみよう

カットシーン集

ネタバレがあるのでこれからプレイする人は最初の数分だけ見て雰囲気を楽しみましょう。

評価点

ダークかつユーモア溢れる世界観

中世ヨーロッパを舞台に、呪術師ザロックの魔法によって浸食されたシリアスなようでどこかコメディな雰囲気を見事に醸し出しています。
時折入るムービーは極めて美麗で(上で紹介しています)、かつおどろおどろしいホラーテイストを余すところなく演出していますね。
ゾンビ出現時はまず地面から棺桶が湧き出、棺桶が開いて出てくる、と細かい演出も多いです。
一見はちょっとしたゾンビ退治ものの無双ゲームのように見えて、会話やギミックにはコメディ要素も満載です。それでいて、コメディとホラーがミスマッチすることなく共存しているのです。

『眠れる街』というステージでは、図書館のような建物内でこの世界設定を詳しく読むことができます。

生命ボトルによる残機制

各所で「生命ボトル」というものを入手し、これを生命の泉で満たしておくと死んでしまった際に復活できます。
生命ボトルは、所々で湧き上がってくる回復ポイントである「生命の泉」で満たすことができ、入手できる生命ボトルの数はクリアするために過不足のないちょうどいい数が用意されています。
特に困難な足場ジャンプを行う場合、失敗して死んでしまってもほぼその場で即座にやり直せるので非常にテンポが良いです。
多種多様な英雄の武器

多種多様な英雄の武器

「メディーバル」の攻略本より。
出典 ※書籍は岸辺ミル所有の物
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

リアルボクサーライフシミュ&アクション!『ボクサーズ・ロード』はボクシングゲーム界の革命作!

リアルボクサーライフシミュ&アクション!『ボクサーズ・ロード』はボクシングゲーム界の革命作!

『ボクサーズ・ロード』は1995年9月に、ニューより発売されたPlayStation用ソフトでボクシングシミュレーション&アクションゲームです。選手は勿論、食事までフルポリゴンで描かれていること、半透明の自分を後ろから見ながら戦うビハインドビューなど斬新なモノを多く採用しており、ゲーム雑誌などでよく取り上げられました。決して有名なメーカーのゲームではありませんが、革新的で独特なゲーム性で40万本というヒットを記録した名作です。
知ってます?プレステは今年の12月3日で23周年!個人的に好きだったPSソフト、初代『風のクロノア』を紹介します。

知ってます?プレステは今年の12月3日で23周年!個人的に好きだったPSソフト、初代『風のクロノア』を紹介します。

あのゲームハード革命を巻き起こしたPlayStationは12月3日で発売から23周年!皆さんが初めて買ったPSソフトは何でしたか?私はベタですが「FF7」だったかなあ…。今回はそんなPSの簡単な説明と、心に残っているPSの名作『風のクロノア door to phantomile』を紹介します。
岸辺ミル | 378 view
欧米では現在でも大人気なのに日本での知名度は…。PS発『スパイロ・ザ・ドラゴン』の魅力をご紹介!

欧米では現在でも大人気なのに日本での知名度は…。PS発『スパイロ・ザ・ドラゴン』の魅力をご紹介!

『クラッシュ・バンディクー』と同じく、ユニバーサルインタラクティブスタジオ製作のアクションゲームです。 日本では1999年(欧米では1998年)にPlayStation用ゲームソフトとしてソニー・コンピュータエンタテインメントから発売された本作はなのですが、なぜか日本では埋もれてしまい隠れた名作扱いに…。本当に傑作なんですよ!?
岸辺ミル | 405 view
街全体でバイオハザード発令!『バイオハザード2』はパニック映画のような新しい恐怖があった…!

街全体でバイオハザード発令!『バイオハザード2』はパニック映画のような新しい恐怖があった…!

今回紹介する『バイオハザード2』は『バイオハザードシリーズ』の第2作、1998年にカプコンから発売されたホラーアクションアドベンチャーゲームです。前作の恐怖演出をしっかり引き継いでおり、前作に比べると限りなく一般人に近い主人公達の反応と、「街全体が前作のような世界になった」という絶望的な状況が多くのプレイヤーを恐怖の底に叩き込みました。
岸辺ミル | 4,316 view
斬新奇抜なトラップ”悪”ション『影牢 〜刻命館 真章〜』直接攻撃できない主人公はどう立ち回る!?

斬新奇抜なトラップ”悪”ション『影牢 〜刻命館 真章〜』直接攻撃できない主人公はどう立ち回る!?

「悪をプレイするゲーム」として1998年にテクモから発売された『影牢 〜刻命館 真章〜』 「善人・悪人・知人・肉親・仇を問わない殺害」「鬱ではないがハッピーとも言えないエンディング」という重さ。 コンセプトは「侵入者を罠にはめて殺戮する」貴方は”悪”に徹しきれるか…!
岸辺ミル | 944 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト